• このページは、ES-W113を中心にご説明しています。

乾燥 縮みや乾きムラが少なく心地よい肌触り

乾燥 縮みや乾きムラが少なく心地よい肌触り

※国内で販売するドラム式洗濯乾燥機において。ヒートポンプとヒーターのハイブリッド乾燥方式。2015年8月27日発売ES-Z210。

天日干しよりふんわり

ハイブリッド乾燥方式

※国内で販売するドラム式洗濯乾燥機において。ヒートポンプとヒーターのハイブリッド乾燥方式。2015年8月27日発売ES-Z210。

天日干しよりふんわり

業界初のヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド乾燥方式により、省エネ※1でふんわりあたたかな仕上がりを実現しました。さらに乾燥中もプラズマクラスターを放出。省エネ※1・心地よさを実現する乾燥方式です。

ハイブリッド乾燥方式 イメージ
ハイブリッド乾燥方式 ぽかぽか・おひさま乾燥のしくみ
多くの女性が心地良いと評価!

ふんわり感やカラッと感など、乾燥の仕上がりを調査。従来モデルと比較して96%の女性に「ぽかぽか・おひさま乾燥」が心地よいと評価されました。

プラズマクラスター・ハンガー消臭

プラズマクラスターで衣類も洗濯槽も除菌※5※6 。清潔・快適なお洗濯!

衣類の除菌※5※6・消臭※b※7・花粉ケア※8、乾燥時の静電気抑制や洗濯槽のお掃除として活躍します。

除菌・消臭

頻繁に洗えない衣類や水で洗えないものもプラズマクラスターで除菌※5※6・消臭※b※7します。

乾燥で除菌 汗臭
除菌 ブーツの臭い

花粉ケア

衣類についた花粉を落としやすくします。※8

花粉ケア

静電気抑制

乾燥時の静電気を減らして※10“パチッ”を抑えます。

静電気抑制

洗濯槽のカビ菌抑制

洗濯槽をボタン1つで水で洗い流し、プラズマクラスターイオンを放出。内部のカビ菌の繁殖を抑えます。※9

洗濯槽のカビ菌抑制
面倒なアイロンがけが、楽に 「シワ抑え」乾燥コース

大風量の温風を衣類に吹きかけてシワを伸ばしながら乾燥します。約50℃の低温風だから衣類にもやさしい。

2.洗濯・乾燥ごとに自動でホコリをとるのでキレイな状態が続く 乾燥フィルター自動お掃除

※国内で販売するドラム式洗濯乾燥機において。2018年11月29日発売ES-W111。

※乾燥フィルターはメインとサブの2種類で構成されています。メインの乾燥フィルターを自動でお掃除します。

ドラム式洗濯乾燥機の悩みを解決!

動画で見る 乾燥フィルター自動お掃除

  • ※a衣類の量、素材(綿、化繊、化繊混紡)、厚さ、織り方、組み合わせにより、仕上がりが異なります。
  • ※b衣類のサイズや種類、ニオイの種類や強さによっては十分に消臭できないことがあります。
  • ※c当社実験による。衣類の量、素材によって仕上がりが異なります。
  • ※dシワ抑え乾燥コース:ES-W113・洗濯〜乾燥0.5kg時。標準コース:ES-W113・洗濯〜乾燥3kg時。
  • ※1洗濯~乾燥6kg:消費電力量600Wh。(数値は日本電機工業会自主基準による)。
  • ※2洗濯~乾燥2kg時。
  • ※3被験者(成人女性N=25)の主観評価の結果[SD法(感覚を数字で表す測定法)]。2014年ES-Z200はヒートポンプ乾燥。当社調べ。
  • ※4 ES-W113と同等性能機種。
  • ※5● 除菌方法:プラズマクラスターによる● 試験機関:(一財)日本食品分析センター ● 試験成績書発行番号:10094959001-01 ● 試験方法:当社にて除菌・消臭コースを運転させた密閉ドラム内における菌付着試験布の菌の減少率を測定 ● 対象部分:ドラム内の衣類 ● 試験結果:10分で99%以上抑制 ● イオン濃度:約600,000個/cm3(ドラム中央部)。
  • ※6● 除菌方法:プラズマクラスターおよび洗濯~乾燥運転による ● 試験機関:(一財)日本食品分析センター ● 試験成績書発行番号:15048303001-0101、15048303003-0101 ● 試験方法:菌を付着させた試験布を当社にて洗濯~乾燥運転させた際の菌の減少率を測定(洗濯~乾燥運転3㎏) ● 対象部分:ドラム内の衣類 ● 試験結果:洗濯~乾燥運転で菌を99%以上抑制 ● イオン濃度:約600,000個/cm3(ドラム中央部)。
  • ※7● 試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構 ● 試験成績書発行番号:E0112000786、E0112000790-1 ● 試験方法:当社にてあらかじめ汗臭を付着させ、消臭コースで運転した試験布を6段階臭気強度表示法に準拠して評価 ● 試験結果:5分運転後除去率90%以上、30分運転後除去率99%以上 ● イオン濃度:約300,000個/cm3(ドラム中央部)。
  • ※8当社実験による。あらかじめ花粉を付着させた化繊混紡の試験布を、それぞれ除菌・消臭コース(ES-W113/WS13)、消臭コース(ES-W112/G112/H10E)およびハンガー消臭コース(ES-PW11E/TX8E)で運転後、花粉リリース性試験に準拠して評価を実施。30分運転後の花粉減少率:ES-W113/W112:91%(ES-WS13/G112は同仕様)、ES-H10E:98%、ES-PW11E:92%(ES-PW10E/PW8E/PX8Eは同仕様)、ES-TX8E:93%。
  • ※9● 試験機関:(一財)日本食品分析センター ● 試験成績書発行番号:14026599001-01 ● 試験方法:密閉洗濯機内に設置したカビ付着布の菌糸発育状態を確認 ● カビ抑制方法:プラズマクラスターによる ● 対象部分:ドラム ●試験結果:カビ菌発育の抑制を確認 ● イオン濃度:ドラム中央部:約300,000個/cm3
  • ※10乾燥時、化繊100%の衣類の静電気量を当社2014年度モデルES-V600(ヒーター乾燥、プラズマクラスター送風なし)に比べ約57%低減(乾燥2kg時)ES-W113/W112/WS13/G112:8.50kV、ES-V600:19.98kV。当社調べ。
  • 写真・イラストはイメージです。