お客様サポート

よくあるご質問

  • 前の画面に戻る
  • 印刷
  • 共有

回答

省エネモードの設定は、システム設定の「省エネルギー設定」画面で変更することができます。
下記の手順はMX-2650FNを例に記載しています。

※この操作には、管理者パスワードの入力が必要です。



操作ステップ

①ホーム画面の[設定]を押してください。

②[省エネルギー設定]を押してください。

ログイン画面が表示されますので、管理者パスワードを入力しログインしてください。
管理者ログインを実施するには、下記の参考情報を参照してください。

③「Eco設定」画面が表示されますので、必要な項目を設定し、[登録]を押してください。



NO.設定名設定値説明
(1)予熱モードの設定

例) 1分

予熱モードがはたらくまでの時間を1分単位で1~60分の範囲で設定します。ジョブ終了後、待機状態で設定した時間が経過すると予熱モードに入ります。必要に応じて予熱モード設定時のパネル表示をOFFにします。
(2)オートパワーシャットオフ

例) ON

操作していないときに操作パネルと定着部の電源をOFFにし、最も消費電力の低い状態で待機します。
(3)リモート終了後すぐにオートパワーシャットオフへ移行する例 )OFF待機状態のときに、パソコンなどからのプリント実行や、ファクス受信データの出力後、すぐにオートパワーシャットオフモードへ移行します。
(4)移行時間を固定する例) ONオートパワーシャットオフの移行時間を固定します。この機能を有効にすると、[移行時間を時間帯別で変更する]が無効になります。
(5)オートパワーシャットオフ設定例) 1分オートパワーシャットオフモードに移行する時間を設定します。
(6)移行時間を時間帯別で変更する例) OFFこの機能を有効にすると、[移行時間を固定する]が無効になります。

(自動の場合) ※「手動」がグレーアウトになります。
4週間分のジョブログから本機の使用状況を分析することで、各時間帯に合った最適なオートパワーシャットオフモードへの移行の管理をします。

(手動の場合) ※「自動」がグレーアウトになります。
以下の「省エネ設定」から選択することができます。
-省エネ設定-
1.「オリジナルEcoパターン1」
2.「オリジナルEcoパターン2」
3.「オリジナルEcoパターン3」
4.「オリジナルEcoパターン4」
5.「全て”省エネ優先2”」
6.「8:00~18:00"省エネ優先1"」
7.「8:00~18:00"ジョブ開始優先1"」
(7)スリープモード設定例) 省電力優先省電力優先か復帰時間優先かを選択します。省電力優先では、省電力となりますが、復帰には多少時間がかかります。復帰時間優先では、省電力優先と比べて、電力値は多少上がりますが、復帰時間が早くなります。

※設定値は初期設定ではありません。

関連キーワード

全般 / 省エネ / 省エネルギーモード / Eco設定 / 予熱モード / オートパワーシャットオフ / スリープモード / 設定 / システム設定

更新日:2019年07月19日

  • よくあるご質問トップへ戻る
  • 前の画面に戻る

このページのTOPへ