• このページは、ES-W112を中心にご説明しています。

3省エネ 7つのセンサーでかしこく省エネ

7つのセンサーが洗濯状況に合わせて、自動で最適な運転パターンを選択。電気や水のムダを省いた運転をします。

3省エネ
夜間や早朝でも安心、低騒音設計

高速回転時でも運転音を抑えるDDインバーターを搭載。夜や早朝でも安心してお洗濯できます。

グラフ
プラズマクラスターでいつでも清潔!

はじめに洗濯槽を水で洗い流し、その後プラズマクラスターイオンを放出し、ドラム内部のカビ菌の繁殖を抑えます。※2

水で洗えない衣類をスピーディに除菌※3・消臭※b※4します。

乾燥時の静電気を抑えて※5“パチッ”とこない仕上がりを実現しました。

はじめに洗濯槽を水で洗い流し、その後プラズマクラスターイオンを放出し、ドラム内部のカビ菌の繁殖を抑えます。※2

水で洗えない衣類をスピーディに除菌※3・消臭※b※4します。

乾燥時の静電気を抑えて※5“パチッ”とこない仕上がりを実現しました。

  • ※a衣類の量、素材(綿、化繊、化繊混紡)、厚さ、織り方、組み合わせにより、運転時間が前後します。
  • ※b衣類のサイズや種類、ニオイの種類や強さによっては十分に消臭できないことがあります。
  • ※1ES-ZH1、洗濯〜乾燥6kg。ES-W112、洗濯~乾燥6kg。【電気代】新電力料金目安単価27円/kWh(税込)。家電公取協調べ、2017年6月現在。
  • ※2●試験機関:(一財)日本食品分析センター ● 試験成績書発行番号:12088215001-01、12090477001-01 ● 試験方法:密閉洗濯機内に設置したカビ付着布の菌糸発育状態を確認 ● カビ抑制方法:プラズマクラスターによる ● 対象部分:ドラムおよびヒートポンプユニット ●試験結果:カビ菌発育の抑制を確認 ● イオン濃度:ドラム中央部:約600,000個/cm3、ヒートポンプユニット:約25,000個/cm3
  • ※3● 試験機関:(一財)日本食品分析センター ● 試験成績書発行番号:14097569001-01 ● 試験方法:当社にて運転させた密閉ドラム内における菌付着試験布の菌の減少率を測定 ● 除菌方法:プラズマクラスターによる ● 対象部分:ドラム内の衣類 ● 試験結果:10分で99%以上抑制 ● イオン濃度:約600,000個/cm3(ドラム中央部)。
  • ※4● 試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 ● 試験成績書発行番号:E0112000786、E0112000728-1 ● 試験方法:当社にてあらかじめ汗臭を付着させ、消臭コースで運転した試験布を6段階臭気強度表示法に準拠して評価 ● 試験結果:5分運転後除去率90%以上、30分運転後除去率99%以上 ● イオン濃度:約600,000個/cm3(ドラム中央部)。
  • ※5乾燥時、化繊100%の衣類の静電気量を当社2014年度モデルES-V600(ヒーター乾燥、プラズマクラスター送風なし)に比べ約57%低減(乾燥2kg時)。当社調べ。
  • 写真・イラストはイメージです。