可視光応答型光触媒

メインビジュアル

光触媒とは

光触媒は、光が当たると表面に強い酸化力が発生し、接触するニオイ成分や有害物質などを酸化分解する物質です。タバコやペット、トイレなどの気になる生活臭を低減するほか、付着する雑菌やウイルスの作用を抑制します。※1

特長

シャープの光触媒は、紫外線だけでなく波長約480nmまでの可視光にも反応。太陽光が届かない屋内や夜間でも、屋内照明下で光触媒効果が得られます。

 

屋外・屋内でも効果を発揮

メカニズム

光触媒が光を吸収すると、空気中の水や酸素と反応し、活性酸素(O₂⁻や·OH)を生成。活性酸素は強力な酸化力を持つので、接触したニオイ成分は結合を分断され、水や二酸化炭素などになって、空気中に戻ります。

 
1

光触媒は光を受けると活性酸素(O₂⁻や·OH)を生成。

2

活性酸素は光触媒表面近傍のニオイ成分の結合を分断。

3

ニオイ成分は水(H₂O)や二酸化炭素(CO₂)などになって空気中に戻る。

製品ラインアップ

  • 写真、イラストはイメージです。
  • ※1すべてのニオイ・菌・ウイルスに効果があるわけではありません。ニオイ・菌・ウイルスの種類や対象物の素材、明るさなどの使用環境により効果は異なります。JIS基準に基づく試験環境での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。