SHARP
ホームに戻る
サイトマップGlobal 検索
製品を安全に正しくお使いいただくために

図1

電源プラグが"ぐらぐら"していませんか

  • 電源プラグの差し込み方が不完全ですと、プラグが外れかかって、コンセントやプラグが発熱し、発火する危険があります。
ひとくちメモ電源プラグはコンセントにきっちり差し込んでください。

図2

電源プラグが汚れていませんか

  • 長期間差し込んだままのプラグには、ほこりなどが付着して発煙・発火の原因になります。
  • 定期的にコンセントから抜いて掃除してください。
ひとくちメモ
  • 乾いた布でほこりを除いてください。
  • コンセントやプラグの両刃の間が変色している時は、販売店に修理を依頼してください。

図3

電源プラグを濡れた手で扱っていませんか

  • 炊事や洗濯で濡れた手のままで、電源プラグを抜き差ししたり、スイッチを操作すると感電する危険があります。
ひとくちメモ手をよく拭いてから使用する習慣をつけましょう。

図4

電源コードが家具などの下敷きになっていませんか

  • 電源コードをカーペットや家具、製品などの下に敷くと、コードに傷がついたり、熱がこもり、発火する危険があります。
ひとくちメモ電源コードの上に物を置いたり、敷物などの下に入れないでください。

図5

電源プラグを抜くときに、電源コードを引っ張っていませんか

  • 電源コードをカーペットや家具、製品などの下に敷くと、コードに傷がついたり、熱がこもり、発火する危険があります。
ひとくちメモ必ず、プラグをしっかりもって抜くようにしましょう。

図6

電源コードを束ねて使用していませんか

  • 電源コードを束ねると、放熱が妨げられて、発熱・発火する危険があります。
ひとくちメモ使用するときは、必ず電源コードを伸ばしてください。

図7

タコ足配線になっていませんか。

  • コンセントやテーブルタップにたくさんの器具をつなぐタコ足配線は、定格電流を超える恐れがあり、発熱して発火する危険があります。
ひとくちメモ定格電流を超えた使用は、しないでください。

図8

電源コードを壁や床に固定していませんか

  • コードをステップルや釘、針金などで固定することは、やめましょう。
  • 使っているうちに固定した部分の皮膜が破れて、漏電や発火の原因になります。

サイトポリシー COPYRIGHT