光触媒脱臭フィルター

漂うニオイを逃さない。360°空間脱臭

円筒形状の脱臭フィルターが浮遊しているニオイをしっかり吸着。

漂うニオイを逃さない。360°空間脱臭

コンパクトサイズながら、広いフィルター面積を実現

円筒形状の新開発フィルターを採用。本体サイズは抑えながら、広いフィルター面積を確保しています。また、置いたその場で360°空間脱臭が可能なため、浮遊しているさまざまな生活臭を効率よく脱臭できます。

コンパクトサイズながら、広いフィルター面積を実現

空気中にただよう、様々な生活臭を脱臭

ニオイの元となる、さまざまな悪臭成分を分解・脱臭。ニオイに加え、有害ガスまで低減します。

  • ペット臭
    ペット臭
  • タバコ臭
    タバコ臭
  • 料理臭
    料理臭
  • 生ゴミ臭
    生ゴミ臭
  • 体臭
    体臭
  • カビ臭
    カビ臭
  • トイレ臭
    トイレ臭
  • アンモニア臭
    アンモニア臭
  • VOC
    VOC
  • NOx
    NOx
  • NOx
    SOx
  • ・タバコの有害物質(一酸化炭素等)はすべて除去できません。
  • ・常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。

光触媒で脱臭性能が続く

脱臭フィルターに吸着したニオイを光触媒が分解しながら脱臭するので、高い脱臭性能が持続します。

■脱臭性能の比較

フィルターのガス除去性能の比較

■メチルメルカプタン除去性能の比較

チルメルカプタン除去性能の比較

180分後に99%以上除去※2

  • ※21m³の試験空間で⽣ゴミや排せつ物に含まれるガス成分(メチルメルカプタン)の除去率を⽐較。当社調べ。部屋全体への除去性能とは異なります。

当社独自開発の光触媒採用

紫外光(UVランプなど)だけでなく可視光(青色)にも高効率で反応する当社独自開発の可視光応答型の光触媒を採用。

光が当たると、光触媒の表面に強力な酸化力を持つ活性種を生成し、フィルターに吸着したニオイや菌などの働きを抑制します。

光触媒技術採用
光触媒技術採用
光触媒がニオイを分解する仕組み

フィルターについたニオイは光触媒の化学反応によって、水や二酸化炭素に分解されて空気中に戻ります。

光触媒がニオイを分解する仕組み

①光触媒にLEDの光(青色) を当てると活性酸素(O₂⁻)とOHラジカル(·OH)が生成される。

光触媒がニオイを分解する仕組み

②活性酸素(O₂⁻)やOHラジカル(·OH)が光触媒に付着したニオイ成分の結合を分断。

光触媒がニオイを分解する仕組み

③水 (H₂O)や二酸化炭素(CO₂)などになって空気中に戻ります。

  • 写真、イラストはイメージです。
  • ※1タバコに含まれるガス成分(アセトアルデヒド)の24時間後の除去率を比較。初期状態に対して、約10年分(タバコ1日5本換算)の負荷を与えた後の除去性能が光触媒有りでは約94%、光触媒無しでは約61%であることを確認。使用状況により異なります。当社調べ。