サポート・お問い合わせ

コールセンターからのアドバイス

冷蔵庫 上手な使い方

チルドケース

チルドケースの形状は機種により異なります。

下記記載の温度は、周囲温度30℃、温度調節「中」または「通常」で、食品を入れずにドアを閉じ、温度が安定したときの目安温度です。
(ご使用時、ドアの開閉などにより温度は変動します。)

チルドケースは、約0~2℃、発酵食品・練製品・加工品・生鮮食品を入れましょう
チルドとは、食品が凍り始める直前の温度帯のことです。

※ 一般の冷蔵保存よりも熟成や発酵を遅らせるので、鮮度が長持ちするため生鮮食品・発酵食品・練り製品・乳製品などの保存に適します。

チルドケースの保存について

  • チルドに向かないもの

    • ビールの長期保存(濁ることがあります)
    • 水分が多い食品(凍ることがあります)
  • 水気の多い食品は・・・

    • 吹出口付近や小物ケースに水気の多い食品は置かないようにしましょう。
      冷気の吹出口付近や小物ケース内は温度が低くなることがあり、水気の多い食品は凍りやすくなります。
    • 食品のつめ込みすぎなどに気をつけましょう。
      冷気の吹出口や吸込口を食品などでふさいでしまうと、冷蔵庫内の冷えが悪くなります。
 部 : 吹出口

※ 吹出口などの位置は、機種により異なります。
くわしくは、お使いの冷蔵庫の取扱説明書をご覧ください。

取扱説明書ダウンロードは、こちら

冷蔵庫内、冷気の吹出口

保存のコツ・こんな使い方

≪サラダ、トマト≪サラダ用の野菜をパリッとさせる ≫

氷水のかわりにチルドケースで冷やしておくと、水との接触がないので、ビタミンCも逃げにくくパリッとした味わいが楽しめます。

≪完熟トマトはチルド保存≫

野菜や果実は、通常、チルドケースの保存には向きませんが、完熟トマトの場合はチルドケースに入れると、熟成を遅らせることができるので長持ちします。