IBHD95トップイメージ

+とーのイオンで、サラリ髪に

静電気を抑制して、サラリ、ツヤ髪
プラスとマイナスのイオンにより、ブラッシングでの静電気も抑制※1。髪のからまりや枝毛・切れ毛を抑え※2、手ざわりのなめらかなツヤのある髪へと導きます。
静電気抑制メカニズム
  • ※1
    ●試験機関:当社調べ ●試験方法:毛髪に温風をあてながら5回ブラッシングし、毛髪とブラシの電位差を測定。 ■試験結果:「プラズマクラスターイオンなし(送風のみ)」と比較して、「プラズマクラスターイオンあり」では電位差が約1/4(2.69kV→0.63kV)になったことから、静電気抑制効果を確認。
  • ※2
    ●試験機関:株式会社サティス製薬 ●試験方法:毛髪に温風をあてながら約2ヵ月相当ブラッシングし、枝毛・切れ毛の発生本数を計数。 ■試験結果:「プラズマクラスターイオンなし(送風のみ)」と比べて、「プラズマクラスターイオンあり」は枝毛・切れ毛の本数が約20%低減(47本→37本)。

このページのTOPへ

水分子コートで、しっとり、うるおい
高濃度プラズマクラスターイオンが、髪の表面に水分子コートを形成してうるおいを保持。浸透したうるおいが髪についたクセを抑え、スタイリングしやすい髪に導きます。
水分子コーティング

このページのTOPへ

プラズマクラスターの効果は、カラーリングした髪にも
退色抑制効果
カラーリングした髪のブラッシングによるダメージを抑え、枝毛・切れ毛やカラーリングの退色を抑制します。
  • ●試験機関:当社調べ●試験方法:カラーリングした毛髪に、約2ヵ月相当の紫外線照射とドライヤーの温風をあてながらのブラッシングを行い、ブラッシング前後での色差を測定。 ■試験結果:「プラズマクラスターなし(送風のみ)」と比べて、「プラズマクラスターイオンあり」は色差が約70%低減(1.9→0.5)したことから、カラーリングの退色抑制を確認。

このページのTOPへ

高速ダイナミック風で、速く乾く

「速乾エアロフォルム」で、風量や熱だけに頼らない速乾力を実現。ドライ時間約50%カット*1※1で、髪が受ける熱ストレス*2を抑制*1※2します。
  • *1
    当社「非速乾タイプ」機種比、ドライ時間はターボ運転時。効果には個人差があります。
  • *2
    当熱ストレスの要因:濡れた髪のケラチンの変性が始まる温度55℃以上に髪がさらされている時間と温度。
速乾エアロフォルム
  • ※1
    ●試験機関:当社調べ ●試験方法・結果:25gの水分を含んだ毛髪にターボ運転の温風をあてて、水分が約80%減(当社基準)するまでに必要な平均時間が当社2012年度「速乾エアロフォルム非搭載」商品[IB-HD92](以下「非速乾タイプ」)が9.1分、当社2013年度以降の「速乾エアロフォルム搭載」商品[IB-HD95/HD65/HD94/HD64/HD93/HD63](以下「速乾タイプ」)が4.4分だったことから、ドライ時間約50%短縮を確認。
  • ※2
    ●試験機関:当社調べ ●試験方法:洗髪後の毛髪に、「非速乾タイプ」で1日約7分(吹き出し口から約15㎝地点の温風温度平均約65℃)、「速乾タイプ」で1日約3.5分(吹き出し口から約15㎝地点の温風温度平均約66℃)ずつ、ターボ運転の温風をあてる試験を28日間実施した後、電子顕微鏡で表面観察。 ■試験結果:「非速乾タイプ」の場合、キューティクルの一部に乱れが見られたのに対して、「速乾タイプ」の場合、乱れが見られなかったことを確認。

このページのTOPへ

4つの温度帯で、サロンブローが決まる

髪の乾燥ステップに合わせて、風の温度帯を4つのモードで設定。切り替えもワンタッチで行えます。
4つの温度帯
  • ※1
    ターボ運転時。室温30℃での使用条件であり、季節や使用環境により変化します。
  • ※2
    室温20℃での使用条件であり、季節や使用環境により変化します。

このページのTOPへ

その他

風をしぼるセット用ノズル
風を整えるノズル
風を広げず、集中的に髪のポイントに風を当てたいときに。風をしぼって、ブロー効果を高めます。
  • 【プラズマクラスタードライヤーの主な効果】
  • ●プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、エアコン・換気などの使用有無)や商品特性、使いかた(運転モード・運転時間など)によって異なります。
  • ●効果には個人差があります。
  • ◆試験条件は、特に記載のない場合は日本電機工業会自社基準HD-129に基づきます。

このページのTOPへ

このページのTOPへ