サポート・お問い合わせ  BDレコーダー・プレーヤー/4Kレコーダー

ハードディスクからDVDへダビングするときの確認ポイントと操作方法

ハードディスクから、DVDディスクにダビングするときの確認ポイントと操作方法をご案内します。

BDへのダビングについては、お使いのBDレコーダーの取扱説明書をご確認ください。

取扱説明書のダウンロードはこちら

また、動画(ビジュアルガイド)にて「内蔵ハードディスクからBDディスクへのダビング方法」を動画でご案内しています。

1.DVDディスクの準備をしましょう

  • ダビングに使用できるDVDディスクは、「DVD-RW」(繰り返し録画用)または「DVD-R」(1回だけ録画用)です。
  • 必ず「for VIDEO」「for General」「録画用」のいずれかの表記のあるDVDディスクをお求めください。
  • デジタル放送を録画した番組をダビングするときは、「CPRM対応」の記載のあるDVDディスクをお求めください。

【ダビングに使えるDVDディスク】

DVDを購入する際は、必ず「for VIDEO」、「for General」、「録画用」のいずれかの表記のあるDVDをお求めください。

【ダビングに使えないDVDディスク】

DVD+RW、DVD+R、DVD-RAMは録画に使えません。DVDをご購入のまえに必ずご確認ください。

2.ディスクの初期化をおこないましょう

  • DVDディスクを初めて使用するときには、ディスクの初期化(フォーマット)が必要です。
  • 初期化(フォーマット)の方式には、用途に合わせて「VRフォーマット」「ビデオフォーマット」の2種類があります。
  • デジタル放送を録画したタイトルをダビングするには、必ず「VRフォーマット」で初期化してください。

VRフォーマット

  • デジタル放送の録画番組やビデオカメラで撮影した映像などをダビングできます。
  • VRフォーマットに対応した機器でのみ再生が可能です。

ビデオフォーマット

  • ビデオカメラで撮影した映像などデジタル放送以外の映像をダビングできます。
    (デジタル放送を録画したタイトルは、ダビングできません)
  • 他のDVDレコーダーやDVDプレーヤー全般で再生が可能です。

【新品ディスクを挿入したときの動作】

◆DVD-RW

  • 自動的にVR フォーマットで初期化されます。
  • ビデオフォーマットでご使用になるときは、自動的にVRフォーマットで初期化された後再度「初期化」の操作が必要です。
【DVD-RW】「VRフォーマット」で使うとき:自動的にVRフォーマットで初期化されます。「ビデオフォーマット」で使うとき:ビデオフォーマットで再度初期化します

◆DVD-R

  • VR フォーマットでご使用になるときは、「初期化」の操作が必要です。
  • ビデオフォーマットでご使用になるときは、初期化の操作は必要ありません。そのままお使いいただけます。
【DVD-R】「VRフォーマット」で使うとき:VRフォーマットで初期化します。「ビデオフォーマット」で使うとき:初期化の操作はしません。

操作方法や動作は、機種により異なる場合があります。くわしくは、取扱説明書の「初期化」のページをご覧ください。

取扱説明書のダウンロードはこちら

「ディスクの初期化ができない」「ディスクを読み込みできない」などの場合は?

故障診断ナビでは、該当する症状から、解決方法をご案内します。
故障と診断された場合は、修理金額の目安をご確認いただけます。
そのままネットから、修理のお申し込みをすることも可能です。
お困り解決!!【故障診断ナビ】故障判定の場合、そのまま修理お申し込み

3.ダビングの操作をおこないましょう

ハードディスクから、DVDディスクへのダビング操作をおこないます。

【ダビングの操作手順(例)】

1:ホーム画面を表示させます。2「ダビング」を選んで決定します。3:「HDD」を選んで決定します。4:ダビング先を選んで決定します。⇒「放送番組」の「HDD⇒BD/DVD」を選んで決定を押す。5:ダビングしたいタイトルを選びます。○つのタイトルを選ぶとき、カーソルボタン(上下左右)で選び、決定を押す。●複数のタイトルを一度にダビングしたいとき、カーソルボタン(上下左右)で選び、黄色ボタン(複数選択)を押す。選び終わったら、決定を押す。6:自動調整の確認画面で「次に進む」で決定します。7:「すぐにダビング」を選んで決定します。⇒ダビングが始まり、終了すると自動停止します。

操作方法は、機種により異なる場合があります。くわしくは、取扱説明書の「ダビング」のページをご覧ください。

取扱説明書のダウンロードはこちら

4.ファイナライズをおこないましょう

ダビングしたDVD ディスクを、他の機器で再生できるようにするためには、ファイナライズという操作が必要です。
(ダビングしたレコーダーでのみDVDディスクを再生する場合は、ファイナライズの必要はありません。)

【ファイナライズの操作手順(例)】

1:ファイナライズしたいディスクを挿入します。2ホーム画面を表示させます。3:「設定」を選んで決定します。「ディスク管理」-「BD/DVD」を選んで決定します。4:「ファイナライズ実行」を選んで決定します。5:「する」を選んで決定します。ファイナライズが完了すると放送画面に戻ります。

操作方法は、機種により異なる場合があります。くわしくは、取扱説明書の「ファイナライズ」のページをご覧ください。

取扱説明書のダウンロードはこちら

ご注意

【DVDディスクについて】

  • ディスクによっては本機との相性により、性能を十分に発揮できない(使用できない)場合がありますので、弊社で確認済みの推奨ディスクの使用をおすすめします。推奨ディスクについては 取扱説明書 にてご確認ください。
  • DVD-RW/DVD-Rのディスクでも、機種やディスクのバージョンにより一部制限がある場合があります。くわしくは、使用可能なDVDディスクの種類について をご確認ください。

【ディスクの初期化について】

  • 初期化をすると「タイトル保護設定」をされたものを含めて、それまでに記録された番組がすべて消去されます。内容をよくご確認の上、初期化してください。
  • ビデオフォーマットで記録されたDVD-Rディスクは初期化できません。また、VRフォーマットに初期化したDVD-Rディスクをビデオフォーマットに初期化し直すことはできません。

【ダビングの操作について】

  • DVDディスクには、ハイビジョン画質のままダビングする事はできません。録画画質変換ダビングとなります。
  • DVDディスクには、高速ダビングはおこなえません。ダビングにかかる時間は、1倍速(再生時間と同じ)となります。

【ファイナライズについて】

  • ファイナライズ中は、電源を切る、ディスクを取り出すなど全ての操作ができなくなります。このとき電源プラグをコンセントから抜かないでください。(ディスクが使えなくなる場合があります)
  • DVD-Rディスクはファイナライズすると、再生専用ディスクとなり、タイトルの変更、追加ダビングやファイナライズの解除はできません。
  • ダビングしたDVDディスクを他の機器で再生する場合、再生する側の機器が本機と同じディスクの種類や録画方式(フォーマット)に対応していないと、再生できない場合があります。

その他の注意事項については、お使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

取扱説明書のダウンロードはこちら