古川武士 特別コラム「英語学習」継続の秘訣

特別コラムでは、英語学習を続けるためのノウハウをご紹介します。
学習を「習慣化」するに当たって、なぜ続かないのか、続けるためにどうすればいいのか、ベースとなる英単語の学習を習慣化するためにどうすればいいかをお話していきたいと思います。

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に人材育成会社を設立。
コーチング・心理学を専門にこれまで企業研修・講演を通じて2万人以上の育成に携わってきた。また、個人コンサルティングとしては経営者から若手ビジネスパーソン、主婦まで幅広く200名以上を支援している。
多くの育成現場で痛感したことは、人が本当に変わっていくためにはよい習慣を確実に身につける「続ける習慣」が重要と考え、オリジナルの習慣化理論とメソッドを開発。
独自メソッドを元に、企業研修、個人向けセミナー、コンサルティングを行っている。習慣化メソッドの内容は処女作『30日で人生を変える「続ける習慣」』にまとめて出版。累計4万部を突破し、海外でも翻訳された。
著書に「続ける習慣」(現在4万部突破、韓国・台湾で翻訳)「やめる習慣」「すぐやる習慣」など計7冊で15万部を超えている。メディア掲載実績として、朝日新聞、日経ビジネス、日経ウーマン、OZPLUS、プレジデント、プレジデントファミリー、「企業と人材」等がある。

contents

  • なぜ続かないのか?
  • 続ける習慣メソッド
  • 英単語学習の習慣化

英単語学習の習慣化

英単語学習の習慣化に向けて、学習ポイントと習慣化のコツ、Brain での使用例を解説します。

英単語学習の習慣化のポイント
ポイント1.優先順位の高い順に覚える

使用頻度の低い単語を覚えるのに多くの時間を割くのは非効率です。覚える単語を次の基準で絞り込みましょう。

1.動詞:英語は動詞中心言語なので動作動詞を多く覚える。
英語は動詞への理解力が重要です。日本語は四文字熟語のように名詞中心で表現することが多いのですが、英語は動詞が理解に大きな影響を与えます。
英単語を覚える際には、動詞を覚えることにエネルギーを使うことをオススメします。

2.業界関連用語:自分の業界、職種でよく使う英単語を覚える
ビジネスで使う場合は、自分の業界や職種で使う単語を覚えてください。
特にビジネスでは、シチュエーションや共通背景がある場合、専門用語で相手の言いたい事がある程度理解できます。逆に専門用語の英語が分からないと全く話が通じません。Brainの機種によっては、「株式用語辞典」「会計用語辞典」など業界用語をまとめたコンテンツがありますので活用するといいでしょう。

3.使用頻度の高い単語:一般的に使用頻度の高い英単語を覚える学生の方の場合は試験に良く出てくる単語を重点的に覚える必要があるでしょう。Brainには「でる順パス単」や「英検トレーニング」など多彩なアプリやコンテンツがあります。これらを上手に使ってみてください。ビジネスパーソンならTOEICR対策として、「新TOEICRテスト完全攻略」を使って頂くと良いでしょう。

ポイント2.多面的な作業で覚える

多くの人は単語を見て覚えますが、見たらわかるけど書けない、話せないという単語は、実際には使えません。読む、聴く、書く、声に出す、という多面的な作業を通して単語を習得してください。
 Brainに搭載の「ATR CALL for Brain」は読む、聞く、書くのステップで基本単語が学習できるほか、「キクタン」など聴いて学習するコンテンツ、手書きノート、ボイスメモもなどの機能を組み合わせて活用することで多面的な学習をすることが可能となります。

ポイント3.例文の中で覚える

単語は単体で記憶するだけではなく、例文と共に記憶すると使える単語になります。単語は文章の中でこそ生きてきますし、フレーズごと(イディオムごと)に覚えられ、前置詞の使い方も自然と身に付きます。
 Brainに搭載の「キクタン」など単語学習アプリやコンテンツには例文が収録されています。また、英和辞典・和英辞典には例文が添えられていますので、単語は例文の中にマーカーを引いて覚えることをオススメします。

続ける習慣メソッド(英単語学習編)
  反発期 不安定期 倦怠期
期間 1日~7日 8日~21日 22日~30日
症状 辞めたくなる 振り回される マンネリ化する
挫折率 42% 40% 18%
方針 とにかく続ける 仕組みをつくる 変化をつける
対策 1.ベビーステップで始める
2.シンプルに記録する
1.パターン化する
2.例外ルールを設ける
3.継続スイッチをセットする
1.変化をつける
2.次の習慣を計画する
ステップ1 反発期(1日目~7日目)

1.ベビーステップで始める
 英単語学習は毎日続けることが大切です。しかし、反発期はとにかく現状への引き戻しが激しいタイミングです。この時期は、1分でもいいので電子辞書を開いて英単語を1つ覚えましょう。あくまで最低限ですが、この小さな一歩が踏み出されれば、意外とどんどん進みだすものです。
心理的抵抗力が大きいこの時期は、欲張らずにハードルを下げましょう。

2.シンプルに記録する
 英単語の学習はただ漫然と繰り返していると、単調になります。そこでおすすめなのが、記録です。Brainには、カレンダー機能があるのでここに学習の記録をしていくとやる気が上がります。

良い例
Aさんは、英単語学習を続けようとしています。これまで朝の電車ではSNSを眺めて過ごしていました。これを英単語学習時間に当てようと考えています。朝、座れる時間に電車に乗るようにしました。最初の3日は眠気を押さえるだけで精一杯でした。幸いベビーステップでは、1ページ読めばいいという低いハードルだったので、楽にスタートできました。1日目、2日目はぼんやりと辞書を遊び感覚でいじっていたのですが、まずはどんな機能があるか、英和辞書や和英辞書などを見てみました。
 土日は、朝から自宅で行いましたが、1回だけ開けばOKというベビーステップを設定して、5分だけ「新TOEICRテスト完全攻略」を使ってみました。
 充実した機能にワクワクし始めています。7日目までは何とか、低い集中力ながら毎日続けることができました。

ポイント
・朝、エネルギーがあるときに学習している
・移動時間を上手に使っている。
・あまりノルマを作らず遊び心でスタートしている。

ステップ2 不安定期(8日目~21日目)

1.パターン化する
反発期を乗り切ったら、次は不安定期です。この段階では当初目標としているレベルにまでハードルを挙げます。たとえば、Aさんの場合で言えば「電車で40分、英単語を30個覚える」です。
 反発期でウォーミングアップが終わっているので、やりやすくなってきているはずです。
 さて、パターン化とは、「いつ、どこで、何を、どうする」かです。
 「いつ、どこで」は、通勤・通学前の自宅、朝の通勤・通学の移動中、近くのカフェ、昼休み、帰りの通勤・通学の移動中、帰宅後の自宅などの場所とタイミングがあるでしょう。どこでやるのがいいか、試してみましょう。何をどれぐらいやるかは、Aさんであれば40分間、30個英単語を覚えるという基準を設けました。

2.例外ルールをつくる
通常、上記の習慣行動ができなくなる時は、次のような場合が想定されます。
 朝、満員電車で座れない時、前日の疲労が残っている時、どうしてもやる気が湧かない時、土日で通勤・通学がない時です。
 これらの時にそれぞれどうするかを考えて行動し続けることです。
 満員電車:立ったまま5分でもいいからやる。
 疲労時:帰りの電車で40分やる、ないし朝5分だけやる。
 やる気が出ない時:1個でいいから覚えるためにとにかく電子辞書を開く
 土日:朝、15分だけ自宅で英単語学習をする。

3.継続スイッチをセットする
やる気を高めるために、1週間続いたら恋人と食事にいく、3週間続いたら欲しかった趣味の道具などご褒美を用意したり、SNSで学習を宣言して毎日の実践報告をして反応を糧に頑張るなど継続するための工夫を凝らすことが重要です。
 コラム2でご紹介した12のスイッチを参考に工夫してみてください。

良い例
ここでAさんは朝の電車で40分、30個の単語を覚えるという当初の目標までハードルを高めました。最初、朝早く起きられなかった日は、電車のラッシュ時間になり、学習がしづらいことが分かりました。この日は何とか、電子辞書を開くだけでもと実践しましたが、この日以来、ラッシュ時間を避けるようにしました。
 水曜日は予定が入り夜遅くなることが多く、翌朝の通勤時間は眠気との戦いです。この日は割り切って、帰りの電車で勉強するようにしました。
 土日は、朝、自宅で8時から40分間学習をしています。
 継続スイッチとして、SNSで1ヶ月英語学習チャレンジを宣言して発信しています。共にスタートした友人とお互いを励まし合いながら、学習を進めています。

ポイント
・40分、30個という目標はあるものの、目安程度にし、固執しすぎない。
・例外ルールを適応してでも、行動し続ける。
・例外を全て想定している。
・強制力を持ったやる気スイッチ(みんなに宣言、習慣ともだち)が良い。

ステップ3 倦怠期(22日目~30日目)

1.変化をつける
同じ教材を使った暗記学習を毎日やっていたとします。しかし、マンネリ化は必ずくるので、そのときは、別の教材を使ってみる、スピードを早めて40分で40個覚えてみる、書いて覚える機能を使って手を動かしてみるなど、変化をつけてみることです。  また、ツールからタイマーを起動して制限時間をセットするとゲーム性が増し緊張感が生まれます。
 マンネリ化しがちな学習に小さな変化を持ちましょう。

2.次の習慣化プランをつくる
移動学習は定着したので、次に、集中学習として自宅で学習する時間を30分取るなど、ライティングやスピーキングなどの学習のために時間を確保するのがおすすめです。
 英単語の学習が定着してきたら、移動学習をリスニングやリーディングに当ててもいいでしょう。
 あなたの目標に応じて学習内容は変えていってください。大切なことは、移動学習と集中学習の両方の習慣を身につけることです。

良い例
Aさんは、通常は「新TOEICRテスト完全攻略」を使って学んでいますが、マンネリ化を防ぐために、一週間に一回は日本語から英単語に訳して学習をするために和英辞書を使ったマーカーテストで暗記をしています。たった1日ですが、新鮮な気持ちで取り組めます。
 来月からの習慣化は、昼の時間に30分リスニングの勉強をすることに決めました。この倦怠期にプランをつくるとさらにやる気が上がりました。
 このようにしてAさんは、1ヶ月で英単語学習を習慣化していきました。

ポイント
・1週間に1回と決めて、リズム良く変化をつける工夫をしている。
・学習コンテンツを多様化させたのは効果的である。
次のプランとして集中学習を30分設定している。お昼の時間に設定することで、新しく学習時間を捻出する必要がない。

英語学習を続ける上でのアドバイス
1.学習の踊り場を覚悟する

TOEICRの点数や記憶している単語量が増えている実感が持てる時はモチベーションは高く保てます。
 しかし、英語学習の成果を見ていると、同じ学習をしていても当初より成長実感がないタイミングがやってきます。
 学習量と成果が直線的に右肩上がりで相関するわけではありません。
 この時に多くの人は、ガッカリして、「意味がないかもしれない」と学習をやめてしまいます。これが学習の踊り場です。しかし、この踊り場はあくまで一時的でこれを抜ければ新しく成長していく機会に恵まれます。
 この時期は、実力を貯めている時期だと思って、モチベーションを落とさないようにしてください。

2.骨太の理由を持つ

そのために、おすすめなのが骨太の理由を持つ事です。骨太の理由とは強い理由、目的です。例えば、「憧れの○○大学に入学する」「アメリカへの留学をする」「TOEICR800点取得を1年後までに達成する」「アメリカの支社に3年後赴任する」などです。一時的なモチベーションではなく、あなたがワクワクする目的、目標を作ってみてください。
 それが学習の踊り場でも継続するモチベーションになります。
それでは、英単語の学習の習慣化、頑張ってください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

トップへ戻る

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」プラグイン(無料)をインストールしてください。