1. トップ
  2. 製品ラインアップ
  3. 以前のモデル一覧
  4. MX-M753/MX-M623トップ
  5. 主な特長-セキュリティ-

MX-M310FP/ MX-M260FP ラインアップはこちら

主な特長-セキュリティ-

複合機本体内のデータをガードする
電子データの暗号化 & データ自動消去

コピーやプリント出力、ファクス送受信、スキャナー送信後データを自動消去。また、本体のメモリーに蓄積されたファクスデータは暗号化し、大切な情報をしっかりと守ります。

電子データの暗号化&データ自動消去

MX-M310FPはオプションのデータセキュリティキット(MX-FR18U)が必要です。
MX-M260FPはオプションのデータセキュリティキット(MX-FR17U)が必要です。
●暗号化はファクスデータのみ行います。

ICカード認証にも対応
高度なユーザー認証(MX-M310FP/MX-M260FP)

高度なユーザー認証(MX-M310FP/MX-M260FP)

ユーザー番号による認証の他、ICカードを利用した認証にも対応し複合機の使用者を制限することができます。またユーザーごとにコピーやプリントの使用可能枚数を設定でき出力枚数を制限することができます。

ICカードリーダライタ(非接触) MX-ECX2

FeliCa® IDm ICカードのIDm(製造番号)を利用し、認証します。
MIFARE® UID ICカードのUIDを利用し、認証します。
eLWISE® .com-ID ICカードの.com-IDを利用して、認証します。

● ICカード(FelicCa®、MIFARE®、eLWISE®)はお客様ご使用のカード(FeliCa®はRC-S860準拠、MIFARE®はStandard 1Kまたは Standard 4K)がご利用できます。
●ICカードリーダライタ(MX-ECX2)を使う場合はICカード認証拡張ボード(MX-EB10)が必要です。

ネットワーク環境での「入り口」を制限
IP/MACアドレスのフィルタリング(MX-M310FP/MX-M260FP)

特定のネットワークアドレス(IP/MACアドレス)を許可・拒否することで、外部からの不正なアクセスを制限します。

●MACアドレスは許可のみ。

ネットワーク上のデータ送受信を暗号化
SSL通信/IPsec(MX-M310FP/MX-M260FP)

プリントやWebページ閲覧時での、データ通信にSSL暗号化通信を適用したり、IPパケット単位で暗号化を行うIPsecを適用することで、データ通信のセキュリティを高めることができます。

高度なユーザー認証機能を採用
SMTP認証(MX-M310FP/MX-M260FP)

POP before SMTPやSMTP Authentication等に対応し、E-mail送信前に認証を実施。セキュリティ性の高いメール送信環境に対応しています。


このページのトップへ