SHARP 自動搬送装置(AGV)

飲食店

    • 厨房と客席が離れており、移動中はお客様の呼び出しに迅速に対応できない。
    • 配送を自動化したいが、狭い通路で(の運用)は難しいのではないか。
    • お客様のテーブルにお皿がたまっていくが、なかなか回収しにいけない。

シャープのAGVソリューションで

  • 配送をAGVにまかせることで、従業員は常にお客様の近くで迅速な対応ができます。
  • 弊社独自の集中制御システム「AOS」が全てのAGVの位置を把握しているので、狭い通路での追い抜きやすれ違い、交差点への侵入もスムーズに行えます。
  • 回収したお皿の運搬にもAGVを利用できますので、従業員の運搬時間を削減できます。
活用イメージ(飲食店)
  • 活用イメージ(飲食店)

    料理をワゴンに乗せて行先を指定するだけ

    厨房からお客様のテーブルまで料理を自動配送。厨房とテーブルが離れていても効率的に料理を運べます。

  • 活用イメージ(飲食店)

    従業員は常にお客様の近くで待機可能

    配膳・下げ膳をAGVに任せられるので、スタッフは接客サービスに専念することが可能です。混雑時、お客様をお待たせすることを軽減できます。

  • 活用イメージ(飲食店)

    狭い通路でもスムーズに走行できるように「AOS」が配車制御

    狭い通路を2車線で通行するため、双方向の追越しが可能な走行ルールや、複数の待機場所の設定が可能です。

*画像はイメージです。

導入事例

導入事例写真

がんこフードサービス株式会社さま

自動搬送装置(AGV)で料理の配膳作業を省人化
接客時間が増えることでサービス向上・顧客満足アップ