SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

日本観光開発株式会社さま

PDF:1.1MB

デジタルサイネージでサービスエリアのお奨め品をPR
LAN経由でコンテンツを配信でき、更新の手間が軽減
業種

ショップ

導入の目的

業務効率化、経費削減、サービス向上

導入製品
  • インフォメーションディスプレイ
    ・PN-Y496(49V型)×2台
    ・PN-Y436(43V型)×5台
    ・コンテンツ配信ソフトウェア「e-Signage 楽々配信くん」

サービスエリアの店舗エントランスやショップ天井、レストランのエントランスに、天吊りやイーゼルスタンド使用で設置。2018年5月導入。
販売:株式会社西堀さま

導入先
日本観光開発株式会社さま 滋賀県/草津市(本社)

1960年設立。生活創造サービス企業で、南グループさまの中核会社。高速道路の休憩施設の運営や、レストラン・ゴルフ場経営、物品販売などを行われる。
養老サービスエリア上り線(本物件)/岐阜県

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

当サービスエリアでは、ショップのお奨め商品やレストランの人気メニューをポスターで掲出していましたが、スペース不足でたくさん貼りだせず、手間もかかるため頻繁に更新できませんでした。また混雑時やしっかり見ていただける訴求力も充分ではありませんでした。

導入後の変化
  • デジタルサイネージの導入で、ショップやレストランのお奨め情報を映像・画像でアピール。
  • 天吊りやスタンド使用など、場所や用途に合わせて縦横両方のスタイルで省スペース設置できます。
  • 「e-Signage 楽々配信くん」を用い、LAN経由でコンテンツを配信できるので、更新作業の手間が軽減。

お客様の声

導入の背景

ポスターでは充分に伝えきれないショップ等のお奨め情報をサイネージで発信。

当サービスエリアでは、ショップのお奨め商品やレストランの人気メニューなどをポスターでPRしていましたが、掲出場所が限られてたくさん貼り出せず、商品をアピールしきれなかったり、貼り替えの手間がかかりタイムリーにお伝えしたりすることが困難でした。また、混雑時にもしっかり見ていただく時間がなく充分に伝えられなかったため、効果的に情報発信できるツールが求められました。

日本観光開発株式会社養老サービスエリア 上り
レストラン養老 支配人 辻晋司さま

選ばれた理由

自社レストラン等で多数導入し好評価。
LAN経由でコンテンツを自在に更新可能。

シャープのディスプレイは、これまで当社のレストラン等で多数導入しており、実績と信頼感がありました。通行の妨げにならない天吊り設置や、スタンド設置など、用途に合わせて縦横両方のスタイルで使える点も便利です。また、メディアプレーヤー内蔵タイプのため表示用PCが不要。コンテンツ配信ソフトウェア「e-Signage 楽々配信くん」を使うと、LAN経由で表示する映像や画像を自由に設定・変更できたり、表示スケジュールをあらかじめ予約できたりできる点も評価できました。

ショップに天吊りで設置して、お奨めのお土産物をアピール

導入後の効果

人気のお土産品をディスプレイでアピール。
レストランの集客にも役立っています。

お客さまの動線から視界に入りやすい位置に、7台のディスプレイを設置。店内の様々な場所で、人気のお土産品の画像をスライドショーで見やすく多数表示して、アピールできるようになりました。動線から離れた場所にあるレストランの人気メニューも動きのある映像で目立つように映せるので、集客に役立っています。また、表示するコンテンツは「e-Signage楽々配信くん」で手間をかけずに簡単に随時差し替えられるため、作業の効率化にもつながっています。

レストラン入口でスタンドを使って設置し、人気メニューをご紹介

フードコートの券売機の前に設置してメニューを表示

今後の展望

海外の観光客に向けて外国語の表示も検討中。
静止画とアナウンス音声で誘導にも活用したい。

省スペースで多数のコンテンツを映せるようになったことから、海外の観光客に向けた外国語表記のコンテンツの表示も今後検討したいと考えています。また音声も流せることから、フードコート前に設置したサイネージで、食券購入前の座席の確保を促すアナウンスを流すようにして、これまで券売機前に配置していたスタッフを減らすなど、人員配置の最適化にも役立てたいと思います。

e-Signage楽々配信くんを使って表示コンテンツを配信

2019年9月制作

導入製品「ディスプレイ/デジタルサイネージ」について

さまざまなロケーションで、最大限の情報発信力を。マルチで、単体で、空間と調和する。シャープのディスプレイシリーズ。