AIを活用したクラウドHEMSサービス

COCORO ENERGY

シャープはCOCORO ENERGYでお客様に寄り添い、
ライフスタイルに最適なエネルギーマネジメントで
エコロジーでエコノミーな生活を実現します。

COCORO ENERGY(ココロエナジー)とは生活に欠かせないエネルギーの使われ方は、お客様の生活パターンやライフステージによって、さまざま。クラウド上のAIがHEMSと連携し、各家庭の電気の使われ方や外部の情報から、お客様に合わせてエネルギーを賢くコントロール。環境に優しいエネルギーの活用方法を広げ、少し未来の暮らしをサポートします。

イメージ画像:COCORO ENERGY
  • シャープの会員サイト COCORO MEMBERSへの会員登録が必要です。
  • 記載する各機能の利用には、クラウド連携エネルギーコントローラ(JH-RV11/JH-RVB1)が必要です。
  • 2019年7月31日、「クラウドHEMS」サービスは、「COCORO ENERGY」へ名称変更しました。

1.太陽光発電でつくった電気をAIで効率的に活用

クラウド上のAIが、日射量予報と各家庭の日々の電力使用状況から、翌日の太陽光発電システムの余剰電力量を予測。夜間に蓄電池を充電する際、満充電にせず、予測した余剰電力量分を空き容量として残しておくことで、翌日に太陽光発電システムが発電した電気の余剰分を、効率的に蓄えることが可能になりました。

従来(天気予報のみ):天気予報に基づいて、前日夜の蓄電池充電を決定。/AIによる高度なエネルギーマネジメント:AIが生活パターンに基づいた消費電力量と日射量予報値に基づいた発電量を推計し、翌日の余剰電力量を予測。蓄電池とエコキュートを最適制御。 前日:1.AIが翌日の余剰発電量を予測。/2.AIが予測した余剰電力量分を空き容量として残しておく。翌日:3.太陽光発電システムが発電した電気をご家庭で有効活用。…シャープなら、蓄電池とエコキュートで余剰電力をしっかり活用!

2.「COCORO HOME」アプリと連携

(1)HEMSと接続する機器やサービスを拡大
エネルギー機器やECHONET Lite対応機器に加え、家電や他社サービスと連携することで、便利で快適な暮らしを実現します。

イメージ画像:COCORO HOME イメージ

(2)「COCORO HOME」アプリからエネルギーの情報を手軽にチェック
「COCORO HOME」に「COCORO ENERGY」を連携すると、太陽光発電システムの売電状況や発電、消費電力量を確認したり、台風の時など気象警報が発令された際に、停電に備えて蓄電池の充電を開始したことなどがお知らせとしてタイムラインに通知されます。

COCORO HOME アプリ画面 タイムライン/機器リスト
  • 画面はイメージです。
  • 「COCORO HOME」アプリはシャープ株式会社が提供するスマートフォン用アプリケーションです。ご使用には「COCORO HOME」アプリのインストールが必要です。