今スマホで手軽に遊べる野球ゲームがとても人気です。好きな選手が登場したり、チームの育成をできたりするのが魅力の1つで、本格的なルールで対戦するものから、1人で簡単に遊べるものまで様々です。
今回は、野球ゲームアプリの種類やオススメのゲームを5つ紹介します。自分の遊び方に合った野球ゲームを選んでみてください!

目次

  1. 野球ゲームアプリの種類
  2. 課金は必要?
  3. オススメ野球ゲーム5選
  4. まとめ

野球ゲームアプリの種類

それではさっそく、野球ゲームアプリの種類を見ていきましょう。野球ゲームアプリには多くの種類があり、いくつかのタイプに分けられます。

1:選手視点 / 監督視点

選手を操作するアクション系
選手視点でプレイするゲームは、実際にバッティングや守備を行うことになり、アクション要素が強めです。1人の選手になりきってプレイに没入したい人にオススメです。
監督として采配するシミュレーション系
監督視点でプレイするゲームは、チーム作りや選手育成などのシミュレーション要素が強くなります。一方、バッティングや守備などのアクション要素は少なくなります。自分の理想のチームを作りたい人にオススメです。

2:育成系 / バッティング系

じっくりやりこむ育成系
遊ぶ時間をしっかり確保できる人にオススメなのが、育成系のゲームです。チームの選手を集め、育てていく過程を楽しむことができます。時間をかけて作ったチームが結果を出した時の喜びは大きいです。
手軽に遊べるバッティング系
隙間時間でも手軽に遊びやすいのがバッティング系のゲームです。バッティングセンターのように、ミニゲーム感覚で楽しむことができます。何回も挑戦して、上手くバッティングできるようになった時に、上達を感じられるのが魅力です。

課金は必要?

今回、紹介する野球ゲームはどれも基本プレイ無料です。ただし課金をすることで幅広い遊び方ができます。
例えば、ゲームを継続して遊ぶための体力は自然に回復するのですが、時間がかかると感じたときは、課金することで速やかに体力を回復することができます。また、課金をすることで自分の好きな選手をチームに加えるなど、よりゲームを楽しむことができるでしょう。

オススメ野球ゲーム5選

人気の野球ゲームアプリを紹介します。どれも人気のゲームなので、対戦相手には困りません。

プロ野球スピリッツA(プロスピ)/ KONAMI

美麗でリアルなグラフィックが魅力のゲームです。実際のセ・リーグとパ・リーグの12球団とその選手たちが登場します。チームの監督になってペナントレースを勝ち抜くモードや、他のユーザーと対戦を行うモードがあり、遊びごたえ満点です。

ゲーム内には現役選手だけでなく、既に引退したOB選手も登場するので、総勢600名以上の選手で自由にチームを作ることができます。現実ではありえなかった、夢の組み合わせでチームを作ることも可能です。

「プロスピA チャンピオンシップ」と呼ばれる公式のオープン大会も毎年行われているので、自分の実力を試したいという人はぜひチャレンジしてみてください。

対応OS:Android、iOS
種類:監督視点、対戦機能あり

実況パワフルプロ野球(パワプロ)/ KONAMI

デフォルメされたキャラクターで親しまれているゲームです。2頭身ながらも実在の選手の特徴を捉えたグラフィックが人気の理由です。
サクセスモードという選手育成モードでは、高校野球を舞台にしたストーリーを進めながら選手を育成し、全国大会への出場、さらにはプロ野球を目指します。

他のゲームやアニメからもゲストが登場するコラボイベントも多い野球ゲームなので、野球に詳しくない人でも遊びやすいでしょう。

対応OS:Android、iOS
種類:選手視点、対戦機能あり

プロ野球バーサス / コロプラ

育成した選手をオンラインで対戦させることができる本格的な対戦野球ゲームです。選手のグラフィックは少しデフォルメされていますが、各選手のフォームや癖を再現しているのでとても楽しめます。

選手を動かす選手モード、試合の采配を行う監督モードが切り替えられるので、操作が苦手な人でも自分の得意なモードで遊ぶことができます。

対応OS:Android、iOS
種類:選手視点と監督視の切り替え可能、対戦機能あり

劇的采配!プロ野球リバーサル(劇プロ)/ OneSports

通称「劇プロ」と呼ばれるゲームです。プロ野球12球団の監督視点で試合を進めていきます。監督なので選手の育成を行うことになり、選手を操作する必要はありません。アクションゲームが苦手な人でも安心して遊べるゲームです。

完全なシミュレーションゲームなので、ゲームの戦略的な部分では実際の野球の知識が必要とされます。野球観戦が好きな人に特にオススメです。

対応OS:Android、iOS
種類:監督視点、対戦機能あり

プロ野球ナイン / playus soft

自分のオリジナルチームを作ってゲーム内でのワールドシリーズを目指すゲームです。選手の育成は自由度が高く、ステータスの割り振りなどをカスタマイズすることが可能です。オリジナルの選手を作ることもできますし、実在する選手の特徴を真似た選手を作ることもできます。

デフォルメされたキャラクターが可愛くもあり、野球独特の細かい動きも再現されているのが人気の理由です。対戦機能はありませんので、自分の世界に没入して野球ゲームを堪能することができます。

対応OS:Android、iOS
種類:選手視点、対戦機能なし

まとめ

今回はおすすめの野球ゲームアプリをご紹介しました。野球ゲームアプリは種類が多く、目移りしがちなものの、アプリだからこそお試しも簡単です。自分にぴったりの野球ゲームアプリを探してみましょう。

ゲーマーにオススメの最新モデル登場!

AQUOS R6

世界的に有名なカメラメーカーであるライカ社と協業し、革新的カメラを搭載した最新モデル「AQUOS R6」がデビュー!
従来のスマートフォンを遥かに凌駕する「1インチ」のセンサーを内蔵したカメラが特長です。もちろん、高水準のスペックも兼ね備え、ゲームもサクサク、快適に楽しめる1台です!

  • パフォーマンス
     CPU :Qualcomm® Snapdragon™ 888 5G mobile platform
  • メモリ(ROM / RAM)
     ROM:128GB / RAM:12GB
  • リフレッシュレート:1~240Hz

※ アプリをゲーミング登録することにより、毎秒120回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入し、OFF時(毎秒60回表示状態が変化)の4倍となる毎秒240回の表示状態の変化を実現。アプリ側の仕様により、4倍速(240Hz)にならない場合があります。

その他にも、通知ブロック機能が優秀な「ゲーミングメニュー」や、省電力ディスプレイ「Pro IGZO OLED」に「5,000mAhの大容量バッテリー」を搭載し、ゲーマーにとって嬉しい機能も盛りだくさんです。

▼AQUOS R6の詳細はこちら
https://jp.sharp/k-tai/aquos-r6/

この記事をシェアする