サポート・お問い合わせ  冷蔵庫

よくあるご質問一覧

「冷蔵庫」の「ドア」に関するよくあるご質問・・・

1.ドアをあけるともう片方のドアも少し開く
ドア間は磁石の入ったドアパッキンで密閉しているため、開けたドアに影響されてもう片方のドアも開くことがありますが、故障ではありません
特に、夏場はドアパッキン同士がくっつきやすくなっています。その場合は、湿らせた柔らかい布でドアパッキンを拭き様子をみてください。
2.左右のドアの高さが違う
床の状態や食品の重みなどによって、設置後にドアが下がることがあります。
次の手順で調節してください。

【~2014年製】

  • ベースカバーをはずす。
  • 調節脚を床に付くまで回し水平になるように調整する。
    • 左ドアが下がっているとき
      左側の調節脚を回して下げる。
    • 右ドアが下がっているとき
      右側の調節脚を回して下げる。
  • ベースカバーの突起(左右)を本体の穴(左右)に差し込む。
②の調整でも直らないときは、丈夫な板(厚み2~3mmを目安に)を敷いて調整してください。

【2015年製~】

  • ベースカバーをはずす。
  • 最下段のドアを引き出す。
  • マイナスドライバーなどで調整脚の軸を回す。
    • 左ドアが下がっているとき
      左側の調節脚を回して下げる。
    • 右ドアが下がっているとき
      右側の調節脚を回して下げる。
  • ベースカバーの突起(左右)を本体の穴(左右)に差し込む。
調節脚の軸が見える範囲で回しても直らないときは、丈夫な板(厚み2~3mmを目安に)を敷いて調整してください。
3.どっちもドアの片方の開閉が重い
床の状態や食品の重みなどによって、どっちもドアの開閉が重くなることがあります。
次の手順で調節してください。

【~2014年製】

  • ベースカバーをはずす。
  • 調節脚を床に付くまで回し水平になるように調整する。
    • 左ドアが下がっているとき
      左側の調節脚を回して下げる。
    • 右ドアが下がっているとき
      右側の調節脚を回して下げる。
  • ベースカバーの突起(左右)を本体の穴(左右)に差し込む。
②の調整でも直らないときは、丈夫な板(厚み2~3mmを目安に)を敷いて調整してください。

【2015年製~】

  • ベースカバーをはずす。
  • 最下段のドアを引き出す。
  • マイナスドライバーなどで調整脚の軸を回す。
    • 左ドアが下がっているとき
      左側の調節脚を回して下げる。
    • 右ドアが下がっているとき
      右側の調節脚を回して下げる。
  • ベースカバーの突起(左右)を本体の穴(左右)に差し込む。
調節脚の軸が見える範囲で回しても直らないときは、丈夫な板(厚み2~3mmを目安に)を敷いて調整してください。
4.冷蔵室ドアを閉めるときに大きな音がする

オートクローズ機構(ドアと本体の距離が約10㎝になると自動でドアが閉まるしくみ)により、ドアが勢いよく閉まることがあります。その際、ドアポケットに収納されている食品やビン類が触れ合い、大きな音がしますが故障ではありません

5.ドアの開閉が重い
冷蔵庫が後ろに傾いていると、ドアの開閉が重くなります。
冷蔵庫後側と床の間に板(広めのもの)などを敷いて調整してください
他方ドアが少し開閉する場合、反対のドアを開け、ドアパッキンをご確認ください
6.ドアが開けにくい

ドアパッキンにべたついた汚れなどが付着すると、ドアが開きにくくなる場合があります。
ぬるま湯、またはうすめた中性洗剤(食器用洗剤)を使い柔らかい布でよくふき取り、その後、乾いた布で拭き取ると解消する場合があります。

7.ドアが閉めにくい

はみ出した食品、市販のポケットや整理ケースが棚に当たっているとドアが閉めにくくなる場合があります。
ドア側の食品、市販のポケットなどの状態を確認してください。

上記を確認しても解決しない場合は、【 サポート お問い合わせ】のページをご確認ください。