2021年9月に発表された最新5Gスマホ「AQUOS sense6(アクオスセンスシックス)」 。
省エネIGZO OLEDディスプレイ×大容量バッテリーで安心の電池持ちを誇るスマホです。
そんなAQUOS sense6のスペックは以下のとおり!

「色彩階調10億色に対応したIGZO OLEDを搭載」
「120Hzのなめらかタッチレスポンス」

でも、そんなことを言われても、具体的に何がすごいのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、AQUOS sense6でスマホゲームをプレイすると、どれくらいのグラフィックでプレイできるのか?グラフィック設定を最高にした場合、電池はどれくらい持つのか?「プロ野球スピリッツA」をプレイしてレビューします!

目次

  1. AQUOS sense6のスペック
  2. AQUOS sense6の実機レビュー!実際にプロ野球スピリッツAをプレイ
  3. AQUOS sense6でプロ野球スピリッツAをプレイしてみた
  4. さいごに

AQUOS sense6のスペック

AQUOS sense6は、AQUOS senseシリーズとして史上最高のディスプレイである、色彩階調10億色に対応したIGZO OLEDを搭載しています。なめらかなグラデーションやシャープで解像感のある描画で映像コンテンツなどを楽しめます。

また、1秒間に120回のタッチ検出が可能なタッチパネルを搭載。高速チップセットとの組み合わせにより、機敏で快適な操作感を実現しています。

AQUOS sense6の実機レビュー!実際にプロ野球スピリッツAをプレイ

では、実際に「プロ野球スピリッツA」をプレイして、動作や表示に問題がないか確認していきましょう。

画質は大丈夫?

「各種設定」→「グラフィック設定」の画質を「高画質」に設定します。画質を「高画質」にすると、スマホのスペックによっては動きがカクカクしてしまいます。

選手がバッターボックスに立っている画像(グラフィック:高画質、フレームレート:60fps)

動きのカクつきを感じることなく、選手特有のバッティングフォームや投球フォームを楽しんでプレイすることができました。

フレームレートは大丈夫?

「各種設定」→「グラフィック設定」の「フレームレート」を「60fps」に設定します。
フレームレートを高くすると、映像が滑らかに動くようになります。

選手がバッターボックスに立って打撃している画像(グラフィック:高画質、フレームレート:60fps)

投手の投球モーションがとても滑らかなので、バットを振るタイミングをしっかりと合わせられました。タッチした際の反応もばっちりで、打球を打ち返しやすかったです。

遠くのグラフィックは大丈夫?

「各種設定」→「グラフィック設定」の「遠距離のモデル」を「高品質」に設定しましょう。

画面の奥や背景が表示されている画像(グラフィック:高画質、フレームレート:60fps、遠距離モデル:高品質)

このように画面の奥側や背景が綺麗に表示されています。球場の雰囲気が味わえるので、その場でプレイしているような臨場感が味わえました。

観客のグラフィックは大丈夫?

「各種設定」→「グラフィック設定」の「観客を表示にする」を「ON」にしましょう。これによって、球場の観客がすべて表示されるようになります。

観客席が表示されている画像(グラフィック:高画質、フレームレート:60fps、遠距離モデル:高品質、観客の表示:ON)

観客席が綺麗に表示されて、大勢の観客に応援されているような感覚になりました。プレイしているうちに、おのずと気持ちも盛り上がってきました。

影のグラフィックは大丈夫?

「各種設定」→「グラフィック設定」の「セルフシャドウ」を「ON」にしましょう。
これによって、選手の影が表示されます。

選手の影が表示されている画像(グラフィック:高画質、フレームレート:60fps、遠距離モデル:高品質、観客の表示:ON、セルフシャドウ:ON)

選手の影がきれいに表示されています。些細なことですが、こういった細かいグラフィックで一気にリアリティが増して、気分が高揚してきます。

AQUOS sense6でプロ野球スピリッツAをプレイしてみた

今回は、エフェクトをすべて有効にして、かなり贅沢なグラフィック設定でプレイしてみました。
体感として、AQUOS sense6の画面の動き・操作がスムーズで、爽快感のあるプレイをすることができました!

また、電池の消費もかなり抑えられていました。20試合(約1時間)プレイしたところ、消費量は14%でした。かなり贅沢なグラフィック設定でこの減り具合であれば、ゲームのほかにSNSや動画視聴でフル稼働させても、夜まで電池は持ちそうです!

さいごに

今回は、5G対応スマホAQUOS sense6のスペックで最高グラフィックのゲームを問題なくプレイできるのかレビューしました。充電の心配もなく、快適にゲームを楽しむことがきました!
ぜひ、省エネIGZO OLEDディスプレイ×大容量バッテリーで、安心の電池持ちを誇るAQUOS sense6でのプレイをお試しください!

ゲーマーにオススメの最新モデル登場!

■ゲームを本格的に楽しむなら!

AQUOS zero6

5G対応モデルで世界最軽量※1146gにして、充実装備を搭載した最新モデル「AQUOS zero6」がデビュー!

  • 4倍速※2の高速表示!約6.4インチOLEDディスプレイ
  • 4,010mAhの大容量バッテリー
  • SDカードトレイ
  • イヤホンジャック
  • AQUOS初の5Gミリ波対応

これだけの充実装備ながら、超軽量146gを実現しました。常に身に着けていても気にならない軽さです。

4倍速ディスプレイは、毎秒240回の描画更新とタッチ検出を行うので、俊敏さや正確さが求められるゲームをストレスなく楽しめます。

▼AQUOS zero6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-zero6/index.html

■ゲームも普段使いも、コスパ良く楽しむなら!

AQUOS sense6

「1週間※3の電池持ち」で定番のsenseシリーズから最新モデル「AQUOS sense6」が堂々デビュー!

シリーズ初となるIGZO OLEDディスプレイを採用することで、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、厚さ約7.9mmの薄型でスタイリッシュなデザインとなっています。

さらに、「インテリジェントチャージ」機能で、電池残量が90%に達すると充電を停止、端末への直接給電に切り替えます。充電しながらゲームをプレイしても、電池への負荷を抑えることができます。

▼AQUOS sense6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-sense6/index.html

  • ※1 画面サイズ6インチ以上で、電池容量が4,000mAhを超える(公称値)防水(IPX5以上)対応の5Gスマートフォンにおいて。2021年12月3日現在。シャープ調べ。
  • ※2 スマートフォンのディスプレイにおいて、ハイレスポンスモードおよび登録ゲーム設定をオンにしたアプリで毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入。オフ時(毎秒60回、表示状態が変化)の4倍、毎秒240回の表示状態の変化を実現。アプリケーション側の仕様により、4倍速(240Hz)表示にならない場合があります。
  • ※3 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準に基づく試算値です(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。インテリジェントチャージ設定の「最大充電量を変更」をONにした場合は、電池持ちが短くなります。

この記事をシェアする