使用シーンにあわせて3つの運転モードを選べる

各モードを単独で運転することも、併用して運転することもできます。
暖房運転
加湿運転
プラズマクラスター運転

このページのTOPへ

温度と湿度のWセンサーでエコ運転

1 【暖房】 おまかせ(自動)運転
湿度に応じて、自動で室温を20~22℃にコントロール。室温が約26℃以上になると運転を停止。約22℃以下になると運転を再開します。

2 【加湿】 うるおい(自動)運転
室温に応じて、自動で湿度を55~65%にコントロールします。

3 併用 【プラズマクラスター】 + 【加湿】 + 【暖房】
・ 湿度が上がると体感温度が上昇するので、設定温度を抑えて運転します。
・ ウイルスの活動を抑制する湿度に保ちます。
(G.J.Harperによる6時間後のウイルス生存率試験より)

このページのTOPへ

お手入れカンタン設計

分解しやすく、掃除も簡単。キレイな温風とうるおいでお部屋快適。
お手入れ方法 紹介動画
お手入れ方法 紹介動画
再生される動画はHX-D120を使用しておりますが、
お手入れ方法はHX-E120も同様です。
    ※1 ●試験機関:(一財)日本食品分析センター ●試験方法:統一試験方法JIS L1902 ■試験結果:99%以上抗菌 ●抗菌方法:フィルターに抗菌剤を含浸
    ※2 定格加湿能力に対し加湿能力が50%に落ちるまでの期間。加湿フィルターは1日8時間の使用で約18ヵ月を目安(約6ヵ月の使用を1シーズンとして計算)に交換してください(2週間に1度お手入れした場合)。水質、使用環境によって交換時期は早くなることがあります。
    ※3 ●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 ●試験方法:滴下法 ■試験結果:99%以上抗菌 ●抗菌方法:フィルターに抗菌剤を混合

このページのTOPへ

このページのTOPへ