サポート・お問い合わせ  空気清浄機お手入れ・ユニット交換

加湿フィルター、トレーのお手入れ お手入れ時期の目安:1カ月に1回程度

対象機種:KC-A70KC-A50

【!】お手入れ時は、必ず運転を停止し、差込プラグをコンセントから抜いてください。

本体やフィルターのお手入れに、次のものは使わないでください。
(表面を傷めたり、内部(精密部)に液が浸透すると故障の原因になります。)

  • シンナー/ベンジン/アルコール
  • オーブンクリーナー/クレンザー/漂白剤
  • 柑橘系由来成分含有洗剤(リモネンなど)
  • 住宅・家具用合成洗剤(アルカリ性)
  • スプレー式洗剤/金属タワシ

フィルターお手入れランプの点灯にかかわらず、こまめに加湿フィルターやトレーなどを水洗いすると、ミネラル成分が付着しにくくなり、ニオイの発生を抑えることができます。

  1. 【手順1】
    差し込みプラグを抜いてから
    トレーを取りはずします。
    少し持ち上げ、引き出してください。
  2. 【手順2】
    加湿フィルター
    水洗いします。
    トレー
    トレーフタをはずして水洗いします。

    フロートやローラーは取り外さないでください。
    (水漏れ・故障の原因)

    加湿フィルターは、トレーに入れたままシンクへ持っていってください。

    分解しないで洗ってください。

    水あかや白い固まりが取れにくい場合のお手入れ。

    トレーの水は、定期的に捨ててください。(カビや雑菌の繁殖のおそれ、悪臭の原因)

    水あかが取れにくい場合のお手入れ。

  3. 【手順3】
    お手入れ後、
    逆の手順で本体に
    元通りに取り付けます。
    加湿フィルターはグレー面が本体正面です

    トレーフタはしっかり取り付けてください。

    加湿フィルターは前後を正しく取り付けてください。

  4. 【お手入れ後】
    差込プラグをコンセントに差し込み、運転を開始して、切タイマーボタンを3秒以上長押しする。
    (フィルターお手入れランプ消灯)

    お手入れ後は、フィルターお手入れランプが点灯していなくても、切タイマーボタンを3秒以上押してください。
    (次のお手入れ時期を約1カ月後(1日24時間運転した場合)にお知らせします)

汚れのひどいとき、ニオイが気になるとき

水や加湿フィルター/トレー/トレーフタに赤色や黄色、白色の汚れなどがつくことがありますが、水道水中のミネラルや鉄分であり、異常ではありません。

症状 水あかが取れにくい・ニオイがする 白い固まりが取れにくい
用意するもの 台所用合成洗剤(粉末) 重曹 クエン酸
(薬局・薬店でお求めになれます。)
使用量 使用する洗剤に記載の使用量でご使用ください。 水1Lあたり約60g
(大さじ4杯)
水またはぬるま湯
(約40℃以下)
1Lあたり約6g
(大さじ1/3杯)
洗いかた
つけ置き洗いをする。
つけ置き時間 約30~60分 約30分 約2時間
つけ置き洗い後 洗剤・重曹・クエン酸が残らないよう、十分に水ですすぐ。
【ご注意】
  • 指定以外の洗剤を使用しますと、変形・変色・割れ(水もれ)の原因になります。
  • すすぎが不十分ですと、洗剤やクエン酸のニオイ・本体の変形・変色の原因になります。
  • 水あかや白い固まりが残ったまま使用しますと、水もれの原因になります。
  • フロート・ローラーは取りはずさないでください。