よくあるご質問

前の画面に戻る

質問

送信したファクスの原稿を、後から確認する方法が知りたい。(FAQ No.01941)

回答

ファクスを送信する時にデータ保存の機能を選択することで、送信したファクス原稿を後からでも確認できます。
[一時保存]または[ファイリング]ボタンを選択して、複合機のハードディスクに保存してください。

送信したファクス原稿を確認する場合は、[ドキュメントファイリング]を選択してご覧ください。

  • 機能を選択せずにファクスした場合は、送信のタイミングでデータが消去されるため確認することは出来ません。

原稿を保存してファクス送信する

本ページでは、標準フォルダーへの保存を例にご説明します。
下記の手順はBP-70C26を例に記載しています。

1. [ファクス]が表示されているページを開くため、次ページボタンをタップします。

2. [ファクス]をタップします。

3. 右側にあるアクションパネルの中から、[ファイリング]をタップします。

4. [On]ボタンをタップして保存する設定にしたら、[OK]をタップします。

5. ファクスの宛先を指示するため、[アドレス帳]をタップします。
ファクスの宛先は、アドレス帳を利用せず直接入力も可能です。

6. [宛先]をタップして、[スタート]ボタンをタップするとファクスが送信されます。
宛先の例)大阪一郎

このページの目次へ

保存したファクス原稿を確認する

1. [ドキュメントファイリング]が表示されているページを開くため、次ページボタンをタップします。

2. [ドキュメントファイリング]をタップします。

3. [標準フォルダー]をタップします。

4. 表示データを絞り込むため[全ジョブ]をタップします。

5. [ファクス送信]をタップして、表示データを絞り込みます。

6. ファクス送信の履歴の中から確認したいファクス送信のデータをタップし、[画像を確認する]をタップします。

7. プレビュー画面が開きますので、送信した原稿を確認してください。

関連キーワード

ファクス原稿 / 内容 / 画像 / 確認

各製品のよくあるご質問トップに戻る

BP-40C26 / BP-40C36 / BP-50C45 / BP-50C55 / BP-50C65 / BP-60C26 / BP-60C31 / BP-60C36 / BP-70C26 / BP-70C45 / BP-70C55 / BP-70C65

更新日:2022年06月13日