ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-015885 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求

e-Signage S  <デジタルサイネージソフト>

オープン価格  

簡単操作でコンテンツ更新、運用性がさらにアップ。

e-Signage S

ダウンロード お客様サポート

ステップ運用

まずは、スタート画面を開いて「番組を編集」を選択します。

スタート画面

STEP1 番組作成・編集

素材となる動画や写真などを、どう配置するか考えながら画面全体のレイアウトを決めます。

  • e-Signage Sでは、配信するコンテンツを「番組」と呼びます。
完成イメージ
作成したい番組の
完成イメージ
画面イメージの枠を配置
完成イメージに基づいて
マウス操作で
画面イメージの枠を配置

レイアウトが決まったら、それぞれの表示枠にドラッグ&ドロップで素材を配置。文字情報をテロップで流すことも可能です。

操作はドラッグ&ドロップ

STEP2 タイムテーブル作成

STEP1で作成した番組を、一日のどの時間帯にどう表示するか、番組表を設定します。

1日の番組表

STEP3 スケジュール作成

STEP2で作成した1日のタイムテーブルを月ごと、シーズンごとに配置し、年間を通したスケジュールを作成します。平日と休日を分けることも可能です。

カレンダー

STEP4 配信

作成した番組をスケジュールに従って配信し、ディスプレイに表示します。

配信すれば完了

  • 動画で更に詳しく機能をチェック!

このページのTOPへ

スマート運用

「フォルダー連携機能」や「定期配信機能」を活用することで、サイネージに適した手順や操作で運用を行うことができます。


STEP1 フォルダー連携

①サイネージに映したいコンテンツを、フォルダーに格納します。



②各コンテンツを表示する時間や、次のコンテンツに切り替える際のエフェクト効果の設定などを行います。



③番組を作成します。

[コンテンツを全画面に表示する場合]
作成したコンテンツをフォルダーに格納し、ディスプレイに配信するだけで運用を始められます。



[1画面に複数のコンテンツを同時に表示する場合]
それぞれの表示枠ごとにフォルダーを配置して番組を作成します。
(フォルダーごとに編集権限を設定できるので、複数の管理者が分担して同時に編集することも可能です。)



STEP2 配信

④ディスプレイに番組を配信します。

[定期配信]
設定した曜日/時刻になると、フォルダー内の変更内容を定期的に配信します。その都度、配信操作を行う必要がありません。

[スケジュール配信]
サイネージの内容を時間帯や曜日によって変える場合には、カレンダー上にフォルダーや番組を割り付け、スケジュールを作成します。

指定日時にディスプレイへコンテンツが配信されます。

更新時 コンテンツ差し替え

フォルダー内のコンテンツ更新は、e-Signage Sの画面だけではなく、パソコンのエクスプローラー画面でも行えます。
「定期配信機能」を使えば、フォルダー内の変更内容を定期的に配信するので、個々に配信操作を行う必要がありません。


  • 動画で更に詳しく機能をチェック!

このページのTOPへ

その他の便利な機能

レイアウトフリー枠

動画やHTML、サイネージパーツなどをドラッグ&ドロップで自由に配置。簡単なマウス操作だけで表示枠やテロップの拡大・縮小、表示位置の移動が行えます。

  • 素材となる動画や写真、HTMLデータなどのコンテンツは、あらかじめご用意ください。
番組編集画面

エフェクト効果

静止画を切り替える際、ワイプや引き伸ばし、スライドイン、スライドアウト、回転ワイプなど、エフェクト効果を加えて多彩に表示可能。静止画だけのコンテンツでも、楽しく、豊かに演出できます。

サイネージパーツ機能

「天気予報」「時計」「RSS」、Twitterのつぶやきをリアルタイムに表示する「SNSメッセージ」など、有益な情報発信に役立つ5つのパーツ機能を搭載しています。

〈天気予報〉
天気予報
〈SNSメッセージ〉
SNSメッセージ

8K・4Kコンテンツ/マルチディスプレイ対応

最大99,999×99,999の解像度に対応し、8K・4Kコンテンツや大画面マルチディスプレイへの表示も可能です。

条件付きコンテンツ

同じコンテンツを配信した場合でも、日時や曜日、配信先などの指定した条件に従って再生する内容を変更することができます。

<表示可能コンテンツ>

  • プレーヤー(Windows OS)の場合。
拡張子コンテンツタイプ別途必要なソフトウェア
.avi .mpeg .mpg .wmv .asf .mov .mp4動画Microsoft® Windows Media® Player
.htm .htmlHTMLMicrosoft® Internet Explorer®
.tlpテロップなし
.wav .mp3 .au .aif .aiff .wma .mid .midi .mov .mp4音声Microsoft® Windows Media® Player
.exe実行ファイルなし
.jpeg .jpg .gif .png .bmp静止画なし
.anc .dgi .erc .twt .whrサイネージパーツコンテンツファイルなし
  • 搭載OSでの動作が表明されていないコーデックやソフトについては導入前にご確認をお願いします。

状態監視機能

遠隔地でもディスプレイの状態や表示番組を、リストかサムネイルで確認できます。また、遠隔地からの再起動も可能です。

状態監視画面
状態監視画面
  • e-Signage S スタンドアロン版は対応していません。

臨時番組※1/緊急テロップ配信※2

タイムスケジュールを変更せずに臨時番組を表示。災害発生などの緊急情報も即時テロップで流せます※3

緊急テロップ
  • ※1e-Signage S スタンドアロン版は対応していません。
  • ※2e-Signage S ネットワーク版、e-Signage S スタンドアロン版は対応していません。
  • ※3あらかじめプレーヤー側で、緊急テロップの表示位置の設定が必要です。

マルチユーザー機能

管理用PC上のアプリケーションをマルチユーザーで操作可能。各種データの作成・編集・管理が行えるため、複雑なサイネージも分担管理で効率良く運用できます。

  • e-Signage S Pro版、e-Signage S ネットワーク版、e-Signage S スタンドアロン版は対応していません。

入力切換/電源制御機能

ディスプレイの入力切換・電源制御や、パソコンの電源制御が行えます。

入力切換/電源制御機能
電源ON
入力①に切り換え
入力②に切り換え
電源OFF

キー/マウス連携ツール

キーボードやマウス操作で表示コンテンツを変更できます。

  • あらかじめ切り替え用の番組の作成と準備登録が必要です。
〈ファンクションキーにコンテンツ再生を設定した場合〉
ファンクションキーにコンテンツ再生を設定した場合
コンテンツ①を再生
コンテンツ②を再生
コンテンツ③を再生

このページのTOPへ

ご購入前ご相談窓口

フリーダイヤル 0120-015885 月曜日~金曜日(9:00~17:00)土曜日・日曜日・祝日など弊社休日を除く

  • Webでお問い合わせ
  • 資料請求

お客様サポート

  • ダウンロード
  • よくある質問
  • 保守・サービス