サポート・お問い合わせ

コールセンターからのアドバイス

液晶テレビ お手入れ

キャビネットのお手入れ

キャビネットの汚れは、柔らかい布(綿・ネルなど)で軽くふきとってください。

※ 硬い布でふいたり、強くこすったりすると、キャビネットの表面に傷がつきますので、ご注意ください。

キャビネットの場所

汚れがひどいときは

汚れがひどいときは、水で薄めた中性洗剤にひたした柔らかい布(綿・ネルなど)を固くしぼったもので、ふきとり、その後、柔らかい乾いた布で乾ぶきしてください。

化学雑巾(シートタイプのウエット・ドライのものも含む)などは使わないでください。
本体キャビネットの成分が変質したり、ひび割れなどの原因となる場合があります。

ベンジンやシンナーなどの揮発性の強い成分を含んだものは使わないでください。
キャビネットにはプラスチックが多く使われています。 ベンジン、シンナーなどでふいたりしますと変質したり、塗料がはげることがありますので避けてください。

※ 殺虫剤など、揮発性のものをかけないでください。
また、ゴムやビニール製品などを長時間接触させたままにしないでください。
プラスチック素材が変質したり、塗料がはげるなどの原因となります。

テレビ背面の通風孔などにホコリが付着したときのお手入れ

通風孔などに付着したホコリやゴミは、掃除機でこまめに吸い取りましょう。

※ 通風孔や内部にホコリがたまったまま使用すると、故障の原因となることがあります。

お手入れの際には、
本体を倒さないように注意しましょう。