IGHC15

IG-HC15の製品特長

高濃度プラズマクラスター25000を搭載
高濃度プラズマクラスター25000ロゴ
*当技術マークの数字は、商品を運転席横のカップホルダーに置いて、「標準」運転時に高濃度プラズマクラスター25000適用容積の空間中央(床上0.5m)で測定した1cm³当たりのイオン個数の目安です。

このページのTOPへ

ターボ運転で消臭スピード2倍※1(標準運転時との比較)
IGHC15 ターボ運転
イオン濃度約3倍※2の「ターボ」運転を搭載し、消臭スピードが2倍※1に。ニオイが特に気になる時や、短い乗車時間で消臭したい場合におすすめです。

車内に染み付いた付着カビ臭を消臭

  • 試験機関:当社調べ
  • 試験方法:約3.6m³の車内空間にて、カビのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、プラズマクラスターイオンを照射しない布片との臭気を2点比較法にて評価。
  • 試験結果:約45分で消臭効果を確認※3
タバコや、食べ物のニオイに
  • ※1
    <付着タバコ臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:吹き出し方向に約1mの位置にたばこのニオイ成分を付着させた布片を置いて試験機を運転し、消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:ターボ運転時約20分、標準運転時約40分で気にならないレベルまで消臭。※3
  • ※2
    「標準」運転時のプラズマクラスターイオン濃度25,000個/cm³との比較。
  • ※3
    付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。

このページのTOPへ

静かな車内で使うことを考慮した静音設計
運転音
ハイブリッドカーなどの静かな車内でも快適に使えます。

このページのTOPへ

花粉や細かなホコリまで捕集
背面フィルター
花粉キャッチフィルターを搭載し、花粉や細かなホコリ(10µm以上)を約80%捕集します。
  • 約10µm(スギ花粉の大きさ:約30µm)以上の「花粉」や「ホコリ」などを約80%(当社調べ)捕集するフィルターです。日本電機工業会規格(JEM1467)とは異なります。

このページのTOPへ

吹き出し角度は2段階切替
ルーバー
可変ルーバーで吹き出し角度を2段階切替。使用しない時はホコリの侵入を防止します。

このページのTOPへ

使いやすい操作部
表示部
大きいボタンで簡単に操作できます。

このページのTOPへ

車の中でもお肌にツヤ(約60分後の効果
長距離ドライブや通勤など車で移動中も、高濃度プラズマクラスターイオンがお肌にツヤを与える効果を発揮します。
  • 季節・周囲環境(温度・湿度・風の流れなど)や、設置場所・使用時間・個人によって効果は異なります。
  • ●試験機関:(株)総合医科学研究所●試験空間:約6畳相当●被験者:13名(33~61歳女性)●温度:約28℃、湿度:約40%●イオン濃度:25,000個/cm³●試験方法:被験者にはイオンを発生させた部屋と発生させない部屋に入っていただき、安静状態でこめかみの肌水分量を測定。■試験結果:イオンありの場合、運転約60分以後に肌にツヤを与える効果が確認された。(車内や部屋を加湿するわけではありません。)

このページのTOPへ

車のエンジンのON/OFFに連動
本機動作中に、車のエンジンを切ると動作は停止します。再び車のエンジンをかけると、動作停止時と同じ運転モードで再開します。

このページのTOPへ

このページのTOPへ