横置きに加え、縦置きにも対応。レイアウトが選べるスタンダードモデル

  • モジュール変換効率19.4%※1
  • 公称最大出力259W※2
  • 切妻屋根向け(屋根置型)
    太陽電池モジュール
  • NU-259AM131,010円(税込)NEW
    2021年4月15日発売予定
  • まるごと15年保証
  • モジュール出力 20年保証(無償)
  • 商品の色・柄は画面の見え方により、実際とは異なる場合があります。
  • 本ページの掲載画像はイメージです。

おすすめ特長

イメージ画像:横置きの場合…NU-259AM×18 設置容量 4.66kW/縦置きの場合…NU-259AM×24 設置容量 6.22kW 設置容量 約33%アップ
[たっぷり発電の理由①]横・縦 設置可能

横置き・縦置きの両方が可能なので、さまざまな形状の屋根がある日本の住宅に対応できます。

イメージ画像:横置きの場合…NU-259AM×18 設置容量 4.66kW/縦置きの場合…NU-259AM×21 設置容量 5.44kW 設置容量 約17%アップ
 

屋根の形状にあわせて、横・縦の設置方法を選択して、最適なレイアウトでより多くの容量を設置することが可能です。

ハーフセル技術:セルを半分にカットして電力損失を低減。
[たっぷり発電の理由②]ハーフセル技術

太陽電池セルをカットしてサイズを半分にする「ハーフセル技術」により、セル表面の電極に流れる電流値が約半分に。電極に流れる電流値に比例して、電極の電力損失も抑制され、出力や変換効率の向上につながります。*1

マルチワイヤ技術:セルのバスバー電極の本数を9本に増やすことで、電気抵抗を削減し、電力損失を抑制。電極の断面形状を円形に改良し、電極の反射光もセルに取り入れ、発電に有効。
[たっぷり発電の理由③]マルチワイヤ技術

セルのバスバー電極の本数を、従来の5本から9本に増やす「マルチワイヤ技術」により、バスバー電極間を短縮。バスバー電極同士を繋ぐフィンガー電極が短くなることで、電気抵抗を削減し、電力損失を抑制します。さらに、バスバー電極の断面形状を従来の長方形から円形に改良。電極の反射光もセルに取り入れ、発電に有効活用します。*1

グラフ:高温時の変換効率の低下 効率低下を約12%改善し、夏場もしっかり発電
夏場等の発電量低下を軽減

温度上昇に伴う太陽電池モジュールの変換効率低下を、約12%改善。高温な気候が多い、日本の夏場の暑さに対応できます。*1

  • *2モジュール温度が25℃のとき(公称値)の変換効率を1.0としたときの値。

  • *1本ページの当社従来機種は、2019年度モデル<NU-218 AJ>になります。
  • ※1太陽電池モジュールの変換効率(%)はモジュール公称最大出力(W)×100÷モジュール面積(m²)×1,000W/m²の計算式を用いて算出しています。変換効率とは、太陽光エネルギーから電気エネルギーに変換したときの割合を表します。
  • ※2公称最大出力の数値は、JIS規格に基づく基準状態で測定した代表的な値です。

2つの長期保証制度
(まるごと15年保証+モジュール出力20年保証)

まるごと15年保証 システム構成機器 15年保証(有償)or10年保証(無償) 故障判定※/交換費用
[安心の長期保証①]システム構成機器もまるごと保証

システム構成機器は15年間(有償)または10年間(無償)保証します。

  • シャープ製機器が対象です。詳しくは弊社サイトでご確認ください。
  • 非故障時の判定は有償です。

モジュール出力20年保証(無償) 出力保証値(お引き渡し日から)10年:90%/11〜15年:85%/16〜20年:80%
[安心の長期保証②]モジュール出力を保証

長く使っていただくために、モジュールの出力値を20年間保証します。

  • モジュール出力20年保証の機器保証期間は1年です。
  • モジュール出力20年保証には故障判定・交換費用は含みません。
  • 太陽電池モジュール(シャープ製機器)が対象です。
  • モジュール最大出力の90%を基準とした出力保証値です。
  • 太陽電池モジュールの公称最大出力の数値は、JIS規格に基づく基準状態で測定した代表的な数値です。

  • 要申し込み。
  • 太陽光発電システム15年保証、10年保証、モジュール出力20年保証はお申し込みが必要です。詳しくは販売店にお問い合わせください。(お引渡し日から1ヶ月以内のお申し込みが必要です。途中加入はできません。)