複合機が受信したファクスをネットワーク接続ストレージ(NAS)に仕分けて保存。保存したデータは外出時や在宅勤務時などにも閲覧できます。

特長

特長1

複合機が受信したファクスを、ネットワーク接続ストレージ(NAS)のフォルダーに仕分けて保存します。仕分けはファイル名をもとに、名前や日時で自動的にフォルダーを作成して仕分けするよう設定できます。

特長2

社内だけではなく社外のネットワークに接続されたパソコンやモバイル端末から、受信ファクスを確認できます。外出先から急ぎのファクスを確認したい場合などに役立ちます。

特長3

受信ファクスをネットワーク接続ストレージ(NAS)に仕分けして保存した際、受信をお知らせする通知がCOCORO OFFICEポータルアプリに届きます。重要な受信ファクスに気づき、対応することができます。

ご利用になるために必要なもの

対応機種

  種類 機種
対応機種(NAS) ネットワーク接続ストレージ(NAS) BP-X1ST08 / BP-X1ST04
対応機種(複合機) デジタル複合機 BP-70C65/BP-70C55/BP-70C45
BP-50C65/BP-50C55/BP-50C45
BP-60C36/BP-60C31
BP-70C26/BP-60C26
BP-40C36/BP-40C26
BP-30C25
MX-6171/MX-5171/MX-4171
MX-6151/MX-5151/MX-4151
MX-3661/MX-3161/MX-2661
MX-3631/MX-2631
MX-C306W/MX-C305W

対応OS

ダウンロード・サポート