ご購入前ご相談窓口

Webでお問い合わせ/お見積依頼/資料請求

技術・品質情報

アドバンストTFT液晶

アウトドア(明るい場所)では鮮明に見えるHR-TFT液晶「スーパーモバイル液晶」も、そのままではインドア(暗い場所)で視認性が悪くなります。 そこでシャープは、明るい使用環境下ではHR-TFT液晶の機能を有し、暗い環境下ではバックライト内蔵透過型液晶として機能する、独自のマルチシーンディスプレイ 「アドバンストTFT液晶」を開発。いつでもどこでもオールラウンドで使用できるディスプレイです。さらに従来のアドバンストTFT液晶の他に新しく「高透過アドバンストTFT液晶」 「高反射アドバンストTFT液晶」を開発し、用途に応じて選択できるように取り揃えております。

●高透過アドバンストTFT・高反射アドバンストTFTの位置付け

 

外光下で高い視認性と高画質を実現(高透過アドバンストTFT液晶)

  • 外光下で高い視認性と高画質を実現(高透過アドバンストTFT液晶)透過型の表示部はそのままで、透過表示に関係しない領域に反射部を設置。これによって、半透過タイプでありながら透過型に近い透過率と画質を実現。 さらに、外光下での高い視認性を可能にしました。屋内用途重視で屋外でも使用される製品に適しています。

 

 

反射型に近い反射率で視認性と省電力を実現(高反射アドバンストTFT液晶)

  • 外光下で高い視認性と高画質を実現(高透過アドバンストTFT液晶)反射表示部の割合を多くし、透過型表示に関係しない部分も反射電極にすることで外光利用効率を高め、反射型に近い反射率を実現しました。 これによってバックライトの使用時間を減らすことができるうえ、バックライトがOFFでも視認性に優れ、屋外用途重視で省電力性能を要求される製品に適しています。

 

 

透過型液晶とHR-TFT液晶、アドバンストTFT液晶の構造比較

透過型液晶とHR-TFT液晶、アドバンストTFT液晶の構造比較 透過型液晶とHR-TFT液晶、アドバンストTFT液晶の構造比較
透過型液晶とHR-TFT液晶、アドバンストTFT液晶の構造比較

 

      

このページのTOPへ