遠くのホコリも吸いよせて、お部屋をスピード浄化

遠くのホコリも素早く吸じん、「スピード循環気流」

プラズマクラスター空気清浄機の特長である、お部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流。遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引します。プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く集じんします。

スピード循環気流
  • コアンダ効果とは:「噴流(空気流、水など)を面に沿って吹き付けると、噴流の出口や下流の面が曲面であっても面噴流はかなりの範囲にわたって面に沿って流れる。」という噴流の性質効果

3つのフィルターでしっかり脱臭・集じん

ホコリブロックプレフィルター、ダブル脱臭フィルター、静電HEPAフィルター

微小な粒子を99.97%以上集じん、静電HEPAフィルター

10,000個の微小な粒子を吸い込み3個しか通さない、10年間※4交換不要*2の高性能フィルター。さらに、静電気を帯びているため目詰まりしにくいのが特徴です。

  • *2フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。
静電気を帯びたフィルター繊維にしっかり吸着

汗臭などを吸着するダブル脱臭フィルター

活性炭に吸着剤を加えて、寝室にこもりながら汗臭もしっかり吸着する脱臭フィルターは、10年間交換不要*1です。

ダブル脱臭フィルターの効果

当社従来比約1/5の細かさ抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター

目の細かいフィルターで、内部に侵入するホコリを大幅に低減し、集じん性能の低下を抑えます。極細の糸を採用しているので、空気を吸い込む面積は従来と同じです。

ホコリブロックプレフィルター

集じん・脱臭一体型フィルター

脱臭機能と集じん機能がひとつになったフィルターなので、お手入れや交換が簡単に行えます。

集じん・脱臭一体型フィルター
PM2.5への対応

  • このページに掲載している写真、イラストはイメージです。

【空気清浄機の集じん・脱臭能力について】
● タバコの有害物質(一酸化炭素等)はすべて除去できません。 ● 常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。
*タバコや焼肉など、強いニオイがある時にお使いになると、数週間から数ヵ月でフィルターからニオイが発生し、フィルター交換が必要になる場合があります。このような使い方をされるときは、お部屋の換気と併用してお使いいただくことをお勧めします。

  • ※1●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構/SGS●試験方法:JIS Z 2801 フィルム密着法。●抗菌方法:後ろパネルネットに抗菌剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着した菌。 ■試験結果:99%以上抗菌。
  • ※2●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:JIS Z 2911 カビ抵抗性試験。●防カビ方法:後ろパネルネットに防カビ剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着した菌。■試験結果:菌糸の発育が認められない。
  • ※30.3µm(マイクロメートル)の微小な粒子を99.97%以上集じんするフィルターです。
  • ※4日本電機工業会規格(JEM1467)に基づく試験方法により算出。1日にタバコ5本吸った場合の目安。ご使用状況やニオイの種類・強さによっては、お手入れや交換が必要になる場合があります。
  • ※5●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構/SGS●試験方法:JIS Z 2801 フィルム密着法。●抗菌方法:後ろパネルネットに抗菌剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着した菌。 ■試験結果:99%以上抗菌。
  • ※6●試験機関:(一財)ボーケン品質評価機構●試験方法:JIS Z 2911 カビ抵抗性試験。●防カビ方法:後ろパネルネットに防カビ剤を含浸。●対象:後ろパネルネットに付着したカビ菌。■試験結果:菌糸の発育が認められない。
  • ※7試験方法:日本電機工業会規格(JEM1467) 判定基準:0.1~2.5µmの微小粒子状物質を、32m³(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。(32m³(約8畳)の試験空間に換算した値です。)
ページTOPへ戻る