BD-UT3200 3番組同時録画 トリプルチューナータイプ 内蔵ハードディスク3TB 再生も番組表も映画ソフトも、高画質。4Kテレビにピッタリのレコーダー ● ドラ丸を使用するには、お客様が設定しておく必要があります(ドラ丸設定でドラ丸「入」に設定。BS放送を録画したい場合は録画したいチャンネルを追加)。ドラ丸録画は地上デジタル放送/BSデジタル放送の番組表に表示される連続ドラマが対象です。ドラマの中でも2時間スペシャルなどの単独放送は対象外となります。番組表が受信できないと正しく動作しません。

仕様

録画・再生可能ディスク 録画 ブルーレイディスク Ultra HD ブルーレイ
ブルーレイ3D
BD-RE XL(3層) (注1)(注2)(注3)
BD-R XL(3層/4層) (注1)(注2)(注3)(注4)
BD-RE Ver.2.1(1層/2層(DL)) (注2)(注3)(注5)
BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(1層/2層(DL)) (注2)(注3)
BD-R Ver1.2/1.3 (LTH対応) (注2)(注3)(注6)
BDビデオ
DVD DVD-RW/-R ●(VR)(注7)
DVD-RAM
DVD+RW/+R
DVDビデオ
その他 音楽CD、CD-RW/-R
ビデオCD
再生 ブルーレイディスク Ultra HD ブルーレイ (注8)
ブルーレイ3D
BD-RE XL(3層) (注9)
BD-R XL(3層/4層) (注9)(注4)
BD-RE Ver.2.1(1層/2層(DL)) (注9)(注5)
BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(1層/2層(DL)) (注9)
BD-R Ver1.2/1.3 (LTH対応) (注9)
BDビデオ
DVD DVD-RW/-R ●(ビデオ/VR/AVCHD)(注10)(注11)
DVD-RAM ●(VR/AVCHD)(注12)
DVD+RW/+R (注11)
DVDビデオ
その他 音楽CD、CD-RW/-R (注13)
ビデオCD
外形寸法:幅×奥行×高さ(突起部除く) 430×229×57.5(mm)
質量 約3.3kg
消費電力(待機時消費電力) 約31W(注14)(約0.1W(注15)/約17W(注14)(注16)/約0.03W(注17)
年間消費電力量 約36.0kWh/年(注18)
録画 内蔵HDD容量 3,000GB(3TB)
映像記録方式 HDD/BD:MPEG2-TS/MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 HDD/BD:MPEG2(AAC)
最大録画タイトル数(内蔵HDD/増設HDD) 3,000タイトル/999タイトル(注19)
最大録画チャプター数(内蔵HDD/増設HDD) 40,000チャプター/20,000チャプター(注19)
HDD録画時間 デジタル放送そのまま画質(DR) 地上デジタルハイビジョン 約381時間(注20)(注21)(注22)
BSデジタルハイビジョン 約270時間(注20)(注21)(注22)
ハイビジョン長時間画質(H.264) 2倍モード 約539時間(注20)(注21)(注22)
3倍モード 約808時間(注20)(注21)(注22)
5倍モード 約1,344時間(注20)(注21)(注22)
7倍モード 約1,883時間(注20)(注21)(注22)
10倍モード 約2,675時間(注20)(注21)(注22)
12倍モード 約3,203時間(注20)(注21)(注22)
マニュアル画質(HD) HD10~HD01の範囲内の10段階から選択可能
BD録画時間 1層25GBディスク使用時 デジタル放送そのまま画質(DR) 地上デジタルハイビジョン 約3時間(注3)(注22)
BSデジタルハイビジョン 約2時間10分(注3)(注22)
ハイビジョン長時間画質(H.264) HD10(約3時間10分)~12倍モード(約26時間)の範囲内の14段階から選択(注3)(注22)
2層50GBディスク使用時 デジタル放送そのまま画質(DR) 地上デジタルハイビジョン 約6時間10分(注3)(注22)
BSデジタルハイビジョン 約4時間20分(注3)(注22)
ハイビジョン長時間画質(H.264) HD10(約6時間30分)~12倍モード(約49時間50分)の範囲内の14段階から選択可能(注3)(注22)
3層100GBディスク使用時 デジタル放送そのまま画質(DR) 地上デジタルハイビジョン 約12時間10分(注3)(注22)
BSデジタルハイビジョン 約8時間40分(注3)(注22)
ハイビジョン長時間画質(H.264) HD10(約13時間)~12倍モード(約104時間)の範囲内の14段階から選択可能(注3)(注22)
DVD録画時間 4.7GBディスク使用時 VRフォーマット 1~4時間(XP、SP、LP、MN)(注7)
ビデオフォーマット
チューナー 地上デジタルチューナー ●×3 CATVパススルー対応(注23)(注24)
BSデジタルチューナー ●×3(注23)
110度CSデジタルチューナー ●×3(注23)
予約 予約番組数 最大130番組(ドラ丸録画(最大60番組)を含む)/1年(HDD)
番組自動延長録画/番組自動開始時刻変更録画 1回予約、繰り返し予約
端子類 アナログ映像・音声入力
HDMI出力 1系統(注25)
データ送受信(USB準拠) データ送受信用:1系統、外付けハードディスク用:1系統(注26)(USB(マスストレージクラス)準拠)(前面/後面)
LAN 1系統(100BASE-TX/10BASE-T)(後面)
無線LANユニット内蔵
光デジタル音声出力
USB外付けハードディスク(別売)対応 ●(ダイレクト録画/自動録画/編集/ムーブ/同時録再)
ホームネットワーク
付属品 リモコン、リモコン用電池(単3形2本)、取扱説明書、保証書、アンテナケーブル(1.2m)、B-CASカード(注27)、電源コード(1.5m)
今後新たに発売されるディスクや、他機でフォーマットしたディスクについても録画/再生できない場合があります。
(注1) BD-RE XLへの記録は2倍速、BD-R XLへの記録は4倍速に対応しています。
(注2) 写真(JPEGフォーマット)の書き込みが可能です。
(注3) テレビ番組などを直接BDに録画/予約録画することはできません。
(注4) 2018年3月現在、4層(128GB)のBD-Rは発売されていません。
(注5) カートリッジ付きディスクには非対応です。
(注6) BD-R(LTH対応)への記録は4倍速に対応しています。
(注7) DVDへの録画(ダビング)は、ソフトウェアのアップデートが必要です。詳しくは、サポートページをご確認ください。
(注8) Ultra HD ブルーレイの再生について…ディスクによっては、著作権によりインターネットに本機を接続しないと再生できない場合があります。4K・HDRで楽しむには、HDCP2.2、4K60p、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応したテレビのHDMI端子に接続してください。テレビによっては、テレビ側の設定が必要な場合があります。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で出力します。その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報についてはサポートページでご確認ください。
(注9) 写真(JPEGファイル)を再生して見ることができます。JPEGフォーマットによっては再生できない場合があります。
(注10) 対応DVD-RW:[Ver.1.1 CPRM対応]、[Ver.1.1/2x CPRM対応/1~2倍記録]、[Ver.1.2/4x CPRM対応/2~4倍記録]対応DVD-R:[Ver.2.0 4x/4x CPRM対応]、[Ver.2.0 8x/8x CPRM対応]、[Ver.2.1 16x/16x CPRM対応]、[Ver.3.0 8x/8x CPRM対応(2層記録)]です。
(注11) ファイナライズ済ディスクのみ再生可能です。
(注12) DVD-RAM再生時は、ディスクをカートリッジから取り出してご使用ください。
(注13) 音楽用CDフォーマットまたは写真(JPEGファイル)を再生して見ることができます。JPEGフォーマットによっては再生できない場合があります。
(注14) 小数点以下は省略しています。
(注15) 一発起動(クイック起動)設定「しない」、BS・110度CSデジタルアンテナ電源供給切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力切、地上デジタルアッテネーター入時の待機時消費電力。
(注16) 一発起動(クイック起動)設定「する」、BS・110度CSデジタルアンテナ電源供給切時の待機時消費電力。
(注17) エコモード時。
(注18) 表示値はJEITA基準による算出式を基に算出した参考値です。JEITA基準による算出式はJEITAホームページでご確認いただけます。
(注19) USB外付けハードディスク(別売)。
(注20) 録画時間はタイムシフト「切」、写真データ無しの状態で放送(連動データ無し)のみを録画した時の目安です。
(注21) ハードディスクに連続して録画できる時間は、最長12時間までです。
(注22) 録画時間はその性能を保証するものではなく、実際の録画では入力映像の画質、その他の条件により記載の時間を下回る、または上回る場合があります。録画時間は目安です。録画した時間と空き時間の合計は、録画時間と一致しない場合があります。
(注23) 既存のアンテナ設備ではデジタル放送を受信できない場合があります。デジタル放送に対応したアンテナを接続してください。
(注24) CATVにて地上デジタル放送をパススルー方式で送信している場合は、当機の地上デジタルチューナーで地上デジタル放送を受信し、ハイビジョン録画をすることができます。詳しくはCATV会社へお問い合わせください。UHF帯に加え、VHF帯・ミッドバンド帯(MID:C13~C22)・スーパーハイバンド帯(SHB:C23~C63)のパススルー方式に対応しています。
(注25) HDMI機器との接続を目的に設計されています。従ってDVI機器に接続した場合、DVI機器によっては正常に動作しない場合がありますのでおすすめできません。
(注26) 接続動作確認モデルについてはサポートページでご確認ください。
(注27) ご使用の時に付属のB-CASカードを本体に正しくセットしてください。

このページのTOPへ

このページのTOPへ