AQUOS zero2

Google アシスタント

GoogleGoogle LLC の商標です。

リッチなゲームも
ヘビーに楽しめる

ずっと持っていても
疲れにくい
軽量ボディ
143g*

軽量で高強度なマグネシウム合金フレームを
採用し、さらに基盤を25%小型化。
長時間、ゲームに没頭しても手や腕への
負担を抑え、快適に使用できます。

* 開発中につき変更の可能性があります。

大画面
ゲームを楽しめる
6.4インチ

軽くするために、画面サイズを
妥協するようなことはしません。
約143g*の超軽量ボディながら、
約6.4インチ、迫力の大画面です。

* 開発中につき変更の可能性があります。

残像を抑える
描画性能
4倍速

通常は毎秒60回の描画回数なのに対し、
AQUOS zero2は毎秒120回。
さらに、より残像を低減するため、
各フレームの間に黒画面を挿入しました。
これにより、従来機の4倍となる
毎秒240回*の高速表示を実現しました。

* スマートフォンのディスプレイにおいて、毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入する事により、当社機種<AQUOS zero>(毎秒60回表示状態が変化)の4倍の毎秒240回の表示状態の変化を実現(事前に設定が必要です)。
* 動画は、60Hz・240Hzの表示更新の差を示す動作および視覚のイメージです。
* アプリ側の仕様により、240Hz表示を実現できない場合があります。

▼通常:60Hz
▼AQUOS zero2:240Hz

想像を超える
タッチ性能
240Hz

ゲームで勝つためには、
優れたタッチ性能が不可欠です。
AQUOS zero2は1秒間に240回の周期で
タッチを検出します。リズムゲームも
快適にプレイすることができます。

従来比4倍*の超高速駆動と、
240Hzのタッチ性能を
組み合わせることで、 
反応遅延を約80%*短縮 

* スマートフォンのディスプレイにおいて、毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入する事により、当社機種<AQUOS zero>(毎秒60回表示状態が変化)の4倍の毎秒240回の表示状態の変化を実現(事前に設定が必要です)。
* 60Hzで動作する画面表示の周期遅延(平均8ms)、一般的なLCDの応答時間を約20ms程度、60Hzで動作するタッチパネルの遅延(平均8ms)の約36msを約7msに削減。
* 動画は、60Hz・240Hzの表示更新・タッチ性能の差を示す動作イメージです。
* アプリ側の仕様により、240Hz表示・タッチ検出が実現できない場合があります。

▼通常:60Hz
▼AQUOS zero2:240Hz

ゲームの世界観を
思う存分楽しめる
色彩表現
10億色

自社で新開発した有機ELディスプレイなら、
10億色の色彩表現が可能です。
最大輝度の明るさは150%*アップ。
屋外でも画面を見やすくする
「アウトドアビュー」にも対応。
いつでも、どこでも、ゲームの美しい世界を
思う存分楽しむことができます。

* 当社2018年度モデル<AQUOS zero>搭載のOLEDデバイスと最大輝度においての比較。

連続プレイに耐える
放熱設計

ゲーム中に端末が熱くなるのを
軽減するため、熱を全体に広げて
効率的に放熱する工夫をしています。
パラレル充電にも対応することで、
充電しながらでも快適に
プレイすることができます。

明るく、広く、
より美しく

軽量ボディながら、
標準・広角2つのカメラを搭載。

公式Facebookで
AQUOSの最新情報配信中!

このページの先頭へ