ブラシのかき取る力で壁際までキレイ。ラクティブエア史上最軽量※11.2kg*※2

  • RACTIVE Air
  • コードレススティック掃除機
  • EC-AR8オープン価格
仕様 / 寸法
  • 集じん方式:遠心分離サイクロン
  • 電源方式:充電式(リチウムイオン電池、18V、2500mAh)
  • 商品の色・柄は画面の見え方により、実際とは異なる場合があります。
  • JEMA自主基準(HD-10)により測定。
  • ※1当社RACTIVE Airシリーズ従来機種において。標準質量(本体、バッテリー、パイプ、吸込口の合計質量)1.2kg。2021年度機種<EC-AR7>も同様に1.2kg。
  • ※2本体、バッテリー、パイプ、吸込口の合計質量。

おすすめ特長

驚きの軽さと使いやすさ「軽量ボディ1.2kg*」(本体、バッテリー、パイプ、吸込口含む)
驚きの軽さと使いやすさ「軽量ボディ1.2kg
(本体、バッテリー、パイプ、吸込口含む)

軽量1.2kg*※3の軽量ボディに加え、重心バランスがよく軸がブレにくい本体と小回りがきく吸込口で快適にお掃除ができます。

スタミナ運転 大容量バッテリー&急速充電
スタミナ運転 大容量バッテリー&急速充電

バッテリー1個で最長約60分*※4の長時間運転。強モードでも約11分※5の運転が行えます。また、本体からバッテリーを取り外して急速充電が可能。わずか100分で充電できます。※6

  • ※4測定は室温20℃、標準モード、付属吸込口(すき間ノズル等)使用時、バッテリーを1個使用した際の最長運転時間。標準の吸込口使用時は約40分(標準モード)。床面の材質、使用環境、使用状態により異なります。
  • ※5測定は室温20℃、標準の吸込口を使用時、バッテリーを1個使用した際の最長運転時間。床面の材質、使用環境、使用状態により異なります。
端までブラシ
端までブラシ

ヘッドの端までブラシがある新構造により、壁や家具のキワなどに沿って動かすだけで、回転ブラシでかき取りながらごみを吸い取ります。

  • 画像はEC-SR8/HR8のものです。
新スグトル構造
新スグトル構造

吸込口をカンタンに着脱できる「スグトルブラシ」や「ハンディノズル」。パイプが付いたままのヘッドも自立するので、床掃除からすき間掃除やハンディ掃除への切り替えがかがまずスムーズにできます。

からみにく~いブラシ※8
からみにく~いブラシ※8

密度が高く縮れたブラシを採用することで、ブラシのすき間を減らし、髪の毛の入り込みを抑制、ブラシに髪の毛がからみにくくなりました。

強力吸引
強力吸引

軽量モーター搭載で、細かなゴミまでしっかり吸い込みます。

ペタッとヘッド
ペタッとヘッド

壁際や机・イスの脚まわり、家具などの下6cmのすき間まで入り込み、溜まったホコリを吸い取ることができます。

便利なアタッチメント
便利なアタッチメント

吸込口をカンタンに着脱できる「スグトルブラシ」や「ハンディノズル」など、お掃除をさらにラクするアタッチメントを付属。

スタンド台&ちょいかけフック
スタンド台&ちょいかけフック

専用の「スタンド台」が付属しているので、すっきり収納できます。また、いろんな場所にサッと立てかけて置ける「ちょいかけフック」を搭載。いつでもサッと使い始めることができます。

カンタンお手入れ「スルッとポイ」&カンタンごみ捨て
カンタンお手入れ「スルッとポイ」&カンタンごみ捨て

内筒に巻き付いた髪の毛やホコリはフレームをスルッと引き抜くだけで、お手入れがカンタン。ごみ捨ては、カップを本体から外してカンタン・キレイにポイ。カップとフィルターはまるごと水洗いできます。

  • JEMA自主基準(HD-10)により測定。
  • ※3本体、バッテリー、パイプ、吸込口の合計質量。
  • ※6測定は室温20℃、充電時聞は周辺温度、使用条件などによって異なります。
  • ※7EC-SR7を除く、当社スティックタイプ掃除機の従来モデル。
  • ※8当社調べ。試験方法:人毛(20cmと40cm)を1サイクル0.25gとし、3畳のフローリングにまき、「強」「自動」運転で掃除機をかける。これを10サイクル行う。試験結果:1サイクル後の回転ブラシへの絡みつく毛量が1%以下。床面の材質、使用環境、使用状態、毛の太さや長さによって絡む場合があります。

ピックアップ

RACTIVE LIFE
RACTIVE LIFE

ラクティブ エアのある暮らしをマンガでご紹介します。

家中まるごとキレイにお掃除!
家中まるごとキレイにお掃除!

普段のお掃除ではなかなか行き届かないところも、手軽にキレイにできるアタッチメントをご紹介します。

サイクロン式と紙パック式を比較
サイクロン式と紙パック式を比較

サイクロン式と紙パック式の違いをご紹介いたします。