固定買取期間の満了を迎える皆様へ どうする? 2019年問題

固定価格買取制度(FIT制度)は、2019年11月以降順次、満了を迎えます。

2009年に開始された固定価格買取制度は、太陽光発電で作られた電力のうち、余剰電力が買取対象となる制度です。
10年間の買取期間が設定されており、2019年11月以降順次、買取期間の満了を迎えることになります。

2009年 売電開始 10年が経ったので 2019年 売電満了(順次)

2019年 卒FIT対策は、これ!

固定価格買取制度(FIT制度)の期間満了を迎える、いわゆる卒FITユーザーの皆様へ、シャープの社員と太陽光発電ユーザーでタレントの大東めぐみさんが、買取期間満了後の“卒FIT対策”を動画でわかりやすく紹介します。

まずは、こちらをチェック! 自家消費編

「つくる!ためる!使う!」

つくった電気はシャープで賢く使おう!

HEMS編

「つくる!ためる!使う!」

つくった電気はシャープで快適・便利に使おう!

余った電気は、賢く売ろう!

卒FITを迎えるご家庭向けに、丸紅ソーラートレーディング株式会社との協業により、太陽光発電システムの「余剰電力買取サービス」を本年11月1日より開始します。太陽光発電システムが発電した電気を蓄電池に蓄えて無駄なく自家消費し、さらに余った電力をより高い金額で売電することが可能です。

  • 丸紅グループで、再生可能エネルギーの調達・卸売販売を手掛ける企業。
プラン1:余剰電力買取サービス SHARPプラン,プラン2:「SHARPプラン」の買電価格に4円/kWhプラス SHARPプラン 蓄電池プレミアム シャープ製蓄電池を新規購入されたお客様を対象に契約より1年間提供します。
余剰電力買取サービスについて 詳しくはこちら
固定買取価格制度についての大切なお知らせ 資源エネルギー庁「どうする?ソーラー」