美髪の近道、速乾力の進化

【さらに進化】速く乾いて髪まとまる、ドレープフロー

髪を速く乾かすために、サロンでは片手に2台のドライヤーを持ってヘアドライするテクニックがあります。これにヒントを得て開発したドレープフローは、2つの吹出口から出る風が、髪を立体的に押し分けてヘアドライ。深く広範囲に風が届くことで、より進化した速乾性を実現しました。
(効果は使用条件や個人差等により異なります。)

ドレープフロー説明イラスト
2つの吹出口から出る風のイメージ
(風のイメージ)

■送風面積の比較 <各ポイントにおける風速をもとにイメージ化(風速10m/s以上のポイントを表示)>

IB-WX1[2020年]

(イメージ図)

IB-WX2[2021年]

(イメージ図)

(動画はIB-WX1ですが、IB-WX2も同機能を搭載しています)

速乾をサポートする、ヘアドライしやすい新デザイン

ノズルが短いデザインだから、コンパクトな腕の動きで髪全体をヘアドライできます。また握りやすいハンドル、片手で切り替えやすいボダンやスイッチ、上下左右に振りやすいバランス設計など。操作やヘアドライをスムーズに行える、使いやすい設計です。

ヘアドライのイメージ
ノズルが短いから、大きく手を振り回すことなくヘアドライ。
ボタンやスイッチ位置のイメージ
片手でも操作しやすいボタンやスイッチ位置。