今回はライターNがAQUOSシリーズのスペックを、他社から発表されている機種と比較しました!AQUOS sense5G、AQUOS zero5G basic、AQUOS R5Gそれぞれを、同価格帯の機種と比較しています。
スマホの買い替えを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. AQUOS sense5G
  2. AQUOS zero5G basic
  3. AQUOS R5G

AQUOS sense5G

AQUOSシリーズの中でも大人気のAQUOS sense5Gは、価格と性能のバランスが絶妙で、トップクラスのコスパを誇ります。

AQUOS sense5Gは、一般に「スタンダードモデル」と呼ばれる価格帯に属します。安価である一方、スペックはやや抑え目なのが特徴のクラスです。その分、各社が力を入れるポイントが分かれており、個性豊かな機種が揃っています。

AQUOS sense5Gは、コンパクトサイズながらも電池の持ちはとっても優秀!
さらには画面の操作性も優れ、お風呂防水・耐衝撃・除菌シートOKなどを備えていることも大きなメリットです。

何より、スタンダードモデルなのに5G対応!
各通信事業者が5G拡大を進めているので、これから長く利用したい方であれば5G対応機種に切り替えることをオススメします。

では、機能別にAQUOS sense5Gと他社スマートフォンの違いを比較して見ていきましょう。

◆電池(連続待受時間)

電池持ちはAQUOS senseシリーズが長年注力してきたポイントです。そのため、比較した4機種の中では、AQUOS sense5Gの約760時間がトップという結果に!5Gに接続したままビデオ通話をしても連続6時間、充電なしで使うことができます。

※ ビデオ電話6時間は5G接続時(メーカー調べ)。ご使用環境やご利用状況により使用可能時間は異なります。

◆ディスプレイ

コンパクトで手に収まりやすく、操作しやすいのがAQUOS sense5Gの特長。
また、シャープがガラケー時代から取り組んできた省エネ技術「IGZOディスプレイ」は、利用するアプリによって使う電力を調整することができるので、他社にはない長時間利用を可能にしています。

◆操作性(タッチ検知)

スマートフォンは、メール、電話、ゲーム、web検索など、全てディスプレイをタッチして操作しますよね。実は今この“タッチ操作”が着目され始めているんです。
昨今、eスポーツが大きな盛り上がりを見せています。その中でスマートフォンの操作性を気にする方も急増しています。「反応が鈍いなぁ」「自分の思い通りに動いてくれない」といったお悩みはありませんか?それは、タッチ検知が原因かもしれません。

タッチ検知回数が毎秒60回の機種が多い中、AQUOS sense5Gはその2倍なので滑らかさが違います。
スタンダードモデルで毎秒120回のタッチ検知はレア!ぜひ一度ヌルヌル・サクサクな操作性を体感してください。

◆カメラ

スタンダードモデルの中では、貴重な3眼カメラを搭載しています。広角にも望遠にも対応しているので、様々なシーンに対応できます。

実は、AQUOS sense5Gのカメラは搭載されているAIがとにかく賢いんです!
10種類の被写体(撮影シーン)に合わせて最適な色合いに自動で補正してくれるので、どんな方でも簡単に美麗な写真が撮れちゃいます。ナイトモードもしっかり搭載されています。

AQUOS zero5G basic

続いては、スタンダードモデルよりも少しリッチなスペックを持つAQUOS zero5G basicです。
zeroシリーズの純後継機と言えるスペック。とにかくディスプレイへのこだわりがすごい!10bit(10億色)の表現力とタッチ操作感度が良いのが特長です。電池持ちも優秀で、場所を問わず動画やゲームを楽しみたい方には完璧なスマートフォンと言えるでしょう。もちろん5G対応です。

他社製品の性能も高くなってくる価格帯ですが、実際はどうなのでしょうか?
では検証していきます。

◆電池(連続待受時間)

ミドルスペックとしては、他社を寄せ付けない抜群の電池持ちを実現しています。
また、AQUOS zero5G basicは電池持ちが良いだけではなく、バッテリーへの負荷を抑える「インテリジェントチャージ」というすごい機能を搭載しています!
スマートフォンは使用頻度が多ければ多いほどバッテリーに負荷が掛かり、それによってどんどん電池持ちが悪くなります。1年ほど使うと、購入当時よりも電池の減りが速くなったと感じる人も多いのではないでしょうか。
充電時のバッテリーへの負荷を軽減することで、長く利用しやすい機種になっています。

※ ご使用環境やご利用状況により使用可能時間は異なります。

◆最大表示色数

大きな違いは劇的に広がった階調度です。
一般的なハイスペックモデルのスマートフォンでも10億色もの表現ができるスマートフォンは他にありません。
10bitのHDRコンテンツをより鮮明に立体的に表現することができます。
特に映像として大きな違いが見られるのが3Dアニメなどです。実際にYouTube等で原色をよく使うアニメを鑑賞すると、色のグラデーションや深みの違いが目に見えて違うので驚きました。
映画、ゲームをスマホで楽しみたい方には、最適なスマートフォンです。

◆操作性(タッチ検知)

AQUOS sense5G同様にタッチ検知が優れており、現行機種の中では最高峰の240Hz。他を寄せ付けない操作性を実現しています。
また、画面更新回数(コマ数)も非常に多いので、スマートフォンでは考えられないほど滑らかな描写です。カクツキが少なく限りなく現実に近い映像美が楽しめるのもAQUOS zero5G basicの他社にはない強みと言えるでしょう。
先に紹介した10億色と相まって、映画、ゲームを最高に楽しみたい方なら必ず満足するはず!オススメです!

※ スマートフォンのディスプレイにおいて、ハイレスポンスモードをONにすることにより毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入し、OFF時(毎秒60回表示状態が変化) の4倍の毎秒240回の表示状態の変化を実現。アプリ側の仕様により、4倍速(240Hz)表示にならない場合があります。

◆カメラ

※ 本機の標準カメラ(有効画素数4800万画素(48.0M))の最大撮影可能サイズは1200万画素(12.0M)です。4800万画素(48.0M)で撮影することはできません。4800万画素(48.0M)カメラの4つのピクセルセンサーを束ねて大きく使うことで、取り込む光量が増え、1200万画素(12.0M)で明るくキレイに撮影することを実現しております。

望遠3倍ズーム、広角125°と、ミドルスペックの中で高水準な性能を誇ります。
AQUOSならではのAIオート機能や背景ぼかし機能も、もちろん対応!

実は、AQUOS zero5G basicでぜひ紹介したい機能が「AIライブストーリー」です。これがとにかく面白い!
動画を撮っているだけで、自動で可愛いショートムービーを作成してくれます。
何パターンものフレームが用意されていて、撮影する度にアレンジが違うので飽きないのも良い!動画を撮るだけで編集する必要がないので、誰でも簡単にでき、家族行事などで活躍すること間違いなしです!

◆メモリ

ミドルスぺックモデルの中で最高峰の基本スペックを要しています。
データ量の多いゲームや動画などをたくさん楽しみたいなら、メモリ性能は重要。ただ、性能が良くなるほど端末価格も上がってしまうため、比較的お求めやすい価格とハイスペックの両立ができたAQUOS zero5G basicはバランスの良い機種と言えます。

AQUOS R5G

スマートフォンAQUOS最上位「R」シリーズの最新モデル、AQUOS史上最強のスペックを持つAQUOS R5G。
圧倒的な処理能力と保存容量を兼ね備えたスマートフォンで、データ容量の大きいサイズの高速処理化を実現しています。ゲームが大好きな方には最適な機種ではないでしょうか。
また、まだ珍しいTOFカメラ(距離測定カメラ)を搭載しており、被写体の認識精度が高く、カメラが苦手な方でも安心です。
電池持ち、ディスプレイ、カメラ、操作性のどれも苦手な部分が少なく、万能なスマートフォンと言えるでしょう。

各社の顔とも言える機種が揃う「フラグシップモデル」。AQUOS R5Gの実力はいかに…?

◆最大表示色数

AQUOS zero5G basicでも紹介した最大表示色数10億色に対応しています。フラグシップモデルでも、この色数を表現できるスマートフォンはありません。
色が濃く鮮やかな映像でとにかくキレイ!!映画・ゲームなどスマホをメインで楽しみたい、そんな方にオススメなスマートフォンです。

◆操作性(タッチ検知)

操作性に優れているAQUOS zero5G basicに比べ120㎐と劣るものの、他社スマートフォンと比較するとトップクラスの性能です。映像も滑らかで心地いい操作性で快適でした!

このAQUOS R5Gの特徴は、「Pro IGZOディスプレイ」を採用し、使用アプリによって自動で電力消費調整する「液晶アイドリングストップ機能」がついていることです。これによって無駄な電力を消費せず、電池持ちを維持させます。操作性と省エネの両立を実現した、唯一のスマートフォンと言えます。

◆カメラ

4つのカメラを搭載したスマートフォンです。標準・広角・望遠に加え、フラグシップモデルでも珍しいTOFカメラ(距離測定カメラ)を搭載しています。
被写体の数、距離、大きさなどを瞬時に判断するので、カメラが苦手な方でも安心して綺麗な写真が撮れるのは嬉しい機能。カメラ機能にこだわるならAQUOS R5Gも間違いなくオススメです!

◆メモリ

AQUOS R5Gの一番の特徴と言っていいのが処理能力と保存容量。
現行機種の中で最高位のRAM12GB、ROM256GBです。このスペックは中々ありません。とにかくなんでもできちゃう優等生で、処理落ちも少なく快適!
また大容量ストレージなので、例えば1,200万画素の画像であれば約5万枚をも本体の中に保存できちゃいます。
処理能力が高ければどんなシーンでも快適にご利用できるので、ハイスペック機種の購入を検討している方であればAQUOS R5Gは間違いなくありだと思います。

さいごに

今回は他社スマホとAQUOSシリーズを比較してみました。比べるポイントがたくさんあって迷ってしまうかもしれませんが、ぜひスマホ買い替えの際には本記事を参考にして、自分の使いたい用途にあったスマートフォンを選んでくださいね!

この記事をシェアする