今、複数人で遊べるゲームアプリがとても人気です。友達同士で盛り上がれるのが魅力の1つで、本格的なルールで対戦するものから、手軽にワイワイと遊べるものまで様々です。

今回は、スマホを持ち寄って遊べるゲームだけでなく、スマホ1台で複数人が遊べるゲームも合わせて、オススメのパーティゲームアプリを4つ紹介します。自分たちに合ったゲームを選んでみんなで盛り上がってください!

目次

  1. イラストチェイナー - 絵しりとりオンラインお絵かきゲーム
  2. ワードウルフ決定版「新・人狼ゲーム」無料アプリ
  3. 机でボウリング
  4. Kezako: ミステリー画像
  5. まとめ

イラストチェイナー - 絵しりとりオンラインお絵かきゲーム

言葉ではなく、絵でしりとりをするゲームです。絵を描いたあとに自分が何の絵を描いたのかを入力して、次の人にパスします。次の人は、前の人が描いた絵だけを頼りに続く言葉を考えます。
前の人が何を描いたのか分かったとしても、自分が思いついたものを上手く絵にする技術も必要です。制限時間があるので、焦って変な絵になってしまう場面もあり、とても面白いです。

絵を描くのが上手な人も、そうではない人も楽しめます。スマホ1台でも、スマホを持ち寄っても遊べるので、大勢で盛り上がりましょう。

対応OS:Android・iOS
人数:2人以上
必要端末数:1台(オンライン接続すれば各自の端末でプレイすることも可能)

Google Play

ワードウルフ決定版「新・人狼ゲーム」無料アプリ

ワードウルフとは、参加者がお題について雑談をして、「みんなとは違うお題」を与えられた少数派のプレイヤー(狼)を見つけ出すというゲームです。特徴が人狼ゲームに似ているので、ワード人狼と呼ばれることもあります。
このアプリに用意されているお題は1000問以上。初心者向けの機能を搭載しているので、初めてワードウルフをプレイする人も安心してプレイできます。

対応OS:Android・iOS
人数:2人以上
必要端末数:1台(オンライン接続すれば各自の端末でプレイすることも可能)

Google Play

机でボウリング

端末1台で4人まで一緒に遊べるボウリングゲームです。画面をタッチして、下に引っ張ることで威力や方向を調整してピンを倒します。ルールは通常のボウリングと同じです。

練習モードや対戦モードだけでなく、様々なギミックのステージが用意されたチャレンジモードもあります。
さらにはカーブボールも投げることができるので、技術次第でスプリットしたピンも倒すことができます。通信対戦で全国のプレイヤーと対戦することもできるので、技術を磨いてもいいでしょう。

対応OS:Android・iOS
人数:1〜4人
必要端末数:1台(オンライン接続すれば各自の端末でプレイすることも可能)

Google Play

Kezako: ミステリー画像

パネルで隠された画像に何が写っているのかを当てるだけの簡単なゲームです。
ルール説明がなくても、その場の全員が参加できるので複数人で遊ぶパーティにぴったりです。

問題は何種類もあり、アップデートで新しい画像が定期的に追加されているので飽きる心配もありません。さらには、ルーレットを回すことで隠されている部分が変わる特殊な問題もあるのが楽しいです。

対応OS:Android・iOS
人数:1人以上
必要端末数:1台

Google Play

まとめ

今回は複数人で遊べるオススメのパーティゲームアプリをご紹介しました。どのゲームもルールがシンプルなので、すぐに場を盛り上げることができます。短時間で決着がつくので、ちょっとの隙間時間でプレイするのにもぴったり。

また、1台のスマホをシェアしてプレイするタイプのゲームであれば、大きな画面の端末が最適です。スマートフォンAQUOSの最新モデルAQUOS R6もぜひチェックしてみてください!

ゲーマーにオススメの最新モデル登場!

■ゲームを本格的に楽しむなら!

AQUOS zero6

5G対応モデルで世界最軽量※1146gにして、充実装備を搭載した最新モデル「AQUOS zero6」がデビュー!

  • 4倍速※2の高速表示!約6.4インチOLEDディスプレイ
  • 4,010mAhの大容量バッテリー
  • SDカードトレイ
  • イヤホンジャック
  • AQUOS初の5Gミリ波対応

これだけの充実装備ながら、超軽量146gを実現しました。常に身に着けていても気にならない軽さです。

4倍速ディスプレイは、毎秒240回の描画更新とタッチ検出を行うので、俊敏さや正確さが求められるゲームをストレスなく楽しめます。

▼AQUOS zero6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-zero6/index.html

■ゲームも普段使いも、コスパ良く楽しむなら!

AQUOS sense6

「1週間※3の電池持ち」で定番のsenseシリーズから最新モデル「AQUOS sense6」が堂々デビュー!

シリーズ初となるIGZO OLEDディスプレイを採用することで、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、厚さ約7.9mmの薄型でスタイリッシュなデザインとなっています。

さらに、「インテリジェントチャージ」機能で、電池残量が90%に達すると充電を停止、端末への直接給電に切り替えます。充電しながらゲームをプレイしても、電池への負荷を抑えることができます。

▼AQUOS sense6の詳細はこちら
https://jp.sharp/products/aquos-sense6/index.html

  • ※1 画面サイズ6インチ以上で、電池容量が4,000mAhを超える(公称値)防水(IPX5以上)対応の5Gスマートフォンにおいて。2021年10月11日現在。シャープ調べ。
  • ※2 スマートフォンのディスプレイにおいて、ハイレスポンスモードおよび登録ゲーム設定をオンにしたアプリで毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入。オフ時(毎秒60回、表示状態が変化)の4倍、毎秒240回の表示状態の変化を実現。アプリケーション側の仕様により、4倍速(240Hz)表示にならない場合があります。
  • ※3 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準に基づく試算値です(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。インテリジェントチャージ設定の「最大充電量を変更」をONにした場合は、電池持ちが短くなります。

この記事をシェアする