OS動作確認情報

Citrix XenApp 7.12環境における確認情報

デジタルフルカラー複合機・デジタル複合機・レーザープリンター

(2018年12月 7日現在)

本情報は、Citrix XenApp 7.12環境でシャープ製複合機(デジタルフルカラー複合機、デジタル複合機、レーザープリンター)を使用した場合における、注意事項および制限事項を提供する動作確認情報です。

動作確認環境 および 動作確認機種

● Citrix XenApp 7.12 日本語版

[動作確認環境]

Citrix サーバー OS : Windows Server 2016 (64bit)
Citrixアプリケーション : Citrix XenApp 7.12
プリンタードライバー SPDL2(-c)ドライバー

[動作確認機種]

デジタルフルカラー複合機

機種名 クライアントOS ドライバーの制限事項 備考
MX-2661, MX-3161, MX-3661 Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b, c, d -
MX-2631, MX-3631 Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b, c, d -

デジタル複合機

機種名 クライアントOS ドライバーの制限事項 備考
MX-M4070, MX-M5070, MX-M6070 Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b, c, d -
MX-B455W Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b, c, d -
MX-M6570, MX-M7570 Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b, c, d -
AR-B350W Windows 7 (32bit / 64bit),
Windows 8.1 (32bit / 64bit),
Windows 10 (32bit / 64bit)
b -

ドライバーの制限事項:

  1. オプション自動設定、本体の用紙トレイ・タイプの情報取得、ドキュメントファイリング設定のユーザーフォルダー取得が使用できません。
  2. オプション自動設定、本体の用紙トレイ・タイプの情報取得、ドキュメントファイリング設定のユーザーフォルダー取得が使用できません。Windowsファイアーウォールを無効にするか、本体との通信モジュールをWindowsファイアーウォールの例外に登録することで、オプション自動設定のみ使用可能となります。
    (32bitドライバー用) : %SystemDir%¥Spool¥Drivers¥w32x86¥3¥S***ACFM.EXE
    (64bitドライバー用) : %SystemDir%¥Spool¥Drivers¥x64¥3¥S***ACFM.EXE
    なお、***はモデルによって異なります。
  3. 連結印刷(SHARPドライバー機能)は使用できません。
  4. ファイアーウォールが有効の場合、プリントと送信のアドレス帳の取得は使用できません。Windowsファイアーウォールを無効にしてください。

Auto Created Client Printerに関する制限事項 :

  • Auto Created Client Printer(ACCP)とは、クライアントPCからCitrixサーバーへログオンした際に、クライアントPCにインストールしてあるプリンターのコピーをCitrixサーバーに自動作成する機能です。ACCPによって作成されたプリンターは、プリンターのオプション設定並びにドライバーの印刷設定が反映されず、初期値となります。
    ACCPによって作成されたプリンターの設定を変更する場合は、プリンターが作成された後に、プリンターのオプション設定とドライバーの印刷設定を変更して下さい。設定の変更は、公開デスクトップのプリンターのプロパティより変更することができます。設定を変更すると、次回ログオン時も設定は保持されます。
  • ACCPにより作成されたプリンターに対してSHARP製プリンタードライバーを使用して印刷する場合、同一のSHARP製プリンタードライバーかつ同一バージョンのプリンタードライバーを、CitrixサーバーとクライアントPCの両方にインストールして下さい。Citrixサーバーにインストールされていない場合、Citrix UPDを利用したACCPとなります。また、CitrixサーバーとクライアントPCにインストールされたプリンタードライバーのバージョンが同一であることを確認してください。バージョンが異なる場合、ACCPにより作成されたプリンターは、機能が正しく動作しない場合があります。
  • Citrix Universal Printer Driver(Citrix UPD)とは、Citrixの汎用プリンタードライバーです。Citrix UPDを利用したACCPでは、SHARP製プリンタードライバー機能の一部が使用できません。

Citrix社製品の製品仕様などについては、シトリックス・システムズ・ジャパン(株)にてご確認ください。