お客様サポート

よくあるご質問

  • 前の画面に戻る
  • 印刷
  • 共有

回答

以下の操作方法をご覧ください。

◎ 注意

機種により、オプションのPS拡張キットを装着する必要があります。
詳しくは製品情報をご覧ください。

AirPrintの動作確認OS

OSの種類ファクスの対応バージョン
Mac OS X10.11 以降
iOS未対応

ファクス送付状は、Mac OS X 10.9以降で使用できます。
ご利用の複合機がAirPrintに対応しているかは、「AirPrint対応のご案内 動作確認情報のご案内」をご覧ください。


操作ステップ

◎ 注意事項

  • ●ファクスをする場合は、必ず複合機とMacが同一のネットワーク環境にある状態で行ってください。
  • ●本ページの画像および操作は、Mac OS X 10.11です。
    Mac OSのバージョンによっては、一部異なる点があります。

Macを使って「Safari」に表示したページをファクスする操作でご説明します。

1. 印刷メニューを開く。

[command]キーを押しながら[P]キーを押します。

2. ファクスする。

出力プリンタにAirPrintで追加したファクスを選択し、送信情報を入力します。

宛先:ファクス番号
発信番号:外線発信で必要な番号がある場合は入力(0発信など)

各項目が指定できたら、[ファクス]ボタンをクリックします。

◎ ユーザー名とパスワードの画面が表示される

ユーザー認証をご利用の場合は、認証画面が表示されます。
複合機を利用する時に入力するユーザー名(名前)とパスワードを入力してログインしてください。詳しくは、「AirPrintでプリントやファクスをするとユーザー認証画面が表示される。」をご覧ください。

◎ ファクス送付状を付けたい場合

「表紙を使用」にチェックを入れ、件名とメッセージを入力します。
入力内容で作成された表紙が、ファクスの最初に送信されます。


ファクス送付状は、Mac OS X 10.9以降で使用できます。


関連するご質問

関連キーワード

ファクス / AirPrint / Air / Print / プリント / Apple / Apple端末 / Mac / ファクス送信

更新日:2019年12月20日

  • よくあるご質問トップへ戻る
  • 前の画面に戻る

このページのTOPへ