肌を保湿し、ツヤ・ハリ・キメも

プラズマクラスターイオンの肌保湿メカニズム

プラズマクラスターイオンを取り囲む微細な水分子が、皮膚表面に付着して「水分子コート」を形成。肌を覆って、角質層のうるおいを保ちます。

[プラズマクラスターイオンなし]

プラズマクラスターイオンなしのイメージ
(イメージ図)

皮膚表面(角質層)が乾燥

[プラズマクラスターイオンあり]

プラズマクラスターイオンありのイメージ
(イメージ図)

皮膚表面(角質層)のうるおいが保たれます。

●試験機関:東北大学 電気通信研究所 ■試験結果:プラズマクラスターイオンによる表面の水分子コートの形成を確認。

ツヤのある肌へ保湿効果※1

プラズマクラスターの保湿効果※1で、肌の水分量がアップ。いきいきと輝くツヤ肌へと導きます。

■肌保湿効果※1

[スポット空間での約60分後の効果です。]
肌水分量の変化グラフ

ハリのある肌へ保湿効果※1

プラズマクラスターの保湿効果※1で、肌の弾力性がアップ※2。もっちりと、ハリのある肌へと導きます。

■肌弾力性の変化※2

[プラズマクラスターイオン発生機器による約6~8畳相当の居住空間での28日後(1日平均約8.5~9時間)の効果です。]
肌弾力性の変化グラフ

肌のキメが整う保湿効果※1

肌のツヤとハリがアップすることで、肌のキメが整います※3。キメがキレイになることで、さらに透明感のある美肌に近づきます。

■肌状態の変化※3の例(倍率30倍のマイクロスコープで観察)

[プラズマクラスターイオン発生機器による約6~8畳相当の居住空間での28日後(1日平均約8.5~9時間)の効果です。]
28日後使用した場合のイメージ

プラズマクラスター技術で実証している効果

●スポット空間または約6~10畳相当の居住空間または試験空間におけるプラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。●プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)によって異なります。●効果には個人差があります。

プラズマクラスター