加湿

乾燥が気になる季節ものどやお肌に
うるおい、たっぷり加湿

乾燥が気になる季節に、最大加湿量750mL/h(「強」運転時)のパワフルな加湿を実現。しかも、1日24時間使い続けても気にならない電気代です。

お肌にうるおい、たっぷり加湿イメージ
少ない電気代のイメージ
  • 無線アダプターを「起動」していないときの電気代を新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で算出。

キレイな水で加湿できる、
Ag⁺イオンカートリッジ

タンクのキャップに簡単装着できる「Ag⁺イオンカートリッジ」で、タンクやトレーのぬめりやニオイの原因となる水中の菌を抑制※1。1年に1回の交換でキレイが続きます。

  • 加湿空気清浄運転で1日当たり2.5Lを使用した場合の目安。水質・使用頻度により交換時期が早まる場合があります。また、実使用環境での実証結果ではありません。
Ag⁺イオンカートリッジ

10年交換不要でいつも清潔、
抗菌※2・防カビ※3加湿フィルター

加湿をしていない時は加湿フィルターが水につからない位置で停止し、送風で乾燥されるため清潔です。

  • 定格加湿能力に対し、加湿能力が50%に落ちるまでの時間。加湿空気清浄運転を1日8時間した場合の目安です。使用状況や洗い方によっては、寿命が早まることがあります。定期的(1ヶ月に1回程度)にフィルターのお手入れが必要です。 水質など使用環境によっては、早めにお手入れをしていただくことをおすすめします。

清潔加湿ローター方式加湿構造

清潔加湿 ローター方式加湿構造
  • このページに掲載している写真、イラストはイメージです。
  • ※1●試験機関:(一財)日本食品分析センター(試験番号12085530001-01)●試験方法:日本電機工業会 自主基準(HD-133)の性能評価試験にて実施。●試験対象:水中の1種類の菌■試験結果:24時間で99%以上抑制。KI/KCシリーズに搭載のAg⁺イオンカートリッジで実施。
  • ※2●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:統一試験方法JIS Z2801●抗菌方法:フィルターに抗菌剤を含浸。■試験結果:99%以上抗菌。
  • ※3●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:統一試験方法JIS Z2911 カビ抵抗性試験●防カビ方法:フィルターに防カビ剤を含浸。■試験結果:菌糸の発育が認められない。/防カビ性有り。

[加湿空気清浄機について]

  • 加湿フィルターで水が気化する時に吸い込んだ空気の熱が奪われるため、吹き出す風の温度は室温より低くなります。
  • タンクの水は必ず水道水をお使いください。井戸水や浄水器などの水を使用すると、雑菌が繁殖しやすくなります。
  • 加湿量は日本電機工業会の規格(JEM1426)に基づき室温20℃・湿度30%の時です。お使いになるお部屋の広さ・構造・材質により変わります。
MENU
ページTOPへ戻る