お客様サポート

よくあるご質問

  • 前の画面に戻る
  • 印刷
  • 共有

回答

①本機とコンピュータは正しく接続されていますか?

コンピュータと本機のLANコネクターまたはUSBコネクターにケーブルが正しく接続されているか確認してください。ネットワークに接続しているときは、LANケーブルを接続しているハブ側でも確認してください。


②お使いのコンピュータと同じネットワーク環境(LANなど)に本機が接続されていますか?

お使いのコンピュータが接続されているネットワークに本機を接続してください。接続されているネットワークが不明なときは、ネットワーク管理者に問い合わせてください。


③IPアドレスは正しく設定されていますか?(Windows)

本機のIPアドレスが固定されていない場合(DHCP環境でお使いの場合など)、IPアドレスが変更されるとプリントできなくなります。本機のIPアドレスはシステム設定の「全設定リスト」をプリントして確認できますので、確認のうえIPアドレスが変更されている場合はプリンタドライバのポートを設定し直してください。
→システム設定 > 「データリストプリント」 > 「全設定リスト」
⇒ソフトウェアセットアップガイド
頻繁にIPアドレスが変更される場合は、IPアドレスを固定にしてお使いになることをお勧めします。
→システム設定(管理者) > 「ネットワーク設定」


④Standard TCP/IP Portで作成したプリンタポートを使用していませんか?(Windows 2000/XP/Server 2003/Vista)

OS標準のStandard TCP/IP Portで作成したポートを使用している場合、[SNMPステータスを有効にする]チェックボックスにチェックマークが入っていると、正しくプリントできない場合があります。[SNMPステータスを有効にする]チェックボックスのチェックマークをはずしてください。
⇒ソフトウェアセットアップガイド


⑤AppleTalkが使用可能になっていますか?(Macintosh)

Mac OS Xをお使いの場合は、[システム環境設定]の[ネットワーク]をクリックし、「表示」でEthernetを選択してください。[AppleTalk]タブをクリックし、[AppleTalk使用]チェックボックスにチェックマークが付いているか確認してください。
Mac OS 9.0~9.2.2をお使いの場合は、アップルメニューから[セレクタ]を開き、[使用]が選択されているか確認してください。[使用]が選択されていないと、プリントすることはできません。また、管理者に依頼して、システム設定(管理者)で「EtherTalk有効設定」が有効になっているかどうかも確認してください。(工場出荷時は有効に設定されてい
ます。)
→システム設定(管理者)> 「ネットワーク設定」 > 「EtherTalk有効設定」にチェックマークを入れる。


⑥AppleTalkの「経由先」が[Ethernet]になっていますか?(Mac OS 9.0~9.2.2)

[コントロールパネル]の[AppleTalk]を開き、「経由先」メニューで[Ethernet]が選択されているか確認してください。[Ethernet]が選択されていないとプリントすることはできません。


⑦コンピュータが不安定な状態になっていませんか?

アプリケーションソフトを多数起動しているときや、コンピュータのメモリーやハードディスクの空き容量が少なくなっているときなどは、プリントできない場合があります。コンピュータを再起動してください。


⑧プリントするアプリケーションソフトで、本機を正しく指定していますか?

アプリケーションソフトのプリント画面で本機のプリンタドライバが選択されているか確認してください。本機のプリンタドライバが表示されない場合は、正しくインストールできていない場合があります。プリンタドライバを削除後、再度インストールしてください。
⇒ソフトウェアセットアップガイド


⑨ネットワークを接続している装置類は正常に作動していますか?

ネットワークを接続しているルータなどの動作を確認してください。電源が入っていなかったり、エラー表示が出ている場合などは、機器に付属の取扱説明書を参照して問題を解決してください。


⑩I/Oタイムアウトの時間を短くしていませんか?

I/Oタイムアウト時間が短すぎると、プリンタへの書き込みエラーが発生することがあります。管理者に依頼して、「I/Oタイムアウト時間」で適切な時間を設定してください。
→システム設定(管理者) > 「プリンタ設定」 > 「インターフェース設定」 > 「I/Oタイムアウト時間」


⑪注意通告ページがプリントされていませんか?

指定したとおりのプリントが行えない場合で、かつその原因が操作パネルに表示されないときは、指定されたとおりにプリントが行えない原因を記載した注意通告ページがプリントされます。プリントされた内容をよく読んで対処してください。たとえば、次のような場合に注意通告ページがプリントされます。
? プリントデータが多くてメモリーに入りきらないとき
? 管理者によって禁止されている機能が指示されているとき
工場出荷時は注意通告ページはプリントしないように設定されています。


⑫管理者によって、機能の使用制限が設定されていませんか?

ユーザー認証設定時、ログインしているユーザーの設定によっては、使用できる機能が制限されていることがあります。管理者に問い合わせてください。

このページのTOPへ