Windows版 SPDL2-c/PS/PPDドライバー

インストール方法

お客様の環境にあったインストール方法を選択してください。

標準的なインストール方法

 

その他のインストール方法

ネットワーク接続

 

PS、PPDドライバーを使用する場合

 

IPPポートを使用する場合

ネットワーク接続   PS、PPDドライバーを使用する   IPPポートを使用
推奨の標準インストール複合機とパソコンをネットワーク接続して使用する時の最も標準的なインストールです。   PostScriptで印刷する場合に使用します。
PostScript(PS)は、DTPなどで広く使用されているページ記述言語です。特にPostScriptフォントを使用したデータを印刷するのに適しています。
  IPP(Internet Printing Protocol)を使用すると、インターネット経由で遠隔地の複合機に印刷できます。 インターネットを経由するためセキュリティに十分配慮する必要があります。SSLを使用すると、印刷データを暗号化して送信するため、第三者によるデータの盗難や改ざんを防止できます。

関連する内容

  • 複合機のIPアドレスの確認方法
    複合機のIPアドレスや複合機とパソコンのネットワーク接続を確認する方法
  • インストール後の設定
    給紙トレイやフィニッシャーをプリンタードライバーに設定する方法
    通常は、インストールの中で自動的に設定されます。
  • テスト印刷
    パソコンから正常に印刷ができるか、テスト印刷する方法
    通常は、インストールの中でテスト印刷します。

対象機種名

デジタルフルカラー
複合機
BP-20C25 / DX-20C20 / MX-2630FN / MX-2631 / MX-2650FN / MX-2650FV /
MX-2661 / MX-3150FN / MX-3150FV / MX-3161 / MX-3630FN / MX-3631 /
MX-3650FN / MX-3650FV / MX-3661 / MX-4150FN / MX-4150FV / MX-4151 /
MX-4170FN / MX-4170FV / MX-4171 / MX-5150FN / MX-5150FV / MX-5151 /
MX-5170FN / MX-5170FV / MX-5171 / MX-6150FN / MX-6150FV / MX-6151 /
MX-6170FN / MX-6170FV / MX-6171 / MX-C305W / MX-C306W
デジタル複合機 AR-B350W / MX-B455W / MX-M4070 / MX-M5070 / MX-M6070 / MX-M6570 /
MX-M7570