ご購入前ご相談窓口

Webでお問い合わせ/お見積依頼/資料請求

技術・品質情報

CCDイメージセンサの種類

FT(フレーム転送)方式

CCDイメージセンサが発展する中で、最初に研究された方式で、撮像領域、蓄積領域、水平CCDと電荷検出部で構成される、簡単な構造の方式です。

図:FT(フレーム転送)方式

IT(インターライン転送)方式

フォトダイオードで光電変換と電荷の蓄積を行い、垂直CCDにて転送を行う方式で、使いやすさの点で、最も標準的な方式となっています。

シャープでは、デジタルカメラ、ムービーで採用。

図:IT(インターライン転送)方式

FIT(フレームインターライン転送)方式

撮像領域と水平CCDの間にFT方式で見られる蓄積部をはさんだ形になっており、垂直CCDを遮光することでスミアを防止することができるため、スミアを低減した高性能が要求される分野で用いられています。

シャープでは、携帯電話カメラに採用。
一般的には放送局向けカメラで採用。

図:FIT(フレームインターライン転送)方式

CCDイメージセンサの比較

FT(フレーム転送)方式 IT(インターライン
転送)方式
FIT(フレーム
インターライン転送)方式
感度

ゲート上から受光のため

画素部はIT方式と同じ
スミア

撮像領域の垂直CCDでは信号転送中も光電変換するため

極低速駆動を除けば、十分なレベル

極低速駆動でも、全く問題ないレベル
消費電力

IT方式に比べると低電圧駆動可能

フォトダイオードからの信号読み出しに高電圧必要

フォトダイオードからの信号読み出しに高電圧必要
その他特徴 蓄積領域から低速信号読み出しにより消費電力の低減が可能 蓄積領域から低速信号読み出しにより消費電力の低減が可能
      

このページのTOPへ