サポート・お問い合わせ  エアコン

室外機の確認

室外機がお客様で確認可能な場所に設置されている場合、下記の内容をご確認ください。

  • 室外機のアルミフィンに、木の葉、紙、ペットの毛などのゴミがつまっていませんか?
    アルミフィンに木の葉、紙、ペットの毛などがつまると能力が低下して冷えが弱くなります。
    場合によっては、保護装置がはたらき、動作しなくなることもあります。

    エアコンの電源を切ってから、室内機の電源プラグを抜き、ゴミなどを取りのぞいてください。

    注意!
    • 室外機がお客様で確認できない場所に設置されている場合は、修理相談センターにご相談ください。
    • お手入れのためのスペースがない場合でも、室外機は移動しないでください。お客様自身で室外機を移動した場合、故障や感電の原因となる場合があります。
      お手入れのスペースがない場合などは修理相談センターへご相談ください。
    • アルミフィンを掃除される場合、手を傷つけないように十分にご注意ください。
      (アルミフィンに直接、手をふれないでください)
  • 室外機の吹出口や吸込口の周りをふさいでいませんか?
    吹出口や吸込口の周りに壁や障害物があると放熱できず、冷えが悪くなります。
    障害物などで周りをふさいでいる場合は、とりのぞいて、十分に放熱できるスペースをあけてください。

    室外機

    やむをえず吸込口および吹出口に壁などの障害物がある場所に室外機を据え付ける場合は、上記のように少なくとも2方向を解放するようにしてください。 ただし、その場合には冷暖房能力および消費電力は10%程度悪化する場合があります。

    注意!

    放熱のためのスペースがない場合でも、室外機は移動しないでください。
    お客様自身で室外機を移動した場合、故障や感電の原因となる場合があります。
    放熱のためのスペースがない場合などは修理相談センターへご依頼ください。