ハイブリッドパワーコンディショナ [屋外設置用]JH-55KT3 希望小売価格 431,000円+税  太陽光発電も蓄電池も、これ1台で対応できる※1。軽量化で、2.0kvAの高効率モデル。

出力制御パワーコンディショナだけでは出力制御できません。対応する電力モニタまたはクラウド連携エネルギーコントローラ(JH-RV11)と組み合わせて設置した上で、機器設定を行う必要があります。 ※1 太陽光発電システム5.5kW以内かつ3系統以内の場合。※2 気象条件・立地条件・設置条件・周囲温度・蓄電池残量などの諸条件により、パワーコンディショナおよび蓄電池の保護機能が働き、出力を一時的に抑制することがあります。出力および充放電電力を抑制した場合、電力モニタに「電圧」「温度」「温度範囲外」のアイコンまたはメッセージが表示されることがあります。※3 太陽電池とセットで使用時。※4 JIS C 8961で規定に基づいた値です。また、接続箱機能を含みます。

対応機器

●入力対応太陽電池モジュール※1 ※2
 接続不可の太陽電池モジュールについてはこちらをご覧ください。
NU-250AJ NU-218AJ NU-240AH NU-210AH NQ-256AF NQ-225AG
5~11枚 5~13枚 5~11枚 5~13枚 5~10枚 5~12枚
NQ-159AG NQ-103LG/RG NU-197AH NU-226AH NU-X22AF NQ-220HE
7~17枚 11~26枚 6~14枚 5~12枚 5~12枚 5~12枚
  • ※1
    表内の枚数の範囲内でも実使用時の太陽電池出力がパワーコンディショナの最大入力電力を超過した場合、超過分は電力変換されません。最大入力電力の1.25倍程度を目安に枚数を減らすことが、電力超過によるロス軽減に有効です。全ての入力回路を使用しなければ、定格出力一杯まで出力できません(JH-45GB3/45HB3/55JB4/55KF4を除く)。また、晴天時・気温-10℃を下回る地域では1回路の最大設置枚数が制限される場合があります。瓦型シリーズのシステムはCADによる設計でお客様に適した機種構成をご提案します。詳細は販売店にお問い合わせください。
  • ※2
    最低入力容量は1.10kWを推奨します。
●対応電力モニタ/クラウド連携エネルギーコントローラ
JH-RWL7Z JH-RV11

(無線・有線LAN対応)

(有線LAN対応)

このページのTOPへ

このページのTOPへ