高画質

8K高画質技術を応用した新開発4K画像処理エンジン「Medalist S1」

55V型
50V型
43V型
40V型

高精細、色鮮やか、高コントラストで4K映像を楽しめる新開発4K画像処理エンジンを搭載しています。

Medalist S1

すべての映像を超解像技術で8Kに変換。新開発・8K画像処理エンジン「Medalist Z1」

高コントラスト「スマート アクティブ コントラスト」

映像信号に含まれるシーンごとの輝度分布を解析し、SDR、HDR10、HLGなど映像フォーマットに合わせて、明暗を描き分けます。光のきらめきの白飛びや闇夜の漆黒の黒つぶれを抑え、メリハリのある美しい映像で表現できます。

高コントラスト「スマート アクティブ コントラスト」高コントラスト「スマート アクティブ コントラスト」

色彩豊かな映像を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジー」

地上デジタル放送で使用されている色域(ITU-R BT.709)を超える広色域技術を搭載。8K液晶テレビ向けに開発した色再現回路を4K液晶テレビに応用し、色彩表現力が高まりました。

色彩豊かな映像を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジー」色彩豊かな映像を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジー」

高精細「4K Master アップコンバートプロ」

8Kテレビ開発で培ったアップコンバート技術を応用。解像度や映像レベルを判別し、最適な高精細処理を行い、放送やBDソフト、ネット動画など様々な映像を臨場感豊かに再現します。

高精細「4K Master アップコンバートプロ」高精細「4K Master アップコンバートプロ」

独自の液晶技術でくっきりクリアな映像を実現「120スピード※1

液晶パネルの駆動に連動してLEDバックライトを点滅させることで映像の残像感を効果的に低減し高い動画性能を実現します。

独自の液晶技術でくっきりクリアな映像を実現「120スピード」独自の液晶技術でくっきりクリアな映像を実現「120スピード」
  • ※1毎秒60コマの映像に、LEDバックライトの点滅を連動させ動画再現性を高める技術。

HDR映像対応※2

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、従来と比較し映像に収録されている輝度情報を拡大し映像のリアリティを高める技術です。
本機ではUltra HDブルーレイやインターネットで配信される4K動画サービスに採用されている「HDR10」「Dolby Vision ®(ドルビービジョン)」規格、新4K衛星放送で採用されている「HLG ※3」HDR規格に対応。
従来より広い輝度情報を画像処理エンジンで忠実に復元し低反射処理を施した液晶パネルに最適に表示することで、映像本来の風景の奥行き感や素材の質感までリアルに再現します。

HDR映像対応
  • ※2「HDR10」「Dolby Vision ®」、「HLG」の規格に対応。Ultra HD ブルーレイディスクをHDR映像で視聴する場合には、設定メニュー内の「HDMI対応信号モード」を「フルモード」に設定してください(全端子対応)。
  • ※3Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ)方式の略。

映り込みを抑えて見やすい、高精細「低反射パネル」

55V型
50V型
43V型
40V型

フルHDの4倍となる約829万(3,840×2,160)画素の液晶パネルに、外光や照明の映り込みを低減する「低反射」処理を施しました。明るいリビングでも、見やすい4K映像を実現します。

映り込みを抑えて見やすい、高精細「低反射パネル」映り込みを抑えて見やすい、高精細「低反射パネル」

消費電力を抑えたまま明るさをアップ「リッチブライトネス」

55V型
50V型
43V型
40V型

独自の高効率LEDバックライトシステムで、消費電力を抑えたまま画面輝度を高めます。HDRコンテンツはもちろん、地上デジタル放送やBDソフトも明るく見やすいクリアな映像で表現します。CL1ラインでは、画面輝度が当社従来機比※1約20%アップしました。

消費電力を抑えたまま明るさをアップ「リッチブライトネス」消費電力を抑えたまま明るさをアップ「リッチブライトネス」
  • ※12019年7月発売のAQUOS 4K BL1ラインとの比較です。