お客様サポート

よくあるご質問

  • 前の画面に戻る
  • 印刷
  • 共有

回答

受信したファクスをE-mailに添付して転送することができます。転送先は共有フォルダーやファクスも利用できます。
下記の手順はMX-2650FNを例に記載しています。


  • ●転送設定を「有効」にするには、管理者パスワードでログインする必要があります。
  • ●転送先や転送元の条件変更、転送したデータのファイル名変更など、さらに細かい設定をする場合は、ユーザーズマニュアル「ファクス」の「受信したデータを設定した送信先へ転送(受信データの転送設定)」を参照してください。

操作ステップ

ここでは、受信したファクス全てをアドレス帳に登録されているE-mailアドレスに転送する方法について説明します。

① ホーム画面の[設定]を押してください。

②「システム設定」画面が表示されますので、[ファクス/イメージ送信設定]を押してください。

③「ファクスイメージ/送信設定」画面が表示されますので、「受信データの転送/保存設定」を押してください。

以降では転送を行うために必要な、(Ⅰ)転送テーブルの作成(転送種別・転送先の設定)と(Ⅱ)転送機能を有効にする操作について説明します。

(Ⅰ)転送テーブルの作成(転送種別・転送先の設定)

転送する受信データの種類や転送先などをあらかじめ設定し、「転送テーブル」として登録します。

メニューリストを閉じると、設定画面を大きく表示することができます。

① [追加]を押してください。

② 「転送テーブルの登録」画面が表示されますので、「転送テーブル名」欄に登録用の名称(例:転送)を入力してください。

③「受信回線選択」欄の[ファクス]を押して、チェックマークをつけてください。
ファクス以外の受信回線がある場合は、複数のチェックボックスが表示されます。
ここでは、ファクスの例で説明します。

④ ページをスクロールし、「転送先1」の「転送条件」欄で[常に転送する]を押して、選択状態にしてください。

⑤ ページをさらにスクロールし、「転送先一覧」欄の[追加(アドレス帳から選択)]を押し、アドレス帳で転送先を選び、チェックマークをつけてください。
複数チェックすることも可能です。

転送したいE-Mailアドレスが登録されていない場合は、[追加(直接入力)]を押して、アドレスを入力してから[リストへ追加]を押してください。

転送したいE-mail アドレスを入力し、[リストへ追加]を押してください。

⑥ ページ最上部または最下部の[登録]を押してください。

⑦ 登録が完了すると、「受信データの転送設定」画面に転送テーブル名が表示されます。

「転送テーブル」に登録した転送先にファクスを転送するには、転送機能を「有効」に設定する必要があります。

(Ⅱ)転送機能を有効にする

①「ファクスイメージ/送信設定」画面の[受信データの転送/保存設定]を押してください。

②「受信データの転送設定」画面が表示されますので、メニューリストから[管理設定]を押して下さい。

③ ログイン画面が表示されますので、管理者パスワードを入力しログインしてください。
管理者でログインするには、下記の参考情報を参照してください。

④「管理設定」画面が表示されますので、「受信データの転送」欄を「有効」に設定してください。

⑤ ページ最上部または最下部の[登録]を押してください。

以上で設定完了です。
「受信データの転送設定」画面で、受信データの転送設定が「有効」になっており、作成した転送テーブルが[常に転送する]が選択状態になっていることを確認してください。

関連キーワード

ファクス / 自動転送 / 転送 / 受信データ / ファクスデータ / パソコン / 設定 / システム設定 / ファクス受信

更新日:2020年08月03日

  • よくあるご質問トップへ戻る
  • 前の画面に戻る

このページのTOPへ