• 印刷
  • 共有

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-099-233 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

お客様サポート

  • ダウンロード
  • 保守・サービス

プラズマクラスター技術

空気浄化

浮遊カビ菌*1を除菌

約31m³(約8畳相当)で実証

イオン濃度:約25,000個/cm³で実証

約31m³(約8畳相当)の試験空間での約83分後の効果です。

イオン濃度:約3,000個/cm³で実証

約31m³(約8畳相当)の試験空間での約195分後の効果です。

浮遊カビ菌 除去イメージ■浮遊カビ菌 除去イメージ

*1<浮遊カビ菌>●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:約31m³(約8畳相当)の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。■試験結果:(1)プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³の場合、約83分で除去率99%。(2)プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/cm³の場合、約195分で除去率99%。

浮遊菌*2の作用を抑える

約31/40m³(約8/10畳相当)で実証

イオン濃度:約25,000個/cm³で実証

約31m³(約8畳相当)の密閉した試験空間での約14分後の効果です。

イオン濃度:約4,700個/cm³で実証

約40m³(約10畳相当)の密閉した試験空間での約38分後の効果です。

浮遊菌 除去イメージ■浮遊菌 除去イメージ

*2<浮遊菌>1プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³の場合、●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:約31m³(約8畳相当)の試験空間に、ある1種の菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を測定。■試験結果:約14分で99%抑制。2プラズマクラスターイオン濃度:4,700個/cm³の場合、●試験機関:米国ハーバード大学公衆衛生大学院名誉教授メルビン・ファースト博士●試験方法:約40m³(約10畳相当)の試験空間に、ある1種の菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を測定。■試験結果:約38分で99%抑制。

付着カビ菌*3の増殖を抑える

約20m³(約5畳相当)で実証

イオン濃度:約25,000個/cm³で実証

約20m³(約5畳相当)の試験空間での3日後(1日24時間)の効果です。

付着カビ菌の増殖抑制効果■付着カビ菌の増殖抑制効果

*3<付着カビ菌>●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第12076306004-01号(平成24年9月6日発行)●試験方法:当社にて約20m³(約5畳相当)の試験空間にカビ菌を付着させた塩ビ板を置き、プラズマクラスターイオンを放出し、カビ菌を3日間増殖させたものを試験依頼。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)■試験結果:3日後に付着カビ菌の増殖を抑制。

ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質*4の増加を抑える

約8畳で実証

イオン濃度:約3,000個/cm³で実証

約8畳の居住空間での4週間後(1日24時間)の効果です。

ハウスダスト中の浮遊ダニのアレル物質作用抑制効果■ハウスダスト中の浮遊ダニのアレル物質作用抑制効果

*4<浮遊アレル物質>●試験機関:広島大学大学院 先端物質科学研究科●試験方法:掃除をしない実際の居住空間(約8畳)での浮遊ダニのアレル物質の作用をELISA法で測定。その増加率を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/cm³)■試験結果:4週間後にダニのアレル物質の増加を抑制することを確認。(プラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。

  • プラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。

浮遊ウイルス*5の作用を抑える

約25m³(約6畳相当)で実証

イオン濃度:約25,000個/cm³で実証

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約66分後の効果です。

イオン濃度:約7,000個/cm³で実証

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約83分後の効果です。

浮遊ウイルス 除去イメージ■浮遊ウイルス 除去イメージ

*5<浮遊ウイルス>●試験機関:ベトナムホーチミン市パスツール研究所●試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:(1)プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³の場合、約66分で99%抑制。(2)プラズマクラスターイオン濃度:7,000個/cm³の場合、約83分で99%抑制。

付着ウイルス*6の作用を抑える

約25m³(約6畳相当)で実証

イオン濃度:約25,000個/cm³で実証

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約10時間後の効果です。

浮遊ウイルス 除去イメージ■浮遊ウイルス 除去イメージ

*6<付着ウイルス>●試験機関:(株)食環境衛生研究所●試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間に、ウイルスを付着させたガーゼ布を吊るし、プラズマクラスターイオンを放出。一定時間後、ガーゼ布を回収し、ウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/cm³)●試験対象:付着した1種類のウイルス。■試験結果:約10時間で99%以上抑制。

このページのTOPへ

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-099-233 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

お客様サポート

  • ダウンロード
  • 保守・サービス

製品ラインアップ

“空気の悩みを解消する業務用プラズマクラスター”

“プラズマクラスタープロフェッショナル”

リースプラン