お客様サポート

よくあるご質問

  • 前の画面に戻る
  • 印刷
  • 共有

質問

TeleOffcieにスキャンした文書を送りたい。 (FAQ No.01693)

回答

複合機の「TeleOffice connector」で「TeleOffice」に接続後、原稿をスキャンして、「TeleOffice」内にアップロードすることができます。また、下記の手順はMX-2661を例に記載しています。

  • ●機種によりアプリケーション通信キットのオプションを装備する必要があります。
    詳しくは製品情報をご覧ください。
  • ●初めてご利用になられる場合は、担当セールスにおたずねください。




事前準備

複合機で「TeleOffice」を利用するには、あらかじめ、複合機側に「TeleOffice Connector」をインストールしておく必要があります。 詳しくは下記の参考情報を参照してください。




TeleOfficeに接続する

1. ホーム画面で[TeleOffice Connector]をタップします。
※ ボタンが無い場合はページを右にスクロールしてください。

2. TeleOffice Connectorに接続するとユーザー認証画面が表示されますので、各項目を入力して[OK]をタップします。

◎ 入力例

  • ①ユーザーID:「sample001」
  • ②パスワード:「・・・・・」
  • ③サーバー名:「sample.co.jp」※
  • ※サーバー名については、あらかじめ登録しておくことができます。詳しくこちらをご確認ください。

3. 「あなたは登録されていない端末からTeleOfficeにアクセスしています。~」の画面が表示されましたら、[登録コードを持っている]をタップします。

◎ メモ

登録コードを持っていない場合は[登録コードをEメールで受け取る]をタップするか、管理者にお問い合わせください。[登録コードをEメールで受け取る]をタップした場合は登録されたEメールアドレスに登録コードが送られます。

4. 「管理者から通知された登録コードを入力して[登録してログインする]をクリックしてください。~」の画面が表示されますので、[登録コード]を入力して[登録してログインする]をタップします。

登録コードの例)abc12345678

5. 接続に成功しますとTeleOffice Connectorの操作画面が表示されます。

これで、TeleOfficeに接続することができました。次に原稿をスキャンしてTeleOffice内にアップロードします。




アップロードする

原稿をセットする方法として、「原稿自動送り装置にセットする場合」と「原稿台(ガラス面)にセットする場合」の2つの方法があります。

【アップロード時のファイル容量制限について】
アップロードするファイルの容量制限は、複合機の「送信データ上限値設定 (FTP/デスクトップ/共有フォルダー)」の値、もしくは、送信枚数300ページ/fileになります。また、「TeleOffice」の上限(100MB/file)のいずれかによって制限されます。複合機の「送信データ上限値設定 (FTP/デスクトップ/共有フォルダー)」を設定するには以下の補足3-「アップロード時のファイル容量の設定について」-をご覧ください。




原稿自動送り装置に原稿をセットする場合

1. 原稿をセットします。

2. TeleOffice Connectorの操作画面で[スタート]をタップします。

ファイル名の例)image_20190305_154230

◎ 保存先について

●マイコンテンツと開始時刻が「前日」、「当日」、「翌日」に設定された会議が表示されます。会議が終了してから24時間以上経過したものは表示されません。(会議名の例:「今日の会議」)
●TeleOfficeの保存場所については補足2-TeleOfficeの保存場所について-をご覧ください。

しばらくすると「送信しました。」の画面が表示されます。

これで、TeleOffice内にスキャンしたデータをアップロードすることができました。




原稿台(ガラス面)に原稿をセットする場合

1. 原稿をセットします。

2. TeleOffice Connectorの操作画面で[スタート]をタップします。

ファイル名の例)image_20190305_154230

◎ 保存先について

●マイコンテンツと開始時刻が「前日」、「当日」、「翌日」に設定された会議が表示されます。会議が終了してから24時間以上経過したものは表示されません。(会議名の例:「今日の会議」)
●TeleOfficeの保存場所については補足2-TeleOfficeの保存場所について-をご覧ください。

3. 原稿を読み込みましたら、「次の原稿をセットして[スタート]を押してください。原稿を読み込みます。」と表示されますので、次の原稿がある場合は原稿を入れ替えて[スタート]をタップします。次の原稿が無い場合は[読み込み終了]をタップします。

しばらくすると「送信しました。」の画面が表示されます。

これで、TeleOffice内ににスキャンしたデータをアップロードすることができました。




補足1: 別のアカウントでログインする

1. TeleOffice Connectorの操作画面で右上のボタンをタップします。

2. 「別のアカウントでログインする場合は[OK]を押してください。」のダイアログが表示されますので[OK]をタップします。

3. ログイン画面が表示されますので、別のアカウントでログインします。




補足2: TeleOfficeの保存場所について

TeleOffice Connectorで指定した保存先にアップロードしたファイルはTeleOffice内では下記の場所に保存されます。
例として、マイコンテンツに保存された場合と会議名が「今日の会議」に保存された場合を記載いたします。

◎操作方法についてはTeleOfficeのマニュアルをご覧ください。




補足3:「アップロード時のファイル容量の設定について」

アップロード時のファイル容量を設定することができます。


1. ホーム画面の[設定]をタップします。

2. 「システム設定」画面が表示されますので、[ファクス/イメージ送信設定]をタップします。

3. 「ファクス/イメージ送信設定」画面が表示されますので、[スキャナー設定]をタップします。

4. 「スキャナー設定」画面が表示されますので、[基本設定]をタップしてページを下にスクロールします。

5. [送信データ上限値設定(FTP/デスクトップ/共有フォルダー]をタップします。

設定例)無制限

6. メニューリストから任意の設定値を選択後、登録します。

関連キーワード

コネクター / Connector / box / Dropbox / Teleoffice / クラウド / アップロード / upload / ファイル

各製品のよくあるご質問トップに戻る

MX-2631 / MX-2661 / MX-3161 / MX-3631 / MX-3661 / MX-4151 / MX-4171 / MX-5151 / MX-5171 / MX-6151 / MX-6171 / MX-C305W / MX-C306W

更新日:2019年07月19日

  • よくあるご質問トップへ戻る
  • 前の画面に戻る

このページのTOPへ