SHARP

まとめてコピーする機能

複数の原稿を1枚にまとめてコピー(ページ集約)

複数ページの原稿を1枚の用紙に均等に割り付けてコピーします。
1枚の用紙に原稿2枚分を割り付ける2ページ、4枚分を割り付ける4ページ、8枚分を割り付ける8ページのいずれかを選択します。
ページ数の多い資料をコンパクトにまとめたり、全ページを一覧したいときに便利です。

2ページまとめてコピーする 4ページまとめてコピーする
表紙を入れたい場合は、表紙設定をすることで、表紙だけを1ページに割り付けし、2ページ目からページを集約して割り付けます。

原稿をセットする

原稿を原稿自動送り装置の原稿セット台、または原稿台(ガラス面)にセットします。
原稿自動送り装置
原稿台(ガラス面)
原稿台(ガラス面)を使って複数枚の原稿を読み込む場合は、原稿を入れ替えて[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップします

[ページ集約]キーをタップする

コピーモードについて
[原稿]キーをタップして原稿の向きを指定することで、原稿の向きを正しく認識します。
原稿の向きを指定する

集約したい原稿の枚数と、レイアウトが表示されているキーをタップする

用紙方向と割り付ける画像の方向は、必要に応じて回転してコピーします。
設定を完了する場合は、手順7に進みます。

より詳細な設定をする場合は、[詳細]キーをタップしてノーマルモードに切り替える

コピーする

[他の機能]キーをタップして[ページ集約]キーをタップする

[境界線]をタップして、境界線を選択する

割り付けたページ間に線を入れることができます。
設定が終わったら[OK]キーをタップします。
  • ページ集約の設定を解除するには
  • [Off]キーをタップします。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、コピーを開始する

見開きページを1ページずつコピー(1セット2コピー)

原稿の左右半分を順番にコピーします。本などの見開き原稿を1ページずつ順番にコピーするときに便利です。
本などの見開き原稿の左右ページをコピーする場合
本などの見開き原稿は2ページに分割されてコピーされます。

  • 1セット2コピーは、原稿を読み込む前に設定します。
  • 本などの見開き原稿をコピーしたときにできる周囲の影を消すために、枠消去と組み合わせてコピーすると便利です。 ただし、センター消去と組み合わせて使用できません。
  • 両面原稿、画像の向き:横との組み合わせはできません。
1セット2コピーをシンプルコピーで行うときは
設定(管理者)の[システム設定]→[共通設定]→[操作設定]→[シンプルモード設定]→[シンプルコピー]で設定します。

[詳細]キーをタップしてノーマルモードに切り替える

シンプルモード

[他の機能]キーをタップして[1セット2コピー]キーをタップする

アイコンにチェックが付きます。
設定が終わったら[OK]キーをタップします。
1セット2コピーを設定すると、自動的にA4またはB5サイズの用紙を選択します。 別のトレイにある用紙を使用したい場合は、[用紙選択]キーをタップして表示する用紙トレイ選択画面から、使用したい用紙が入っているトレイを選択します。
コピーする用紙トレイの選択
1セット2コピーの設定を解除するには
[1セット2コピー]キーをタップしてチェックを外します。

原稿を原稿台(ガラス面)にセットする

原稿台(ガラス面)
すべての設定を解除するときは
[リセット]キーをタップします。

[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、コピーを開始する

カードの表裏を1枚にまとめてコピー(カードスキャン)

各種カードの表と裏を別々の用紙にコピーすることなく1枚の用紙に並べてコピーします。
お客様の証明用コピーなどを効率的にコピーでき、用紙の節約にもつながります。

カードスキャンをシンプルコピーで行うときは
設定(管理者)の[システム設定]→[共通設定]→[操作設定]→[シンプルモード設定]→[シンプルコピー]で設定します。

カードスキャンで使用する用紙を設定する

コピーする用紙トレイの選択」を参照して、用紙を設定します。
シンプルモードのときは、[カードスキャン]をタップして、手順4へ進んでください。

[詳細]キーをタップしてノーマルモードに切り替える

シンプルモード

[他の機能]キーをタップして[カードスキャン]キーをタップする

[On]キーをタップして、必要に応じて原稿のサイズを設定する

設定が終わったら[OK]、[戻る]キーの順にタップします。
  • 原稿のX(横)、Y(縦)方向それぞれのサイズを示す数値表示部をタップして、数字キー(10キー)でサイズを入力します。
  • 画像が欠ける場合は、少し大きめにサイズを入力してください。
  • 数字キー(10キー)で希望の数値を設定後、微調整が必要なときはをタップすると手早く設定できます。
  • [用紙サイズに合わせる]のチェックボックスをにすると、セットした原稿を入力した原稿サイズに合わせて適切な倍率で拡大、縮小します。
カードスキャンの設定を解除するには
[Off]キーをタップします。

カードの表面を下にして原稿台(ガラス面)にセットし、[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップする

原稿台(ガラス面)
画像が欠ける場合は、原稿を内側にずらしてセットしてください。

カードの裏面を下にして原稿台(ガラス面)にセットし、[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、裏面を読み込む

  • 追加で読み込むときにコピーの設定を変更できません。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[読み込み終了]キーをタップし、コピーを開始する

同じ画像を1枚の用紙にリピートしてコピー(リピートレイアウト)

1枚の用紙に同一の原稿画像を繰り返し配置してコピーします。
設定できるリピートの方法は次の3種類です。

リピート方法 説明

自動リピート

基本画面で設定した原稿サイズ、用紙サイズ、コピー倍率に応じて、1枚の用紙に収まる最大のリピート数を自動で算出しでコピーします。

定型リピート

1枚の用紙に収めたいリピート数と原稿サイズ、用紙サイズを指定すると、コピー倍率を自動で算出してコピーします。

写真リピート

写真サイズの原稿の倍率を変えずに、A4またはA3の用紙に繰り返しコピーします。使用できる原稿サイズは、以下の5種類です。

  • E/Lサイズ、はがき(148×105mm)
  • 70×100mmまでの名刺サイズ
  • 57×95mmまでの名刺サイズ ※ 縮小率が95%になります。
  • パノラマ写真
  • 証明写真サイズ(65×70mm)
  • リピートレイアウトはシンプルモードでは設定できません。
  • リピートレイアウトは、原稿を読み込む前に設定します。
  • 定型リピートで自動算出したコピー倍率が、25%~400%(原稿台(ガラス面)使用時)または25%~200%(原稿自動送り装置使用時)の範囲を超えるときはエラーになります。リピート面数を選択し直します。
  • 写真リピートの原稿は、必ず原稿台(ガラス面)にセットしてください。
  • リピートレイアウトとステープル/パンチ、中とじステープルとの組み合わせは可能です。
  • 混載原稿モード、両面コピーとの組み合わせはできません。
  • 写真リピートと画像の向きの組み合わせはできません。

リピート数を自動計算してコピーする(自動リピート)

原稿をセットする

原稿を原稿自動送り装置の原稿セット台、または原稿台(ガラス面)にセットします。
原稿自動送り装置
原稿台(ガラス面)

[詳細]キーをタップしてノーマルモードに切り替える

シンプルモード

[他の機能]キーをタップして[リピートレイアウト]キーをタップする

[自動リピート]キーをタップする

自動計算されたリピート面数を確認する

必要があれば[原稿]キー、[用紙選択]キー、[倍率]キーをタップし、原稿サイズ、用紙サイズ、コピー倍率を選択し直します。
原稿の向き・サイズの指定
倍率の手動選択
コピーする用紙トレイの選択
リピート面数が1以上になるように設定します。

[配置方法]キーをタップする

[連続配置]キーまたは[均等配置]キーをタップし、[OK]キーをタップします。

リピート仕切り線を設定する

設定が終わったら[OK]キーをタップします。
  • 自動リピートの設定を解除するには
  • [Off]キーをタップします。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、コピーを開始する

リピート数を指定してコピーする(定型リピート)

リピート数を自動計算してコピーする(自動リピート)」の手順1から手順3を行う

[定型リピート]キーをタップする

[原稿]キー、[用紙選択]キーをタップし、原稿サイズ、用紙サイズを選択する

原稿の向き・サイズの指定
コピーする用紙トレイの選択

[リピート面数]をタップし、リピート数を選択する

設定が終わったら[OK]キーをタップします。
自動計算された結果が、倍率に表示されます。
自動算出した倍率が、25%~400%(原稿台(ガラス面)使用時)または25%~200%(原稿自動送り装置使用時)の範囲を超えるときはエラーになります。

[配置方法]キーをタップする

[連続配置]キーまたは[均等配置]キーをタップし、[OK]キーをタップします。

リピート仕切り線を設定する

設定が終わったら[OK]キーをタップします。
  • 定型リピートの設定を解除するには
  • [Off]キーをタップします。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、コピーを開始する

写真サイズの原稿を等倍でリピートする(写真リピート)

リピート数を自動計算してコピーする(自動リピート)」の手順1から手順3を行う

[写真リピート]キーをタップする

原稿台(ガラス面)に原稿をセットする

[原稿]キーをタップし、原稿サイズを選択する

原稿サイズのキーをタップすると、「原稿の置き方」に原稿のセット方向を表示します。表示された置き方に合わせて原稿をセットします。
設定が終わったら[OK]キーをタップします。

[用紙選択]キーをタップし、用紙サイズを選択する

設定が終わったら[OK]、[戻る]キーの順にタップします。 自動計算された結果が、倍率に表示されます。
[原稿]画面で[57×95mmまで(名刺サイズ)]キーをタップした場合に選べる用紙サイズは、A4のみです。
  • 写真リピートの設定を解除するには
  • [Off]キーをタップします。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[カラースタート]キーまたは[白黒スタート]キーをタップして、コピーを開始する

名刺をまとめてコピー(名刺コピー)

名刺コピーは、1枚の用紙に最大8枚の名刺をコピーすることができます。
名刺の一覧を作成したいときや、名刺をまとめてファイリングしたいときなどで使用します。
1枚レイアウト、2枚レイアウト、8枚レイアウト

  • 名刺コピーはシンプルモードでは設定できません。
  • BP-40C26/BP-40C36/BP-50C45/BP-50C55/BP-50C65/BP-60C26/BP-60C31/BP-60C36の場合、自動原稿送り装置からの名刺コピーは使用できません。

[詳細]キーをタップしてノーマルモードに切り替える

シンプルモード

名刺をセットし、名刺コピーで使用する用紙を設定する。

コピーする用紙トレイの選択」を参照して、用紙を設定します。

[他の機能]キーをタップして[名刺コピー]キーをタップする

名刺コピーの設定を行う

  1. コピーしたい名刺の枚数に合わせて、[1枚レイアウト]キー、[2枚レイアウト]キー、[8枚レイアウト]キーをタッチする
  2. [8枚レイアウト]を選択したときは、「レイアウト」から設定したいレイアウトを選択する
    • 設定が終わったら[OK]、[戻る]キーの順でタップします
  • 名刺コピーの設定を解除するには
  • [Off]キーをタップします。
  • すべての設定を解除するときは
  • [リセット]キーをタップします。

[スタート]キーをタップして、コピーを開始する

倍率は100%に固定されます。

8枚レイアウトのコピー結果について

原稿(原稿セット方向) 設定 コピー結果

Version 04a / bp70c65_usr_04a_ja

↑ページ上部へ