「人狼ゲーム」という言葉を聞いたことがありますか?「人狼ゲーム」は会話と推理によって村に潜む“人狼”を探し出すパーティーゲームです。
「“占い師”とか“霊媒師”とかよくわからないし...」「なんか難しそう...」と尻込みしてしまい、興味はあるけど諦めてしまう人も多いようです。

今回はそんな人にもオススメできる、宇宙人狼ゲーム「Among Us(アモング アス)」について解説します!

目次

  1. 人狼とは?
  2. Among Us(アモング アス)ってどんなゲーム?
  3. Among Us(アモング アス)の基本ルール
  4. Among Us (アモング アス)クルー/インポスター、初心者の立ち回りのコツ
  5. Among Us(アモング アス)の役職一覧
  6. 筆者のAmong Us(アモング アス)体験
  7. まとめ

人狼とは?

そもそも「人狼」という言葉の由来は何なのでしょうか。
元々は「汝は人狼なりや」という、イタリアの推理物のテーブルゲーム・パーティーゲームの言葉であり、同じジャンルのゲームは総称して「人狼」と呼ばれます。

「人狼」の面白いところはココ!初心者でも楽しめる

「人狼」は、プレイヤー同士のコミュニケーションが鍵を握るゲームです。初心者でも友達とワイワイ楽しむことができ、熟練者同士であれば奥深く白熱した対戦を楽しめます。また、戦略の自由度が高く、人をうまく“騙す”ことができたときの爽快感が魅力です。

Among Us(アモング アス)ってどんなゲーム?

では、宇宙人狼と呼ばれる「Among Us(アモング アス)」とはどのようなゲームでしょうか。
「Among Us」は2018年にリリースされた人狼ゲームで、2020年に著名なストリーマーが取り上げたことで人気が爆発しました。

用意された「ステージ」の中で、村人役である「クルー」と人狼役である「インポスター」の2陣営に分かれ、自チームの勝利を目指します。人数は4人~15人。インポスターは最大3人です。
オンラインゲームなので、基本的にボイスチャットでプレイヤー同士がコミュニケーションを取りながらゲームを進めていきます。

Among Us(アモング アス)の基本ルール

ゲーム開始後、プレイヤーはクルーかインポスターのどちらかに振り分けられます。どの陣営に振り分けられたのかは本人にしか分かりません。

クルー陣営の勝利条件は、陣営の全員が割り当てられたタスクを完遂するか、船内に潜むインポスターを全員追放することです。
対してインポスター陣営の勝利条件は、クルーを殺害し、船内のクルーの人数を生き残っているインポスターと同数にするか、引き起こした一部の「サボタージュ(妨害工作)」が制限時間内に解除されないことです。

※ サボタージュ(妨害工作):インポスターがクルーのタスク進行の妨害、クルー殺害のチャンスを生み出すために起こせる行動。各部屋のドアをしめたり、停電や核施設の暴走などの緊急タスクを発生させたりできます。

次に「作業フェーズ」と「議論フェーズ」の2つのフェーズについて説明をします。

作業フェーズについて

作業フェーズ中、クルー陣営のプレイヤーにはそれぞれに「タスク」が与えられ、誰が怪しいのか(インポスターなのか)を観察しながら自分の「タスク」をこなします。
インポスター陣営のプレイヤーは、作業フェーズ中にクルーの「キル(殺害)」とサボタージュ(妨害工作)を引き起こすことができます。

「Among Us」では、作業フェーズ中はマイクをミュートしておくことが推奨されています。そのため、作業フェーズ中に他の誰かとボイスチャットなどで会話をすることはできません。

作業中の画面。

議論フェーズについて

作業フェーズ中に「プレイヤーが死体を発見して通報する」「緊急会議ボタンを押す」が行われると、議論フェーズへ移行します。

議論フェーズ中の画面。インポスターだと思う人に投票する。

議論フェーズでは、生き残っている全プレイヤーで「誰がインポスターなのか?」を話し合い、船から追放するプレイヤーを投票で決定します。
ここでのコミュニケーションがとても重要で、「うまく騙す」または「騙されないように見抜く」という心理戦が行われます。

Among Us (アモング アス)クルー/インポスター、初心者の立ち回りのコツ

クルー陣営の立ち回りのコツ

クルー陣営の場合、初心者のうちは積極的に敵の妨害工作を解除しにいくのがオススメです。孤立してしまうとインポスターに殺害されやすいため、常に集団で行動するように意識しましょう。そうすることで、一緒にいた仲間が自分のアリバイを立証してくれるでしょう。
また、タスクが終了した時や、何か伝えたいことがある時は緊急会議ボタンを使いましょう。誰がインポスターなのか議論できるのはもちろん、緊急会議の終了後、インポスターは一定時間船員を殺害できないので時間稼ぎにもなります。

ゲームに慣れてきたら、タスクを進める道中ですれ違った人を覚えておくようにしましょう。時系列の整理とアリバイの確認は犯人を絞り込むのに最も有効です。

サボタージュ(妨害工作)を使えば各部屋のドアを閉めたり、停電や核施設を暴走させたりできる。

インポスターの立ち回りのコツ

インポスター陣営はあと何人殺害すれば勝利か、残された時間はどれくらいかなど、各会議や場面ごとにおける状況把握が最も大切です。自分が勝つための条件をまとめ、有利に動くために積極的にサボタージュ(妨害工作)を利用しましょう。
議論フェーズでは、自分視点での推理や誰の犯行なのか「自分がクルー側の立場だったらどう考えるか」を意識することで不自然な言動を少なくできます。

インポスター側の画面。

Among Us(アモング アス)の役職一覧

「Among Us(アモング アス)」は、2021年11月10日(水)にアップデートを行い、新たに「シェイプシフター」「守護天使」「エンジニア」「科学者」という4つの役職が追加されました。

ここでは、新たに追加された役職について解説をします。

シェイプシフター(インポスター陣営)

インポスター陣営の役職で、プレイヤーの一覧から選んだ1人に変身できるのが特徴。

変身タブを選択後、プレイヤーの一覧から1名のプレイヤーを選択し選んだプレイヤーに変身。

他のプレイヤーになりすますことができるため、議論フェーズにおいて会議を混乱させ、クルー陣営の団結を乱すことで勝利を目指しましょう。

<特殊能力>

  • クルー陣営に変身できる。
  • 変身時に痕跡が残る。
変身する瞬間の画面。変身する瞬間や変身解除される瞬間に卵に包まれてしまうため、クルーメイトに見られないようにする必要がある。
シェイプシフターの変身後のプレイ画面。

守護天使(クルー陣営)

クルー陣営の役職で、最初にキル(殺害)されたクルー陣営のプレイヤーが守護天使となり、他のプレイヤー1人を護衛できるのが特徴。

近くにいる生存者に対してバリアを張ることで、インポスターのキル(殺害)から守ることがでるため、クルー陣営の勝利において非常に重要な役職といえます。

<特殊能力>

  • クルー陣営のうち、最初にキル(殺害)された1人が守護天使となる。
  • 生存者にバリアを張り、インポスターのキル(殺害)から守る。
守護天使のプレイ画面。インポスターからクルーメイトを守ることができる。

エンジニア(クルー陣営)

クルー陣営の役職で、「ベント(通気口)」に入って移動できるのが特徴。

ベントは通常インポスターしか使用できない通路ですが、エンジニアはクルー陣営にも関わらず使用することができます。そのため、移動を速めることが可能です。また、ベントに潜伏して情報収集を行うことも可能です。

なお、一度ベントに入ると30秒間は、再度ベントを使用することは出来ません。

<特殊能力>

  • クルー陣営でもベントに入ることができる。
エンジニアのプレイ画面。ベント(通気口)に近づくと中に入れるようになる。

科学者(クルー陣営)

クルー陣営の役職で、一定時間、いつでも「バイタル」を見ることができるのが特徴。

バイタルとは、プレイヤーの生存状態を確認できる装置。通常は規定の部屋まで確認にいかなければならないが、科学者はバッテリーが許す限りバイタルをいつでも確認することができる。なお、バッテリーはタスクを完了することで、チャージが可能となります。

生存確認を行うことで、インポスターによる「キル(殺害)」が発生した場合にすぐに発見できるため、大量「キル(殺害)」を未然に防ぐ立ち回りが可能になります。

<特殊能力>

  • バイタルでいつでもクルー陣営の生存確認ができる
科学者のバイタルの確認画面。

筆者のAmong Us(アモング アス)体験談

自分がインポスター陣営だったとき、あえて自陣営にとって不利な動きをすることで、クルー陣営の信頼を勝ち取り、最後まで騙しきって勝利したときの爽快感は格別でした。
また、自分の推理がきれいに的中したときはとても気持ちが良いです。

さらに、先日のアップデートでPC版とスマホ版ともに日本語対応されましたので、ますますプレイしやすくなりました!

また、役職も増えてきたので、より一層プレイをするのが楽しくなりそうです!

まとめ

「Among Us」はシンプルなルールと操作方法で誰でも手軽に楽しめるゲームです。プレイヤーの行動や推理に関してはかなり奥深く、気軽さとコアな要素を両立させたゲームといえるでしょう。新しいマップもどんどん追加されており、ますます盛り上がる可能性が高いゲームです。

また、シンプルなルールとやり込み要素は、eスポーツに必要な条件です。もしかしたら「Among Us」がeスポーツタイトルとして賞金が掛かった競技になる日も来るかもしれません。

スマホ版のアプリは無料で遊べるので、ぜひプレイしてみてください!

ゲーマーにオススメの最新モデル登場!

■ゲームを本格的に楽しむなら!

AQUOS zero6

5G対応モデルで世界最軽量※1146gにして、充実装備を搭載した最新モデル「AQUOS zero6」がデビュー!

  • 4倍速※2の高速表示!約6.4インチOLEDディスプレイ
  • 4,010mAhの大容量バッテリー
  • SDカードトレイ
  • イヤホンジャック
  • AQUOS初の5Gミリ波対応

これだけの充実装備ながら、超軽量146gを実現しました。常に身に着けていても気にならない軽さです。

4倍速ディスプレイは、毎秒240回の描画更新とタッチ検出を行うので、俊敏さや正確さが求められるゲームをストレスなく楽しめます。

▼AQUOS zero6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-zero6/index.html

■ゲームも普段使いも、コスパ良く楽しむなら!

AQUOS sense6

「1週間※3の電池持ち」で定番のsenseシリーズから最新モデル「AQUOS sense6」が堂々デビュー!

シリーズ初となるIGZO OLEDディスプレイを採用することで、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、厚さ約7.9mmの薄型でスタイリッシュなデザインとなっています。

さらに、「インテリジェントチャージ」機能で、電池残量が90%に達すると充電を停止、端末への直接給電に切り替えます。充電しながらゲームをプレイしても、電池への負荷を抑えることができます。

▼AQUOS sense6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-sense6/index.html

  • ※1 画面サイズ6インチ以上で、電池容量が4,000mAhを超える(公称値)防水(IPX5以上)対応の5Gスマートフォンにおいて。2021年12月3日現在。シャープ調べ。
  • ※2 スマートフォンのディスプレイにおいて、ハイレスポンスモードおよび登録ゲーム設定をオンにしたアプリで毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入。オフ時(毎秒60回、表示状態が変化)の4倍、毎秒240回の表示状態の変化を実現。アプリケーション側の仕様により、4倍速(240Hz)表示にならない場合があります。
  • ※3 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準に基づく試算値です(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。インテリジェントチャージ設定の「最大充電量を変更」をONにした場合は、電池持ちが短くなります。

この記事をシェアする