クローズアップ

プラズマクラスター技術で、レタスの成長促進効果を実証 人気の水耕栽培にもプラズマクラスターのチカラ 簡単なキットを使って、室内のわずかなスペースで始められる野菜の水耕栽培。天気や害虫の影響を受けやすい土耕栽培に比べて、管理や手間がラクなこと、そして農薬などを使わず安心して育てられることが人気の秘密です。今では観葉植物といったインテリア感覚で、野菜の栽培を楽しむ人も増えています。
            そんな水耕栽培で育てられる野菜のひとつが、葉物のレタスです。このレタスをサンプルに、プラズマクラスター[あり]と[なし]で成長を測定。結果、プラズマクラスター[あり]の方が、よりレタスが成長したことが確認できました。

プラズマクラスター技術で、レタスの成長促進効果を実証

人気の水耕栽培にもプラズマクラスターのチカラ

簡単なキットを使って、室内のわずかなスペースで始められる野菜の水耕栽培。天気や害虫の影響を受けやすい土耕栽培に比べて、管理や手間がラクなこと、そして農薬などを使わず安心して育てられることが人気の秘密です。今では観葉植物といったインテリア感覚で、野菜の栽培を楽しむ人も増えています。 そんな水耕栽培で育てられる野菜のひとつが、葉物のレタスです。このレタスをサンプルに、プラズマクラスター[あり]と[なし]で成長を測定。結果、プラズマクラスター[あり]の方が、よりレタスが成長したことが確認できました。

目に見えて分かる、レタスの成長促進効果

次の写真をご覧ください。プラズマクラスター[あり]とプラズマクラスター[なし]で成長した、レタスの栽培29日目の比較です。明らかに、プラズマクラスター[あり]の方が、レタスがしっかりと成長したことが分かります。

  • プラズマクラスターあり
  • プラズマクラスターなし
プラズマクラスターあり
栽培29日目
プラズマクラスターなし
栽培29日目
栽培29日目

水耕栽培のレタスの成長を促進する効果を検証

プラズマクラスターの成長促進効果はレタスの葉にも根にも見られ、また新鮮重量(レタスそのものの重さとレタスが吸収した水の重さの合計)と乾燥重量(レタスを乾燥させて、吸収した水を取り除いたあとの重量)も有意に増加したことが分かりました。

試験データ

●試験依頼先:静岡大学学術院農学領域 応用生物科学専攻 植物機能生理学研究室
●試験方法:プラズマクラスターイオンを放出した家庭用水耕栽培器内でレタスを栽培し、25日後の生育量(葉数、最大葉長、最大根長、及びそれらの新鮮重量と乾燥重量)を測定。
■試験結果:プラズマクラスター処理のレタスでは葉数、最大葉長、最大根長が有意に増加。また、地上部、地下部ともに新鮮重量及び乾燥重量も有意に増加した。

  • 水耕液中の細菌増殖
  • プラズマクラスターあり/プラズマクラスターなし
  • プラズマクラスターあり/プラズマクラスターなし
  • 栽培器内の様子
  • プラズマクラスターあり/プラズマクラスターなし
●本サイトに掲載している写真やイラストの一部はイメージです。